野球帽・キャップの洗濯方法!型崩れしない洗い方はネットがおススメ

キャップ・野球帽は洗濯するタイミングが難しいです。

洗濯機でそのまま洗うとせっかくの綺麗な形に型崩れが起きそうです。

しかし太陽の光をさえぎったりと子供達が毎日かぶるものでもあるので、いつも綺麗にしておきたいですよね。

洗うタイミングがわからず洗わないまま放置すると、だんだんと汗臭くなってしまいます。

普通の洋服と違い洗濯に関してはあまり気に留めないので、知らないうちに細菌やカビの巣になって頭皮に影響を与えることもあるのです。

新しくキャップを買い替えたいのならば洗う必要はありませんが、気にいったキャップであれば型崩れしないよう洗濯して使っていきたいものです。

そこでこの記事では、キャップ・野球帽を型崩れしないように洗濯する方法と注意点をご紹介します。

キャップは洗わないとカビが増殖する!重曹を使った洗い方

 

頭からも汗をかくので、もちろんキャップには汗が付きます。

汗で湿ったままにしておくと湿度が高まり、カビ菌が繁殖しやすい環境ができてしまいます。普通の下着や服と同じですね。

私が持っているキャップで型崩れが怖くて、洗わないまま使っていたものがありました。

何年も使い続けてある時ふと気付いたことがあり、それは汗をよくかく箇所が変色していたことです。

色が暗くなっていたのでてっきり皮脂汚れだと判断していましたが、だんだんと目立つようになってきたので、あるタイミングを境に全く使わなくなりました。

その存在すら忘れた頃、部屋の掃除をしていた際に偶然その帽子を見つけてしまったのですが、皮脂汚れだと思い込んでいた箇所が緑色というか黒色というか、絶対に触りたくないような見た目になっていました。

今から思うとこれはおそらくカビだったのでしょう。

もともとは皮脂汚れだったところにその後カビが生えたのか、それともその時すでにカビていたのかどちらかは分かりませんが、カビは有害なので洗濯しなかったことを後悔しました

後から調べてわかったことですが、キャップがカビることは珍しくないようです。

再びカビが増殖しないよう普段から清潔に保つため、定期的に洗濯をしなければいけないと痛感しました。

カビの対策として、私の中ではエタノールが真っ先に出てきます。

殺菌効果があり皮脂汚れの除去に適しているので、カビ菌を殺菌してタンパク質汚れを取り除くことができます

しかし一点問題があり、それは色落ちする可能性があることです。いくら汚れを落とせても、色落ちしたら意味がありません。

そこで他の選択肢として重曹があげられます。エタノールよりも殺菌力が劣りますがその分色落ちしにくくなるからです。

とはいえ重曹でも色落ちや変色する可能性があるので、最初から長時間つけ洗いせず短時間から始め汚れが落ちなければつける時間を伸ばしていくことを勧めます

100均で売られているキャップ洗濯ネットを使ってみた

野球帽の形状を保持したまま洗濯するグッズがあります。

100均でも売られていることがあり使ったらどうなるか試してみましたが、正直今後はおそらく使わないでしょう。

キャップの輪郭にあったプラスチックやメッシュのフレームを装着することで、形が崩れるのを防ぎます。しかし残念ながら私が使ったグッズでは形が崩れてしまったのです。

ネットショップで使用レビューをいくつか見たところ、型崩れせずに使えたというレビューが多かったので私が使ったのはおそらく私が使っていたキャップの強度が弱かったのかと思いました。

ちなみに洗濯機を使うので水流による洗浄は期待できますが、型崩れのリスクが無い方が、私は嬉しいのでつけ洗いすることにしています。

洗濯できない帽子もあるので注意!

帽子も他の衣類と同様に、洗い方に関するタグが付いています。単純な話ですがそれを守れば素材が痛むのを防ぎ、色落ちなども防ぐことができます

しかし長く使っているとタグの表示が薄くなってくるので、注意事項がわからなくなってしまいます。

私が持っているキャップでもすでにこの状態になっているものが多く、その場合には以下のような対処をします。

まず高かった・販売が終了したなど手に入れにくい帽子なら、ネットで商品情報を探してみます

ネットショップで購入したものであれば、そのショップの購入履歴から見つけられるので簡単です。

そうではなく実店舗で購入した商品の場合は、「ブランド名+キャップ」や「店名+キャップ」などの検索キーワードを使って探します

ネットで検索しても出てこない場合やネットショップで購入したものであっても、販売停止に伴い、商品ページも無くなる場合があります。

もし洗濯したい帽子の情報が無い場合で絶対に色落ちさせたく無いなら、ぬるま湯のみにつけ洗いをして、しっかりと乾かしましょう

ぬるま湯にする理由は水の温度を30度以下にするよう指示がされる衣類をよく見かけるので、それに合わせています。

そうでなければ上記の繰り返しになりますが、重曹を使いつけ洗いを行います。

汚れがひどい場合には酸素系漂白剤を使うこともあります。塩素系はまず間違いなく色落ちするので使いません

このブログでおススメしている酸素系漂白剤の「オキシクリーン」だといつも色落ちすることないので安心して使う事ができます。

 

 

 

いずれにせよ汚れがひどくなるほど、洗う際にこすり洗いや強い洗剤が必要になるので、そうなる前にこまめに洗うのが最もキャップを長持ちさせる方法です。

まとめ

 

キャップ・野球帽をそのまま洗濯機で洗うと型崩れします。

洗濯機を使う場合には、キャップウォッシャーという帽子の型崩れ防止グッズがあるのでそちらを使いましょう。

ただ私はキャップウォッシャーを使っても型崩れしてしまったことがあるので、重曹や中性洗剤などでつけ洗いをするようにしています。

どの洗い方でも帽子の素材を傷つけないため、色落ちを防ぐために、洗濯方法の注意事項タグに書かれた内容をしっかりと守り洗いましょう。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました