親不知を抜糸後の痛みと食事

麻酔を口内に注射で入れ、

感覚がマヒしているうちに抜く親不知。

 

歯茎の中まで切っていき、

埋まっている歯を取り出す施術で、

麻酔がかかっていても

ミシミシという感覚は

頭蓋を通して伝わってきます。

 

私は親不知を抜歯して

もう数十年になりますが、

あの時の嫌な感触は

忘れようにも忘れられません。

 

 

親不知を抜歯する際の

麻酔の種類もいくつかあり、

覚醒から睡眠の間を彷徨う状態が

しばらく続くものもあります。

 

 

親不知は1本ずつ抜いていくかと思いますが、

人により使用する麻酔や

抜歯方法や全て抜く期間が異なるので、

中には抜歯後の痛みが

なかなかひかない人もいるでしょう。

 

 

歯茎の痛みと腫れが3~5日続く人も。

その間の食事はどうしたらいいのでしょう?

 

 

この記事では親不知を抜いた後の痛みと

抜歯後の摂るべき食事についてご紹介します。

 

抜歯後当日と翌日の食事

 

まず食事は麻酔が完全に切れてから

摂るようにしましょう。

 

 

抜歯した日と翌日は

歯をあまり使わなく、

かつ栄養があるものを食べます。

 

  • おかゆ
  • 茶わん蒸し
  • 雑炊
  • スムージー
  • 豆腐・卵豆腐
  • スープ
  • マッシュポテト(コーンやハムが入っていないポテトサラダ)
  • フルーチェ
  • 寒天
  • ゼリー
  • 杏仁豆腐

 

 

喫煙は禁止!

 

「吸う」という動作で抜歯した箇所の

かさぶたが剥がれてしまう可能性もあるので

タバコはご法度です。

 

(健康上の理由からも喫煙はほどほどに…)

 

 

アルコールの摂取も

2週間は控えましょう。

 

 

ストローを使うのも

抜歯後2週間は

止めておいた方が良いでしょう。

 

同じく「すする」事によって

食べるうどんやそばなどの麺類は

口の中にかかる負担により

傷口が開いてしまう可能性があるので

避けるのが賢明です。

 

パッケージから直接飲む

ビタミンゼリーなども同じ原理なので

食べるとしたら一度お皿に出してから

スプーンで摂取しましょう。

 

 

かたいものはとにかく避けます。

ポップコーンやおせんべい、

ナッツ類を3週間は食べないようにしましょう。

 

特に油で揚げたコーンの皮は

薄く硬いので、

傷口を刺激してしまいます。

絶対に口にしないようにしましょう。

 

 

刺激の強い香辛料も禁止!

唐辛子やキムチなど食べた時に

口の中に刺激を感じるものは

絶対に食べてはいけません。

 

血行促進により出血しやすくなる他、

歯茎の腫れを悪化させてしまう事もあります。

 

 

口の中に血の味がしたり、

まだ痛みがある時は

なるべくおかゆなど

柔らかくても食べない方が良いので

様々な野菜がミックスされた

スムージーを飲むようにしましょう。

 

 

ポイントは歯や歯茎にあたらないように

口をすぼめて前歯エリアから飲み、

舌で親不知を抜いた箇所に

直接液体が触れないよう守りながら

摂取するのが理想です。

 

 

普段より舌に触れる面積が少ないために

スムージー自体の味は

あまり楽しむことはできませんが、

とりあえずはこの方法で

栄養を摂取することができます。

 

スムージーの中には

ビタミン豊富な緑黄色野菜

プロテインドリンク

キウイ(クエン酸)

バナナ

等、1日に必要とされる栄養分が

しっかりと入ったものを作りましょう。

 

他にも身体の免疫力維持や

回復を早めるサプリメントを

摂取するのも良いアイディアです。

・亜鉛

・マルチビタミン(C、E、A、B群)

この2つは積極的に飲むと良いでしょう。

 

 

親不知の抜糸後 痛みを緩和しよう

 

抜歯後は口内にある

ガーゼパッキンを噛まないように。

 

刺激を与えることにより

傷の出血が止まらなくなり

傷の治りが遅くなってしまう。

 

止血を早めるためにも

心臓よりも頭の位置を

高くするようにしましょう。

 

座ったり立ったりしている

時は問題ありませんが、

いざ横になる時は枕やクッションを敷き

腰から上体が斜め上に

上がるようにして眠りましょう。

 

 

ぬるいお湯にスプーン1,2杯のを溶かし、

口の中をすすぐのも良い方法です。

 

塩は本来殺菌作用があるために

それによって起こる

痛みを緩和することができます。

 

抜歯後の痛みにより1日2,3回

塩が溶けたお湯で

口の中を綺麗にしましょう。

 

 

麻酔が切れたとたんに鈍い痛みを

感じるようになると思いますが、酷い場合は

市販の痛み止めを服用しても良いかどうか

担当医に聞いてみるのもよいでしょう。

 

まとめ

 

親不知の抜糸後は麻酔が切れるまで

何も食べないのが理想です。

 

抜歯後3~5日はかたい食べ物や

アルコール、喫煙、

刺激の強い香辛料は避け、

おかゆや茶わん蒸し、

スムージーなど

歯に負担のかからない物を摂取しましょう。

 

ズキズキする歯茎の痛みを緩和するために

舌で抜歯した箇所をいじらないこと

ガーゼパッキンを噛まないこと

寝る時もできるだけ頭を上げた状態にすること

塩をお湯に解いて口をゆすぐこと

等の方法があります。

 

なるべく抜歯した箇所を刺激せずに

栄養をしっかり摂り回復を早めてあげましょう。

 

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました