コインランドリーへの持ち物は?洗濯ネット、洗剤や柔軟剤は持参した方がいいの?

自宅に洗濯機や乾燥機があっても

コインランドリーが近くにある場合は

積極的に利用する方が賢く生活

できる場合があります。

 

というのも、一気に大量の洗濯物や

布団、マットレス、靴など

一般家庭ではクリーニングに

出すしか洗う方法が無いものも

コインランドリーでキレイにできるからです。

 

とはいっても、

最近のコインランドリーには一体どんな

洗濯機があって、いくらくらいかかるのか、

また待ち時間なども気になるところです。

 

コインランドリーへ持っていくものから

利用する際に知っておくとお得な情報を

この記事では公開していきます。

スポンサーリンク

コインランドリーへ持っていくものリスト

 

最寄りのコインランドリーに置いてある

洗濯機の種類にもよりますが、

もっていって失敗の無いものは

以下になります。

 

  • 洗剤
  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット
  • 汚れた洗濯物入れ
  • 洗った後の洗濯物入れ
  • 小銭
  • タイマー(スマホ機能)
  • 本やスマホなど暇つぶしできるもの

(あるいは洗濯・乾燥中にすることリスト)

 

おまけで

  • 除菌ジェル、除菌シートやハンドサニタイザー
  • ランドリーカード(ポイントが溜まるもの)

 

 

洗剤

 

まず洗剤ですが、

コインランドリーによっては

お金を入れるだけで自動的に

洗剤を流してくれる機械もあります。

 

そのため事前に最寄りの場所では

洗剤は持っていく必要がある洗濯機か

どうかを下調べしておくと良いでしょう。

 

もし自動的に洗剤が投入されない機械の場合は、

普段使っている洗剤をより小さなボトルに入れ替え

持っていくとかさばりません。

 

柔軟剤

 

これは最新のコインランドリーでも

投入されない機械しかないところが

多いです。

 

コインランドリーに入ると各洗濯機に

柔軟剤を入れる必要があるのかどうか、

あるいは入れるタイミングが書いてあるので

それにしたがって使い慣れたものを

持っていくようにしましょう。

 

洗剤と同じく、普段家で使っている容器が

大きすぎる場合は小さめのボトルに入れて

持っていくのが良いでしょう。

 

洗濯ネット

 

これはセーターやレース素材のあるもの、

下着や靴下など強度があまりない

洗濯物をまとめておくのに

非常に便利です。

 

洗濯物が多い場合は家で使っているものよりも

大きめのコインランドリー用洗濯ネットを

持っていくと役に立ちます。

 

洗う前・洗った後の洗濯物入れ

 

コインランドリーには

家で汚れた服を入れた洗濯かごを

そのまま持ってくる人も少なくありません。

 

車を使ってくる人は

それが可能です。

 

もし自転車や徒歩でコインランドリーに

行く場合は洗濯前の汚い服は

大きめのビニール袋に、

洗った後の綺麗な服には

麻など強い素材でできた袋を

持っていくと良いでしょう。

 

洗濯後の服を入れる袋は

口を縛れたり閉じることができるものの方が

せっかく洗った洗濯物が

床に散らばることが無いのでおススメです。

 

小銭

 

最近のコインランドリーは

お札を小銭に両替してくれる

機械もそろっている場所が多いですが、

例えば銭湯の横にあるコインランドリーなどは

入浴するために使ったお札のおつりで

機械を使う人が多いために

両替機が無い場所が多いです。

 

どんなコインランドリーに行っても

小銭で困ることが無いよう、

100円玉や500円玉が手に入ったら

スポンサーリンク

取っておくと良いでしょう。

 

時間を知らせてくれるもの スマホのタイマー機能

 

コインランドリーを利用する時の

マナーとしては、

自分が洗濯機や乾燥機を使い終わった後は

なるべく速やかに洗濯物を取り、

次の人が使えるようにすることです。

 

自分が使いたいのに、

洗濯し終わった服が機械の中に

残ったままだと使うに使えませんよね?

 

かといって

「時間通りに取りに来なかったのが悪い」

といって洗濯された他人の服を

床やテーブルに置いてしまうと

後にトラブルにつながりかねません。

 

しかし実際に外に放ってしまう人も

中に入るので、くれぐれも

自分の洗濯や乾燥がいつ終わるのか、

機械の表示を見て時間通りに

取りに来るようにするのが一番です。

 

 

暇つぶし用のアプリや本、やることリストなど

 

洗濯機や乾燥機、

洗濯物の量によりますが、

30分から50分は1回の洗濯で

かかります。

 

その間の時間つぶしをすることもOK、

または近くにスーパーや

郵便局などがある場合は

用事があるものを片付けていきましょう。

 

コインランドリーの場所によっては

カフェが近くにあったりする場合もあるので、

そこでメールを読んだり仕事を

することもできます。

 

除菌ジェル、除菌シートやハンドサニタイザー

 

除菌グッズまで持っていくのは

神経質すぎるのでは?と思う人も

いるかと思いますが、

コインランドリーはあらゆる人が

使う場所でもあります。

 

また彼らが持ってくる洗濯物も

何で汚れたものなのかも

分からない状態です。

 

もしかしたら家の洗濯機を汚したくなくて

コインランドリーに持ってくる人も

いるかもしれないのです。

 

また、ランドリーの場所自体が

汚く古い作りの場合もあります。

 

洗濯機のドアを開け閉めするための

手を掛ける場所や、

洗濯物を畳むために置いてある

テーブルの上を除菌シートで

一旦綺麗にしてから使うのは

衛生上重要な事でもあります。

 

 

ランドリーカード

 

これもコインランドリーの

系列店が実施している場合があります。

 

お金と一緒にカードを入れることで

ポイントが溜まるものから、

スイカやパスモの様に

カード自体にお金を入れて使ったりと

場所やシステムによって

変わってくるので、

もし頻繁に利用したくなるような場所の場合は

作っておいて損はありません。

 

まとめ

 

洗濯物が大量にある場合や

布団や毛布、シーツやカーテンを

洗いたい場合は

クリーニングに出すよりも

コインランドリーを使った方が

経済的に済みます。

 

最寄りのコインランドリーには

どのような機械があるのか下調べをし、

洗剤や柔軟剤を持参する必要があるのか、

両替機はあるかなど事前に知っておくと

有意義に利用することができます。

 

また、洗濯ネットや

除菌シートなどを持っていくと

古い作りのコインランドリーを利用する場合は

心強いでしょう。

 

洗濯物の量や使用する機械によって

かかる時間と金額は変わってきます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました