免許更新のはがきはいつ来る?警察へハガキや印鑑を忘れても更新できる?

 

多くの人が身分証明書に使用している免許証。

今回はその免許更新手続きに関するお話です。

 

免許更新のはがきがいつ来るか、

ハガキや印鑑を忘れた時の対応、

免許更新期間や失効までの期間について

説明していきます。

運転免許の更新ハガキが届かない場合

 

運転免許の更新ハガキは

更新年の誕生日前に届きます

 

更新手続きができる期間は

誕生日前後一ヶ月以内なので、

ハガキは誕生日一ヶ月前には

遅くとも到着しているはずです。

 

もしこの更新ハガキが届かない場合、

郵便トラブル以外には引越しをしたが

住所の変更を行っていないなどがあるようです

 

更新ハガキがなくても再発行する必要はありません。

ハガキが無い状態でも手続きできるからです。

 

免許更新時、運転免許センターや警察署の窓口で、

ハガキを紛失してしまったと伝えましょう。

 

違反状況などの確認などで

少し時間がかかる可能性はありますが、

それ以外ではハガキを持つ人と変わりなく

手続きを行えます。

 

もしハガキを忘れた状態で

家を出てしまったとしても、

きちんと手続きができますので、

心配せずに向かってください。

 

運転免許の有効期間にも注意しよう

 

運転免許の有効期間は

免許取得状況や違反状況により異なります。

 

新規免許取得後、つまり初の更新であれば、

免許を取得してから三年間が有効期間となります。

 

更新が二回目以降の場合、

過去の違反によって期間が変わります。

 

過去五年以内に三点以下の違反を一回行った、

または違反をしていないという場合には

五年間有効となります。

 

それ以上の違反がある場合、

有効期間は三年になります。

 

なお、無違反の場合でも免許更新時の年齢が

70歳なら四年、71歳以上なら

三年と期間が短くなります。

交通安全協会からのハガキを紛失したら失効しないうちにすること

 

上記の通り、交通安全協会からの

ハガキを紛失していても

免許更新の手続きを行うことができます

 

ただ免許更新のハガキが来ないと

更新年だったことに気付かず、

更新手続き期間である誕生日の

前後一ヶ月内に手続きができず

後から後悔してしまうことにもなりかねません。

 

手続き期限日から半年以内であれば

適性検査を受けるのみで

免許を更新することができます

 

半年から一年以内であれば

学科試験や実技試験の受験が必要で、

一年以上経ってしまうと

改めて免許を取得する必要があります。

 

ちなみにこれらのルールから

後でも免許の更新ができると

考えてしまうと危険です。

 

更新完了までは無免許状態です。

 

このタイミングで運転を行うと

無免許運転になってしまいます。

 

そのため必ず期限までに

手続きを行うようにしましょう。

 

手続き期間を過ぎても失効しない場合もある

 

それから期限後一年以上が

過ぎても失効しない場合があります。

 

それは入院などやむを得ない事情がある場合です。

 

この場合期限から三年以内であれば更新が可能です。

 

ただし、免許更新が可能な

状態になってから一ヶ月以内に

更新手続きを行わなければいけない点に注意です。

免許更新手続きの流れ ハガキや印鑑を忘れたら

 

ハガキを紛失していなくても

当日忘れてしまうことがあります。

 

ただ繰り返しになりますが、

ハガキが無くても手続きは可能です。

 

ハガキ以外だと免許証を忘れることがあり得ます。

 

免許証が無いと手続きができませんので、

必ず持っていくように気を付けましょう

 

ちなみに印鑑は更新手続きだけなら

無くても問題ありません。

 

例えば愛知県警のホームページに、

運転免許の更新に必要なものが

書かれているのですが、

その中に印鑑はありません。

 

あなたの県の県警の

公式ページを見て調べ、

あらかじめ知っておくのも重要です。

 

県外から引越しして

住所変更が終わっていない場合には

認め印が必要になる場所もあります。

 

この場合は住民票など

新住所がわかる書類も必要になります。

 

なお県警を出しましたが、例えば警視庁では

更新手続きの必要なものとして

印鑑は書かれていないところもあります。

 

免許に書かれている内容と

現在の状況に違いがあるのであれば、

印鑑を持って行った方が無難ですが、

もし忘れてしまったのなら

管轄の県警や運転免許センターの

ホームページを見て確認してみてください

 

それから免許更新手続きの流れですが、

受付窓口での手続き、視力検査、

運転講習の受講、

そして最後に免許を

受け取るというのが大筋になります。

 

なお運転免許センターではなく

警察で手続きを行う場合、

新免許証の交付が後日になる可能性があります。

 

その場合には旧免許証の期限が

二ヶ月延長され、新しい免許証が

届くまでは古い免許証を使うことになります。

 

最後に、休日の運転免許センターはものすごく混むので、

手続きにかなりの時間がかかってしまいます。

 

せっかく行ったにも関わらず

時間がおしてしまい手続きを

行うことができなかったとならないよう、

なるべく早い時間帯を利用する方が無難です。

 

それから運転免許証だけは

忘れないように気をつけましょう。

 

他のものについては忘れてもなんとかなりますが、

運転免許証がないと手続きを行うことができません。

 

まとめ

 

免許証の更新はハガキが無い状態でも

手続きが可能となります。

 

ハガキを紛失してしまったと

センターに伝えるだけで

普通に手続きができます。

 

印鑑が無くても更新手続きできる

場合もありますが、

住所変更など戸籍が変わった後などは

住民票といった書類と共に

必要になる場合もあるので

あらかじめ調べておきましょう。

 

注意したいのは更新手続きができる

期間内に行う事です。

入院等の特別例以外は

期間を過ぎてしまうと県によっては

再更新できなくなってしまう場合があります。

 

改めて免許を取得することに

なってしまいかねるので

更新期間はしっかりと守りましょう。

 

土日に更新しに行く場合は

物凄く混雑するので、

可能な場合は平日に行うのが良いです。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました