成人してもアトピー性皮膚炎になる!食べもので体質改善できる?発症と原因

最近体がかゆくなることが増えたので

アトピーを疑いました。

 

大人になってからも

アトピーを発症する人が増えているという

情報を知ったので、もしかしたら

自分もそうなのかなと思ったからです。

 

病院で診断を受けた結果

肌が重度の乾燥状態になっていたため、

かゆみが発生していたらしく、

アトピーではありませんでした。

 

アトピーを発症したのかもしれないと不安になり、

原因や症状を調べ病院でも話を聞けたので、

この記事ではこれらの情報を以下にまとめます。

 

成人なのにアトピーが出てかゆい!子供しか出ないのでは?

 

体のかゆみについてネットで情報を調べ始めたとき、

皮膚トラブルについて予備知識が全くなかったので、

「肌+かゆみ」というキーワードでひたすら検索しました。

 

その結果、非常に多くの病名がリストアップされ、

たまに無性にかゆくなるという症状だけでは、

なかなか特定できませんでした。

 

そんな中知人に雑談程度の話をしたところ、

大人のアトピーがかなり増えており

もしかしたらアトピーなのでは?という指摘を受けました。

 

そのためアトピーについて

調べてみることにしました。

 

今まではアトピー性皮膚炎というのは

子供の頃に発症し、成人するにつれ

症状や体質変化で落ち着いていくものだと

思い込みがあったからです。

 

アトピーは正式には「アトピー性皮膚炎」という名前で、

強いかゆみが出たりおさまったりを繰り返します。

 

また湿疹を伴うことがほとんどで、

私の場合赤みがあったので

湿疹である可能性がありました。

 

上記の症状には当てはまるので、

ますますアトピーを症してしまったのではないかと

考えるに至りました。

 

またアレルギー体質の人にも多くみられ、

私は花粉症なのでこの条件にも当てはまります。

 

ここまででアトピーの可能性は高いと考えていましたが

湿疹であるかどうかがわからなかったことと、

大人でアトピーを発症している人の多くが

子供のときにもアトピーを発症している確率が高いようですが、

私は幼少期にはアトピーの症状は出ていませんでした。

 

症状に自信を持って判断することができなかったことと

適切な薬を処方してもらいたかったことから、

最終的に病院に行って診断を受けることにしました。

 

湿疹がひどい場合は皮膚科に!薬の処方と無添加商品で保湿を

 

病院では、問診票への記入と診察を受けました。

 

医者からは、いつからかゆみを感じるか?

どれくらいかゆいか?という質問を受けました。

 

それ以外にはかゆい部分を見てもらったくらいです。

 

診察が始まってわずか1分くらいで

医者から結論をくだされました。

 

アトピーではなく、強めの乾燥肌とのことでした。

 

湿疹かしれないと思っていた赤みはニキビと判明。

 

厳密にいうと

ニキビが治った後の色素沈着でした。

 

アトピーによる肌のかゆみは人によって変わりますが、

我慢できるかゆさではなく出血してしまうほど

かきむしってしまう人もいるほどだそうです。

 

これを聞いて、アトピーの可能性は

低そうだと考えました。

 

ちなみにニキビ・かゆみの原因はいずれも肌の乾燥であり、

保湿や薬の塗布をしっかりと行うことで

改善されるだろうとのことでした。

 

肌トラブルの多くは肌の乾燥によって起こることが多いそうで、

肌に問題を感じたら無添加の保湿液を使うことを勧められました

 

この治療方法であれば副作用が出ることもないので、

とりあえずやってみる方法としておすすめとのことです。

 

ちなみに保湿液を使い始めてから1ヶ月くらい経ったくらいで、

ニキビに変化はありませんでしたが、

かゆみを感じることは減りました

 

季節が冬になれば空気が乾燥しますし

空調の強い環境でも同じく乾燥しやすくなるため、

そういう環境に長くいるのであれば

より保湿に気を遣うようにする必要が出てきます。

 

より保湿をがんばると言っても、

大量に保湿液を使えばよいというわけではありません。

 

一度に多く使っても

肌に浸透しない量が増えるだけです。

 

適切な量をこまめに塗るようにします。

塗り忘れを無くすだけでも大きく改善しますね。

 

保湿はアトピーにとっても悪くないので、

試していないのであれば、ぜひ試してみてください。

アトピー性皮膚炎を持つ人が摂るべき食べ物

 

アトピー性皮膚炎を改善してくれる食べものとしては

とにかく「バランス良く」とのこと。

 

これは皮膚炎を持たない人にも言える事ですが、

子供ではなく大人になって発症した人も

一度に過度の糖を摂取することを控え、

子供が発症してしまう主な原因である

卵と牛乳に対しては病院で診断してもらうのが

大切だということでした。

 

あと成人ならではですが、

アルコールはできるだけ控える事、

納豆、ヨーグルトなどの発酵食品を多く摂取する事、

食物繊維を意識的に摂ることで

腸内を綺麗にするのが自力でできる工夫だと

教えてもらいました。

 

自分の食生活を見直し、

何に対してアトピー性皮膚炎が発生したり

悪化してしまうかを良く観察し、

食品の消去法で自分の免疫力や体力を

守る方法もあります。

 

まとめ

 

成人してからアトピー性皮膚炎になる人が増えているようです。

 

アトピーが発症しやすい人の特徴として、

アレルギー体質であることや敏感肌であることがあげられます。

 

アレルギー症状や肌トラブルが引き金になり、

アトピーが再発することが少なくありません。

 

アトピーの症状として、湿疹を伴った

強いかゆみを発症します。

 

この強いかゆみについては

アトピーの症状がひどくなると、

我慢できるかゆみではなく血が出るほど

かいてしまうことも珍しくないようです。

 

特に寝てるときは意識がないので思いっきりかいてしまい、

出血してしまう可能性が高くなります。

 

かゆみなどの肌トラブルへの対応策として、

保湿液を使うことで肌の乾燥を防ぐ方法がおすすめです。

 

無添加のものを使えば副作用や症状が悪化する可能性が低く、

とりあえず試してみるには適しています。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました