猫アレルギーの症状 じんましんやくしゃみ

猫の住む家に入ると急に鼻水が出たり、

くしゃみが止まらなくなったり

することはありませんか?

 

もしそのような症状が出たのなら、

いくら可愛いからといっても

絶対に猫には触れないようにしましょう。

 

 

頭を手で撫でるくらいならい良いですが、

頬ずりしたり、皮膚が薄くて弱い首筋などに

猫の毛が触れてしまわないように注意が必要です。

 

何故ならそれだけで猫アレルギーを持つ人は

ぶわっとじんましんが出てしまうからです。

 

肌や免疫力が弱いと

赤みやじんましんが引くのに

数日間かかってしまう場合もあります。

 

 

猫が好きだけど猫アレルギー…。

 

この記事ではそんな切ない思いをしている皆さんに

症状が出た時の対処と緩和法を紹介します。

 

スポンサーリンク


猫アレルギーの症状が出たら

 

猫に限らずですが、アレルギーの症状としては

 

皮膚の症状

  • 赤み
  • かゆみ
  • じんましん

 

呼吸器の症状

  • くしゃみ
  • 息切れ

 

粘膜系の症状

  • 鼻水
  • 涙目
  • 鼻づまり
  • 喉のイガイガ

 

などが症状として出ます。

 

 

酷くなると呼吸器が腫れて膨張し、

息がしにくくなる気管支炎に

なることもあるので

注意が必要になります。

 

猫アレルギーの主な原因は

 

猫は犬と違い、自分の毛を

舌で舐めて体を綺麗にします。

 

猫の舌を触ってみたり、

猫から舐められたりしたことがある人は

分かると思いますが、

毛並みを綺麗にするために

彼らの舌はざらざらしているのです。

 

猫が毛を舐めると、

当然毛に唾液がくっつきます。

 

その唾液が乾燥して目に見えない粉末になり

空気中に散った状態の中で

呼吸をすることにより、

猫アレルギーを持つ人は

症状が出てしまうのです。

 

 

唾液の他にも猫のフケ尿など

も同じことが言えます。

 

 

猫アレルギーの症状が出るには個人差があり、

数分で出る人と数時間かかる人がいます。

 

 

治し方や緩和方法

 

もし自分が猫アレルギーだと分かった場合は

アレルギー科など専門の医者に

診察してもらうのが最良です。

 

スポンサーリンク


血液検査や肌の表面の診断だけでは

詳しいアレルギーは分からないので、

精密検査を受けて治し方や緩和する方法を

教えてもらいましょう。

 

一般的には

  • 抗ヒスタミン剤
  • アレルギー注射
  • コルチコステロイド

等の薬が使われますが、

他にも漢方等の自然な治し方もあります。

 

  • ホメオパシー
  • ハーブ
  • 免疫力を高めるサプリメント

 

これらが薬に頼らない、

日々の生活に取り入れることの

できるものとなります。

 

 

ホメオパシーとは?

 

ホメオパシーとは

『「その病気や症状を起こしうる薬を使って、

その病気や症状を治すことができる」という原理』(引用)を元に、

「レメディ」という薬を使ってアレルギー症状を治していく

方法になります。

 

ただこのレメディを使う事によって

過去に事故が起こったこともあり、

日本でもホメオパシー肯定派と

否定派に分かれています。

 

猫アレルギーの症状を改善するには

 

有効なのは空気清浄器を使う事。

 

この時、最もよく機能してくれるものを選びましょう。

多少高額になっても

空気をきちんと除荷してくれるかどうかによって

アレルギーを持つ人でも

休める環境を整えてあげることができます。

 

猫に限らずハウスダストや

花粉などにも効果的なので

一家に一台あるのが理想です。

 

 

中規模なリフォームになってしまいますが、

フローリングにすることにより

空気中に舞う猫のフケ等の不純物を

掃除しやすくなります。

 

 

床が絨毯の場合は絨毯の毛の繊維が

アレルゲンをしっかりとつかんで

離さなくなるため、

1日に何回も掃除機をかけなくてはならなくなります。

 

その点フローリングは

ウェットワイパーですぐ拭き取ることができ、

微粒子もしがみつくものが無いため

すぐに空気清浄機に

吸い込まれていくのです。

 

 

ユーカリやレモンのアロマオイルをディフューザーに入れ、

寝る間にベッドのそばで

つけると呼吸が楽になるという人もいます。

 

イランイラン等のメンソール系の

香りのするものがおススメです。

 

まとめ

 

猫アレルギーを持つ人は

なるべく猫から離れて暮らしましょう。

 

アレルギー反応があると

じんましんや痒み、湿疹などの皮膚の症状、

鼻水や涙目などの粘膜の症状、

そしてくしゃみや咳などの呼吸器の症状が出ます。

 

もしペットとして一緒に住まなければいけない場合は

空気清浄器や床をフローリングするなど、

自分のアレルギーが酷くならないよう

環境を改善して対処しましょう。

 

専門医の診察を受けることも大切なので

症状が緩和したり改善しない場合は、

薬を処方してもらうのが一番です。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました