かかとの靴ずれ原因!防止グッズを使おう

 

せっかく気に入った

新しい靴を履いたのに

靴ずれをしてしまい

歩くたびに痛い思いをし、

かかとを見てみたらまめが

できていたという経験は

誰にでもあるかと思います。

 

靴も消耗品なので、

履きなれたと思ったとたんに

底がすり減りすぎてしまっていたり、

ヒールが折れてしまったりと

アクシデントが起こることも。

 

靴ずれは何で起きるのでしょう?

靴によって何故大丈夫なものと

まめができてしまうものがあるのでしょうか?

何とか痛みを防止できるグッズは?

 

この記事では靴ずれに関して

上記の質問に答えていきます。

 

スポンサーリンク


靴ずれの原因は?かかと用の絆創膏は常に持っておこう

 

そもそもなぜ靴ずれは起こるのでしょうか?

 

熱?

足がかく汗?

摩擦?

 

靴ずれが起こったかかとはまめの痛みで

熱いと錯覚するものの、

水ぶくれを起こす程皮膚が

熱にさらされるわけではなく

火傷ではないので熱は違います。

 

汗によって足がべたつくから

というのも不正解。

 

汗をかきやすい足を

持っているかどうかは関係ないのです。

 

摩擦が正解に最も近いですが、

これもちょっと異なります。

 

というのも、こすれる事により

靴ずれは起こらないからです。

 

なぜなら、靴ずれの原因はかかとと

靴とがくっついている部分の皮膚が

そのまま歩く動きに合わせて上下や左右に

動くことによってできるものだからです。

 

靴とくっついている表面の皮膚が

長時間動かされることにより

皮膚が伸び縮みを繰り返します

 

それにより皮膚の下から骨にかけてある組織が

常に動いている状態になります。

 

この組織ごと引っ張られ、

ちぎれてしまうと2時間以内にその部分に

体液が溜まりまめができるのです。

 

 

まめができたしまった時点で

靴を脱ぐか歩くのをやめるのが理想的ですが

この忙しい現代社会では

そうも言っていられません。

 

私達にできることといえば、

少しでも皮膚の下にある組織に

負担をかけないように靴とかかとの

皮膚の間にクッションを敷いてあげる事。

 

皆さんも一度は真っ先に使ったことがあるであろう、絆創膏です。

 

ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100円均一でも

手に入れることができますが、

残念ながら「安かろう悪かろう」なのが現実。

 

何枚も重ねて付けないとすぐにめくれてしまい、

かといって重ね付けしすぎると

まとめてポロリと取れてしまいます。

 

 

BAND-AIDの「靴ずれブロック」などの

粘着力が強いタイプのを使用してもいいですが、

それでもめくれていってしまうのは時間の問題。

 

 

おススメなのが最近発売された

ネクスケアの「靴ずれ保護テープ4.5M」

 

バッグにも入ってかさばらないミニサイズなのが嬉しいですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネクスケア 靴ずれ保護テープ 4.5m
価格:635円(税込、送料別) (2019/11/6時点)

楽天で購入

 

 

 

まめや靴擦れができたあとに

上から貼るのも良し、

いつも靴ずれしてしまう靴を履く前に

あらかじめかかとに貼っておく使い方も

できてしまう優れもの。

スポンサーリンク


 

ドラッグストアでは

まだ売っている場所が少ないのが欠点ですが、

ネット通販で簡単に手に入ります。

 

アマゾンでもレビューを見ると好評なので、

もしどうしても靴ずれして

まめができてしまう靴を

履かなければならない日は

あらかじめ注文しておくと良いでしょう。

 

 

かかとの靴ずれ防止おすすめグッズ!

 

靴ずれは意外なアイテムで

予防・防止することができてしまうのです。

 

例えば…

 

1.ジェルタイプのデオドラント

 

靴の中と足、特にかかとに

クリアなジェルタイプの

制汗剤・デオドラントを塗りましょう。

 

こうすることでかかとの皮膚と

靴が1か所でくっつくことなく

よりスムーズな履き心地を楽しめます。

 

 

2.靴下とドライヤー

 

靴がきつすぎて靴ずれや

まめができてしまう事もあります。

 

靴のメーカーによっては

いつもの自分のサイズを購入したのに

0.5センチ単位で

誤差が出てくることがあるからです。

 

こういう時は靴そのもののサイズを

大きくしてあげましょう!

 

方法は簡単。

厚めの靴下を履いてから靴を履き、

ドライヤーの熱風を当てます。

 

靴の生地にもよりますが、

こうすることで

よりつま先やかかとに余裕ができ

きつさに余裕がでます。

 

 

3.女性用 生理用ナプキンを使う

 

意外なアイテムが出てきましたね!

 

毎月訪れる度にお世話になるナプキン。

ウィングの無いタイプの端っこを

ヒールからかかとの高さに切り、

靴の内側にそのまま貼り付けます。

 

ナプキンは吸水性と通気性が非常に良いので

靴とかかとの皮膚が1点で

繋がりっぱなしの状態を防いでくれます。

 

ただ居酒屋など靴を脱がなければいけない

シチュエーションは注意が必要ですね。

 

まとめ

 

かかとの靴ずれの原因は

熱や汗、摩擦ではなく

皮膚の一か所と靴がぴたりとくっつき、

動くことによって

皮膚の下にある組織が引っ張られることです。

 

ドラッグストアやオンラインで

靴ずれ防止用のグッズを

手に入れることができるので

是非チェックしてみましょう。

 

靴ずれ防止グッズは家でDIYすることも可能!

 

ジェル状のデオドラントや

靴下、ドライヤーなどで

靴ずれやまめを防止することができます。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました