スーツを自宅で洗濯するのは可能?おススメの柔軟剤や洗濯用表示マーク、アイロンは?

サラリーマンの戦闘服であるスーツ。

 

毎日着るものなので

それなりに汚れやシワができてしまいます。

 

一般的にスーツはクリーニングに出すものですが、

一回あたり1000〜2000円くらいかかり

結構痛い出費となります。

 

そこでお金を節約するために

自宅で洗濯する方法を調べました。

 

以前にやったときは

シワシワになってしまいましたが、

今回調べた方法では

キレイに仕上げることができました。

 

クリーニングに出すよりも

自宅で上手にスーツを洗い

経済的にオシャレにオフィスに行きましょう。

スーツは洗濯ネットで洗濯できる?洗濯頻度や洗剤、柔軟剤の紹介

 

スーツを洗濯機で洗うと

シワシワになります。

 

スーツの生地はパリッとなるような

コーティングがされており、

洗濯機の中で他の衣類に

挟まれてシワができ、

その状態で乾くと非常に強固な

シワとして残ってしまいます。

 

このシワを防ぐグッズとして

非常に効果的なのがネットです。

 

洗濯ネットに入れずに洗うと

他の衣類や洗濯槽に触れるときに

形が崩れてシワのもとになってしまいます。

 

ネットに入れておけば

形崩れしにくいので

シワができにくくなります

 

やってみるまでどれくらい

効果があるか想像できませんでしたが、

多くのシワを減らせることができ、

後の仕上げが楽になりました。

 

洗濯頻度はスーツを

使うシーンによるでしょう。

 

スーツで体を使った作業を

行う場合には汚れやすいので

頻繁に洗濯した方が良いのですが、

デスクワークがメインで

あまり汚れないのであれば

洗濯をする頻度は少なくて良いでしょう。

 

目安としては臭いと

クタビレ感が気になり出したら

洗濯を行うくらいの頻度をお勧めします。

 

それから洗剤はオシャレ着用の

中性洗剤を使用します。

 

洗浄能力以上に生地が傷みにくい点を

優先してのことです。

 

生地が痛んでしまうと

洗って清潔な服だとしても

使い古したような質感に見えてしまい

悪い印象を与えてしまう可能性があります。

 

それでデリケートな衣類を

洗うための洗剤をおすすめするのです。

 

柔軟剤については私の場合

軽い香り付けとして考えています。

 

ウールスーツの場合は

生地が硬くなることもあるようで、

使うことでかえって

ゴワゴワになりかねないのです。

 

そのため既定の量より

ちょっと少なめの量を使い、

スーツ独特の匂いではなく

柔らかい匂いになるようにしています。

 

おすすめの柔軟剤は

レノアオードリュクスイノセント」です。

 

 

爽やかな匂いの柔軟剤で

さりげなく香る感じがとても好きです。

洗濯マークを見て水洗い不可かチェック!ポリエステルの生地の場合はこうする

 

上記の洗濯方法は全てのスーツで

使えるわけではありません。

 

自宅で洗濯できるかどうかは

洗濯表示から判断します。

 

バケツに水が入っているような表示がある場合、

これは洗濯機洗いが可能だという意味になります。

 

手も描かれている場合には

洗濯機では洗えず、手洗いをしなければなりません。

 

大きくペケが上書きされている場合、

自宅では洗濯できません。

 

自宅で洗濯ができるのは

ペケがついていない場合のみとなります。

 

まずは洗濯マークを見て

可能な洗濯方法を判断しましょう。

 

それから最近増えてきている

ポリエステル生地を洗濯する際には、

乾燥するやり方に注意しましょう。

 

ポリエステルは縮みにくく

シワになりにくいので、

上で紹介したような洗濯方法で問題ありません。

 

もちろん洗濯マークの条件に従う前提です。

 

しかしポリエステルは

熱に弱いので、乾燥する際は、

乾燥機などは使用せず

陰干しするようにしましょう。

 

なおポリエステルでなくてもスーツのような

デリケートな衣類の場合には

陰干しがおすすめです。

 

乾燥機や日光で乾燥させると生地が痛みやすく、

色落ちする可能性も高くなるので、

買った時の素材感をなるべく長く維持したいなら

衣類に優しい陰干しを選びましょう。

ウォッシャブルスーツの場合 洗った後のスーツはアイロンが必要?

 

自宅での洗濯により適応したスーツが

ウォッシャブルスーツです。

 

洗い上がりにシワができにくいことが特徴で、

アイロンをかけなくても

問題なく着られることが特徴です。

 

ただそんなウォッシャブルスーツでも

アイロンをかけた方がピシッとするので

キレイに着たいのならアイロンがけをします。

 

ウォッシャブルスーツや

ポリエステルのもののように

シワができにくいスーツであれば、

他の衣類と同じく普通にアイロンをかければ良いですが、

シワができやすい素材のスーツであれば、

半乾き状態でアイロンをかけるか、

スチームアイロンを使って形を整えましょう

 

ちなみにアイロンの温度ですが

他の衣類と同じ温度にしています。

 

陰干しを勧めた理由の一つに

乾燥機の熱を防ぎたいからと

書きましたが、アイロンの場合

短時間なので問題ないと考えます。

 

ある程度熱がないと形を整えるまでに

時間もかかるのが理由です。

 

アイロンの手間を減らすもう一つの方法としては、

ズボンプレッサーを利用するのも有効です。

 

形を整えて挟んで少し待つだけなのでとても簡単です。

 

上着には使えませんが

パンツのアイロン時間をなくせるだけでも

大きく手間を減らせることができるので

検討の価値ありです。

 

まとめ

 

スーツは普通に洗濯すると

その独特な素材の為に非常に痛みやすく

シワが多くできてしまいます。

 

ネットに入れて選択するだけで

はるかにシワを減らすことができます。

 

柔軟剤も洗濯する時に使うと

より綺麗な仕上がりとなります。

 

スーツについている洗濯表示の

マークによって自宅で洗えるかどうか、

水洗い不可か、乾燥機可能かの

判断ができます。

 

スーツやデリケートな素材の服は

干す時に天日干しよりも陰干しの方が、

生地が傷みにくくなります。

 

ウォッシャブルスーツやポリエステルで

できたものはアイロンをかけることができます。

 

陰干しの場合はアイロンがけで

完全に乾かすことができます。

 

ズボンプレッシャーを利用すると

簡単に形を整えることができるので

重要な会議の前は是非利用しましょう。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました