ホホバオイルで角栓が取れない場合使い方を紹介!毎日のニキビケアで顔の毛穴を改善

私はもう1年以上無印良品の

ホホバオイルを買ってリピートしています。

 

ホホバオイルを入浴中に使うと

いちご鼻の角栓や頬や顎にある詰まった毛穴の

脂がポロポロと取れてくれるからです。

 

しかし中にはホホバオイルでは

角栓が取れないと言う人もいます。

 

この記事ではどのように私が

ホホバオイルを使って角栓を取って

肌を綺麗にしているのかを紹介します。

 

参考になれば幸いです。

ホホバオイルでいちご鼻や顔の毛穴の開きを改善

 

初めてホホバオイルに出会ったのは

@コスメやLIPSのアプリで

口コミ上位を取ったり数々の

美容ユーチューバ―がお勧めして

流行しているたので試してみた時でした。

 

シャワーに入り髪を洗い始める前に

ホホバオイル500円玉ほどのサイズを

手のひらにとり手と手を合わせて

よく温めてから顔全体に塗り

くるくると優しくマッサージしていきます。

 

 

するとだんだんと手と顔の間に

ざらざらが出てくるようになります。

 

これが毛穴に詰まっていた角栓です。

 

特に湯船に浸かった時などは

毛穴の開きが良いためホホバオイルで

顔パックしてからマッサージすると

角栓が取れる確率が高くなります。

 

その後は泡洗顔をしてさっぱりと

ホホバオイルの油分を洗い流します。

 

さらにお風呂から出たらすぐにブースターや

化粧水の導入液を使い

肌に水分を与えできるだけ外気に触れないうちに

化粧水で整え乳液で蓋をします。

 

ホホバオイルを使っていく事に気付いたのですが、

使うと肌を柔らかくしてくれるので

よりスキンケアアイテムを

肌に浸透させやすくなりました。

 

ホホバオイルを髪の毛先に使う人も中にはいます。

私も一時期試しましたが

他のヘアオイルの方が自分の髪には効果的だったので

今は肌の角栓取り用に毎日使うだけになっています。

 

ホホバオイルで角栓が取れない場合や毛穴が消えない時は

 

もしホホバオイルを使っても

角栓が取れない人は

使う前に顔を温め毛穴を開くと

より取れてくる場合が多いです。

 

フェイスタオルを濡らし

電子レンジで10秒から30秒ほど温めます

(タオルのサイズによる)。

 

いわゆる蒸しタオルの完成となり

これを顔にかぶせてしばらくおくことで

毛穴を開くことができます。

 

しかし30秒だと熱すぎる場合もあり、

少し冷やしたつもりが

すっかりぬるくなってしまう場合も多いです。

 

その場合は熱湯を洗面器に注ぎ、

その上に適度な距離を保ってから

顔を近づけていきましょう。

 

この時バスタオルを洗面器ごと

頭をかぶせるようにかぶることで

蒸気を逃すことなく

顔のスチームに使うことができます。

 

こちらの方が温度が

蒸しタオルより長持ちするので個人的にはお勧めです。

ホホバオイルを使う時に注意したいトラブル

 

ホホバオイルのトラブルとしては

マッサージ中やマッサージ後に

目に入ることです。

 

これは顔の皮膚に塗ることで

オイルが温まり、より液体に

近いテクスチャになるためです。

 

目の中まで洗顔石鹸を使って

オイルを流すわけにはいかないため

お湯で流すしかありません。

 

またホホバオイルは性質上

室温以下の場所に置いておくと

白く固まってしまうことがあります。

 

この場合はボトルごとお湯の中に入れ

湯煎する形にすると

元の透明な色に戻ってくれるので

慌てる必要はありません。

まとめ

 

無印良品のホホバオイルは

私が何度もリピートしている

スキンケアアイテムで

シャワーや入浴するときに使うと

角栓をポロポロととってくれます。

 

角栓が全く取れない人は蒸しタオルや

熱湯のスチームを事前に使うことで

毛穴を開けるとより角栓が取れるようになります。

 

ホホバオイルを使うときは目に入れないように

注意が必要です。

 

またもしホホバオイルが

白く固まってしまったら

お湯にボトルごと入れてしばらく置くことで

元の透明な色に戻ります。

 

▼関連記事▼

肌に良い食べ物やサプリを摂取して肌荒れ防止!ニキビ予防や乾燥肌を防ごう

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました