トイレの臭いが取れない!壁に染みついたカビやアンモニア臭は掃除できる?

 

トイレの掃除をしても

臭いが残ることが多々あります。

 

トイレ用の洗剤をつけて力を入れて

ゴシゴシこすってるのに、です。

 

何か解決策はないかと方法を探してみたら

いくつかやったことがない方法がわかり、

実際に試してみることにしました。

 

実践した方法と

その結果を紹介していきます。

トイレのアンモニア臭は壁紙や床、排水にも原因あり?消臭シートを使ってみた

 

私のトイレ掃除方法は

トイレ用洗剤(酸性)を便器の内側に塗布し

便器用ブラシでこするという

誰もがやっているような

スタンダードな方法です。

 

私は1週間に2、3回ほどの

頻度で掃除を行っています。

 

何人かの友人に掃除頻度を聞いたところ、

毎日やっているという優秀な人から、

1ヶ月に1回やれば良い方という人、

さらには最後に掃除したのは

いつか覚えていないという

超面倒くさがりな人まで

それぞれ違う頻度がそろいました。

 

掃除をした後でも

臭いが残るか確認したところ、

個人の主観は入っているでしょうが、

毎日やっている人は

すぐに臭くなると感じるようで、

後の2人は特に臭いとは

感じていないとのことでした。

 

毎日掃除を行っていた人は

臭いから頻繁に掃除をしていると

掃除回数が多い理由を

教えてくれました。納得できます。

 

私や友人たちの感想からトイレ掃除の頻度と、

臭いの発生しやすさには

あまり関係性がないと判断し、

便器以外に原因があるのではと

別の可能性を探ることにしました。

 

その結果、臭いの原因は

便器以外にありそうだとわかりました。

 

壁、床、天井、マット、トイレットペーパー、便器と床の境、

便器のフチ裏、ウォシュレット周り、タンク、排水管です。

 

最初に行う原因の判別方法は臭いの種類です。

 

公衆トイレと同じような臭いであれば、

尿やウンチ、またはその残り香が

原因の可能性が高いです。

 

そうでなければカビの可能性が考えられます。

 

臭いのある状態で放置していくと、

壁、床、天井、トイレットペーパーやマットに

臭いが移ってしまうことがあります。

 

この場合は、

  • トイレットペーパーを芳香成分入りのものに変える、
  • マットを洗濯する、
  • 壁、床、天井をアルコールで拭き掃除する、

といった掃除を行うことで臭いを消すことができます。

 

手軽にできる掃除方法なので、

とりあえず試すのに適しています。

 

次に、男性の場合、

立っておしっこをすると周りに飛んでしまい、

それが臭いの元となることが多いようです。

 

また座ってしても

便座のフチ裏に跳ねてしまいます。

 

この場合の対処方法は

トイレマットを洗濯し、

床、壁、便器のフチ裏を、

中性洗剤をつけて洗います

 

壁を見落としがちですが

意外とここまで飛ぶので掃除しましょう。

 

変色していて中性洗剤を

使っても取れない場合は、

尿中のミネラル分が

石灰化して固まっています

 

石灰化した尿は酸性洗剤でないと落とせません

 

安全面を考慮すると

他の洗浄成分と混ぜたくないので、

日を改めて掃除を行った方が安心できます。

 

 

また、ウォッシュレット周りも汚れやすいです。

 

トイレ用ブラシだと

細かいところが掃除しにくいので、

歯ブラシと中性洗剤の組み合わせで洗いましょう

 

中性洗剤で落ちなければ

酸性洗剤を試してください

 

それからアンモニア臭ではない場合、

カビの可能性があります。

 

トイレのタンク内を

掃除していなければ洗ってみましょう

 

エタノールもしくは

重曹をふりかけ歯ブラシでこすります。

 

タンク専用の洗剤もあるので

そちらを使っても構いません。

 

最後に臭いの原因が

排水管にある可能性もあります。

 

排水管内に便が残っている、

排水管が故障している場合には、

臭いがのぼってきてしまうのです。

 

便が残っている場合には、

パイプユニッシュやお湯を使い、

便を柔らかくしてから流す方法を試してみてください。

 

排水管の故障が疑わしければ

工事業者に依頼するしかありません。

 

なお、掃除を徹底しても

臭いが残る場合があります。

 

徹底して掃除をしたのなら

衛生面はクリアしているはずなので、

消臭グッズを使い臭いへの対処を行いましょう。

 

お手軽なのが消臭シートです。

次の章にて詳しく説明します。

 

トイレの空間作りはかわいい消臭スプレーで!セスキやパイプユニッシュはシンク下へ

 

考えられる範囲を

掃除しきっても臭いが残るなら、

掃除による消臭は諦めて

消臭グッズを使いましょう。

 

消臭グッズに

おしゃれなイメージは無かったのですが、

探してみるとおしゃれなものが結構あります。

 

私が特に気に入ったのは

トイレの消臭シートです。

 

消臭シートは、

動物や花などの形をしたシートで

簡単に貼り付けし剥がすことができ、

消臭ポッドに比べ場所をとらず、

デザインの選択肢が多く、

効果がなくなったときに

捨てやすいという点が優れています

 

それから消臭スプレーでも、

大きな文字で消臭スプレーと

書かれた実用性を重視したデザインではなく、

インテリアとして映えるデザインの

スプレーも売られています。

 

いやいや取り組み始めた臭い対策も

これなら楽しんで取り組むことができます。

 

 

まとめ

 

トイレの臭いは尿、

ウンチのアンモニア臭と

カビの臭いのどちらかである可能性が高いです。

 

トイレ掃除といえば便器内や

床に対して行うのが一般的ですが、

壁、天井、便器のフチ裏、

ウォシュレット周り、タンク、

排水管が汚れていて

臭いの原因となっている可能性があります。

 

便器の掃除だけでは

臭いが残るのであれば、

試しに掃除してみてください。

 

また掃除を徹底しても

臭いが残るのならば、

いっそのこと消臭グッズや芳香剤を使って

トイレをおしゃれで快適な場所にカ

スタマイズしてみましょう。

 

手軽に使えてデザイン性の高い消臭グッズとして

トイレの消臭シートがおすすめです。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました