洗濯槽の酸素系漂白剤を使った掃除法!クリーナーやハイターより綺麗になる

 

洗濯槽内の掃除はしていますか?

 

意外に「えっ、綺麗にしなければいけないの?」という

声が聞こえてきそうですね。

 

衣類をキレイにするための洗濯機なので、

掃除しなくても良いと考える意見を聞くこともありますが、

実はそれは大間違い。

 

掃除機や空気清浄器も定期的な掃除が必要なように

洗濯機、特に洗濯槽の掃除をしないと

見えないところにカビや菌が溜まったままになり、

服を洗濯したとしてもただ濡れて汚くなっただけという

結果になってしまいます。

 

 

この記事では洗濯槽掃除がなぜ必要なのか、

また酸素系漂白剤を使った掃除方法について紹介します。

 

 

ドラム式の洗濯槽の酸素系漂白剤掃除のやり方、使い方

 

まず洗濯槽には衣類についていたほこりやほつれ、

そして洗剤のカスやカビ菌が付着しています

 

実は冒頭で述べた「掃除をしなくても良い」という考えは

私自信が持っていたものです。

 

なぜ衣類を洗うたびに洗剤を使って洗っているのに、

さらに洗剤をつけて洗う必要があるのか?という理屈です。

 

ただそれでもなぜか洗濯機のふたを開けると臭いので、

どこかに汚れが溜まっているのだろうとは思っていましたが、

掃除方法を知らなかったので調べて

行動するまでには至りませんでした。

 

洗濯槽内が汚れていることを知ったきっかけは

たまたま見ていたテレビ番組の掃除特集。

 

洗濯槽内ではつねに湿り気があるので

カビ菌が繁殖しやすいというものでした。

 

そこで初めて衣類用の洗剤では

カビを除去できないことも知りました。

 

それまで臭いと感じていたのは

他でもないカビの匂いだったのです。

 

ちなみに上記のテレビ番組は

残念ながら掃除方法のところは見ておらず、

録画していたわけではなかったので

掃除方法はわからないままでした。

 

そこで掃除方法を調べていくつか試してみた中で

もっとも良いと判断したのが

酸素系漂白剤を使った方法です。

 

ちなみに私が使用している洗濯機はドラム式です。

 

酸素系漂白剤はハイターやクリーナーよりもカビを取れる

 

まず酸素系漂白剤を選んだ理由は、

漂白剤には殺菌効果や洗浄効果があり、

通常カビ掃除などの殺菌効果を狙うなら、

酸素系ではなく塩素系の漂白剤を選ぶのが一般的だからです。

 

塩素系の方が洗浄力、殺菌力共により強くなります

 

それでも私が酸素系を選ぶ理由は2つあります。

 

まず一つ目は、

塩素系の漂白力が強すぎるからです。

 

以前、塩素系の漂白剤を使って掃除をした後、

洗濯した衣類が色落ちしていたことがありました。

 

その時は掃除後に一度、洗濯物を入れない状態で

洗濯機を動かし、すすぐことで漂白剤を洗い流そうとしました。

 

しかしそれでも衣類が色落ちしてしまう結果になり、

それ以降使わないようにしています。

 

ただしネットで調べると塩素系でも問題ないというレビューを

いくつも見つけたので、入れすぎていた可能性があります。

 

この理由だけであれば、

量を調節して使っていたはずです。

 

しかしもう一つの理由により酸素系を選んだのです。

 

塩素系漂白剤は酸性洗剤と混ぜると有毒ガスが発生

 

もう一つの理由というのが塩素系漂白剤は酸性洗剤と

混ぜると有毒ガスが発生するからです。

 

注意していれば混ぜる危険性はないかもしれませんが

人間ですから間違えて酸性洗剤を使ってしまい、

その後、塩素系漂白剤を使う可能性があるからです。

 

洗浄力が多少落ちたとしても

安全面を優先したかったのです。

 

またドラム式の洗濯槽はつけ洗いに向いていません

 

縦型の洗濯機であれば水を入れれば洗濯槽全体に満遍なく

洗浄成分を行き渡らせることができますが、

ドラム式の場合下部分しかつけ洗いできません

(洗濯機の種類によっては方法もありますがそれは後ほど)

 

しかしドラム式でもつけ洗いをする方法があります。

それは洗濯槽を手で回す方法です。

 

ドラム式洗濯機の洗濯槽部分は

実は手動で回すことができるのです。

 

30分から1時間ごとに洗濯槽を動かして、

まんべんなく全体が洗浄液に浸るようにします。

 

ちなみにドラム式洗濯機によっては、

「つけ洗いコース」が用意されていることがあります。

 

こちらを使う方が

手間をかけることなく掃除ができます。

 

洗濯槽掃除おすすめの酸素系漂白剤はコレ!一晩おかなくても良い

 

酸素系漂白剤には液体タイプと

粉末タイプの2種類があります

 

液体タイプの方が混ざりやすいというメリットがありますが

粉末タイプにはコスパが良いというメリットがあるので、

優先度の高い方を選んでください。

 

液体、粉末のいずれを使うにしても、

水と漂白剤はバケツか何かを使い、

事前に混ぜ合わせておきましょう

 

液体のものの方が混ざりやすいのですが、

洗濯槽内で混ぜようとしても難しいです。

 

なお水よりもぬるま湯の方が効果的です。

 

 

おススメの酸素系漂白剤

 

おすすめの商品を紹介します。

 

まず私は買い間違いを防ぐため、パッケージ表面に

「酸素系」と書かれたものを選ぶようにしています。

 

私の場合、近くにイオンがあるので、

イオンのプライベートブランドの

酸素系漂白剤を使っています。

 

ただしイオンが近くにない場合もあります。

 

また販売数が少ないものだと紹介しても

見つけられない可能性もありますので、

販売数が多いものを2つ紹介します。

 

様々な掃除に使ったり、

「オキシ漬け」をして風呂場の床や

湯船でキッチンの細かいパーツを

浸け置き洗いできる「オキシクリーン」です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オキシクリーン(1.5kg)【rainy_1】【gsr24】【オキシクリーン(OXI CLEAN)】
価格:1320円(税込、送料別) (2019/11/30時点)

楽天で購入

 

 

 

これはこのブログで他の記事でも紹介

している程優秀なので、我が家では常に

常備するようにしています。

 

次におススメなのは「シャボン玉 酸素系漂白剤」です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャボン玉 酸素系漂白剤(750g*3コセット)【シャボン玉石けん】
価格:1388円(税込、送料別) (2019/11/30時点)

楽天で購入

 

 

 

こちらも洗濯槽の黒いピロピロやカビを

しっかりと取ってくれるので使っている人は

他にもたくさんいます。

 

 

まとめ

 

洗濯槽は見えない汚れがこびりついています。

 

汚れた衣類から埃やカビ菌が槽に張り付き、

洗っても洗っても服が綺麗にならないことになります。

 

その掃除方法としておすすめなのが

漂白剤のつけ洗いです。

 

漂白剤には酸素系と塩素系がありますが、

塩素系漂白剤は酸性洗剤と混ぜると有毒ガスが発生するので、

安全面を優先したいのなら

酸素系漂白剤を選ぶ方が良いでしょう。

 

おススメの酸素系漂白剤は

オキシクリーンとシャボン玉 酸素系漂白剤です。

 

洗濯機の掃除は定期的に行うようにしましょう!

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました