麦茶・むぎ茶の効能や効果は?美容やダイエットの補助になる?緑茶と比較

 

季節に関係なくよく飲まれるのが麦茶です。

 

そんな麦茶ですが美容や

ダイエットの補助になると話題です。

 

昔からあるお茶ですが

今その効能が改めて見直されています。

 

今回は麦茶のメリットや

デメリットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

麦茶はダイエット効果がある?美容に良い成分

 

麦茶にまつわる美容や

ダイエットの効果について検証します。

 

まず清涼飲料水やアルコールなどを除き、

水分をきちんと取ることは

健康にとってプラスになります。

 

むぎ茶で美容・健康・ダイエット効果が期待できる

 

緑茶やウーロン茶、

ジャスミン茶やプーアール茶にはない

むぎ茶ならではの健康や美容に良い

効果を紹介します。

 

ざっと並べるだけでも

  • 抗酸化作用
  • 免疫力向上
  • 血行改善
  • 虫歯予防
  • 神経を鎮めるリラックス効果
  • 減量・ダイエット

の働きをしてくれる、

生活の中で是非取り入れたい

飲料の一つなのです。

 

むぎ茶の持つ抗酸化作用

 

胸焼けの他にも

胃食道逆流症

(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)」の

症状を緩和してくれる麦茶。

 

自然な抗酸化作用と共に

お茶の中に含まれる

食物繊維がお腹の中にあるものの

消化を助けてくれるのです。

 

大麦の食物繊維は水溶性食物繊維で、

腸内で水に溶け、コレステロールや

糖質の吸収をやわらげます

 

むぎ茶を飲むことで身体の免疫力を高めよう

 

大麦に含まれる大量のビタミンCが

血中の白血球の量を増やし、

一般の風邪など体調の不調を

予防・改善してくれます。

 

また身体の細胞が突然死滅してしまう

現象を防ぐ成分も入っているので、

早期老化や細胞の突然変異である

癌予防に対しても効果があることが

研究で証明されています。

 

また麦茶にはケルセチンという

ポリフェノールの一種があり、

一般のポリフェノールの様に

抗酸化作用があるので

細胞の老化に効果的です。

 

血行促進効果があり、筋肉に活力を与え緊張をほぐす!

 

血液の流れが良くなると

身体の隅々にまで温かい血が

めぐるようになり、

冷え性が緩和されるだけでなく

筋肉へも血が行くことで

新陳代謝を上げる事ができます。

 

新陳代謝は筋肉が活性であればあるほど

高まるので、太ももやお尻など

体積が大きい筋肉の血行が改善されれば

それだけエネルギーを使うようになります。

 

筋肉が活発になりエネルギーを

使うようになるとカロリーが

より消費されるようになり、

ダイエット効果に繋がるのです。

 

「血行を良くすることがダイエットに?」と

接点が見えづらいですが、

むぎ茶ならではの効果なので

減量したい人は

是非進んで飲むようにしましょう。

 

虫歯予防に効果的!プラークを付着させずエナメルを守ってくれる

前述したように、むぎ茶には

自然な抗酸化作用とポリフェノールが

含まれており、それがオーラルケアにも

効果を見ることができます。

 

とくにプラークから歯の

エナメル質を守ることで健康的な

歯を保つことができます。

 

むぎ茶の持つ癒着防止特性が

プラークやバクテリアが歯の表面に

くっつくことを防ぎ、

歯だけではなく口内の健康に

良いことが証明された実験があります。

 

一つ気を付けたいのは、

このオーラルケア効果は

焙煎された大麦にのみみられる

ものだったので、むぎ茶を

作る時はティーバックの詳細を

チェックするようにしましょう。

 

むぎ茶を飲んで神経を鎮め、リラックスしよう

 

体内の不要物を

外に出しやすくし(デトックス)

体温を正常に保ちやすくする

ことで体調を良くします。

 

体調が良くなれば美容や

ダイエットにプラスに働きます。

 

普通の水でも同じことが言えますが、

麦茶と水を比べた時、

飲みやすさが異なります。

 

もちろん水の方が好きな人もいますし、

好き嫌いは人それぞれですが、

麦茶はそれ単体で飲んでも

美味しく感じられますし、

いろいろな食事にもよく合います。

 

また同じく人気の高い

お茶である緑茶と比べて

カフェインがないことも

メリットとして考えられます。

 

恐らくこれが緑茶との最大の

違いでしょう。

 

カフェインには覚醒作用があり

有効活用することもできますが、

妊娠している人や

睡眠に問題がある人など、

カフェインをとりたくない

人は大勢います。

 

誰でも問題なく飲める点は

優れたメリットと言えるでしょう。

 

むぎ茶の持つダイエット効果!食前に飲めば満腹感を得られる

 

食物繊維が麦茶に

含まれていることから、

腸内環境を整え、食べたものの消化を

補助してくれます。

 

またダイエットに

むぎ茶を取り入れたい場合は

食前30分前にコップ1杯を

飲んでおくと過剰に

食べることがなくなる人が多いです。

スポンサーリンク


 

さらに満腹感が続きやすいこと、

血糖値を急上昇させないこと

減量やダイエットに大きく貢献します。

 

ミネラルを手軽に摂取したいならむぎ茶が最も手軽

 

麦茶はミネラル分を

手軽に補給できることも

メリットとしてあげられます。

 

水道水と比べミネラル分が多いので、

水だけを飲むよりも体のミネラル分が

減少することを防ぐことができるのです。

 

水分やミネラル成分を

十分に取れていれば、肌にも良いので

美容にも良いと考えられます。

 

ミネラルは熱中症対策や

夏バテにも有効なので、

自然と「熱い季節=むぎ茶」という

習慣が生まれたとも考えられます。

(もちろん、冬場に温かい

むぎ茶を飲んでも健康や美容に

非常に良いのは変わりません)

 

以上のことから麦茶は美容の

補助になると言えます。

血行を改善する効果もあり!身体を冷やさない点もダイエットに有効

 

ダイエットといえば、

むぎ茶には玉ねぎのように

血液をサラサラにしてくれる

効果も持ちます。

 

すなわち、血行改善。

 

上記でも触れましたが

血液の循環を活性化させることで

体全体の基礎代謝を

上げることができます。

 

知っている人も多いですが、

基礎代謝は「運動をしてなくても

消費するカロリー」に繋がるので、

温かい血液がまんべんなく

身体に流れることで太りにくく

痩せやすい身体を手に入れることが

できます。

 

手軽なダイエットの一歩として

日常の飲むものを水や炭酸水から

むぎ茶に変えてみましょう。

麦茶のデメリットは?ミネラルは入っている?喉に悪いのは本当?

 

次に麦茶のデメリットについて調べてみました。

 

麦茶をとりすぎた場合の症状として、

むくみや下痢などが

紹介されているのですが、

これらの症状は水を

飲みすぎても起こりえます。

 

つまり麦茶のデメリットではなく

水分全般のデメリットです。

 

それから麦茶には

ミネラルが含まれており、

飲み過ぎるとミネラルの

とりすぎによる副作用を

心配する意見がいくらか見られました。

 

しかし麦茶に含まれる

ミネラルは身体に害になるほど

含まれていないので、

何十杯と麦茶を飲んでも

とりすぎにはなりません

 

また麦茶が喉に悪いという噂を

耳にしたことがありますが、

こちらに関しても麦茶が喉に悪い

成分を含んでいることはなく、

何か別の事で喉に不調を感じることになり、

それを麦茶のせいに

しているのではないかと予想します。

 

麦茶が特に飲まれるのは夏であり、

夏だと冷たい方が好ましく、

キンキンに冷やした

麦茶を大量に飲んだことにより、

喉や体に不調を感じるように

なることも考えられます。

水以外で唯一服薬・薬を飲むことができる飲料

 

むぎ茶の特性から、

内科の医師の間では

「水かぬるま湯が無い時は

麦茶で薬を飲んでも大丈夫」と

言われているほど

お腹や身体にやさしい成分で

できているのです。

 

ご存じの通り薬は

コーヒーやジュース、ましてや

お酒と一緒に飲むことはできなく、

緑茶でも成分が強すぎるために

薬を飲むときの飲料としては

推奨されていません。

 

そう考えると

水や味のない水分を飲むのが苦手な

人にとってはむぎ茶はぜひ

いつでも飲めるように手元に

置いておきたいものとなります。

 

カテキンやカリウムは健康にいいの?利尿作用でトイレが近くなる?

 

まず麦茶の成分に

カテキンは含まれていません

 

カテキンは玉露茶に多く含まれており、

お茶全般に含まれているという

認識の人が少なくありませんが、

麦茶にカテキンは全く入っていないのです。

 

次にミネラル分として

麦茶に含まれているカリウムについてです。

 

カリウムには細胞内にある水分を保持し、

腎臓でナトリウムが

再度吸収されるのを防ぎ、

おしっことしてナトリウムを

排出するように働くため、

血圧を下げることが期待できます

 

なおこの役割は利尿作用でもあるため

トイレが近くなります

 

糖尿病や高血圧、腎臓に良い効果がある?

 

麦茶は糖尿病や高血圧や

腎臓に良いという噂があります。

 

まず前の章にも書いた通り、

麦茶に含まれるカリウムは

ナトリウムを排出しやすくする

働きがあるため

血圧を下げる効果があると言えます。

 

また純粋に水分を多く取ることでも、

体内のナトリウムを

体外に排出しやすくなるため、

麦茶を飲むことで

同じく血圧を下げると考えられます。

 

これらのことから麦茶を飲むことは、

高血圧の症状に悩む人へ

プラスに働くと言えるでしょう。

 

次に糖尿病の人に対する麦茶の効果ですが、

こちらは麦茶を飲んだからこその

効果ではありませんが、

麦茶を飲むことで砂糖を多く含む

清涼飲料水を飲む頻度が下がり、

その結果として糖尿病を悪化させる可能性を

下げられるのです。

 

最後に腎臓に関する麦茶の効果についてです。

 

腎不全で水分量の制限を

受けていない場合は、

水分をしっかりと取ることで

ナトリウムを排出しやすくなります

 

こちらも麦茶特有の効果ではなく、

清涼飲料水などを除いた

飲み物全般に共通する効果となります。

 

それからカリウム制限を受けている場合は、

麦茶500mlに50~60mgの

カリウムが含まれているので、

その他の食事内容を併せて

摂取可能量を計算してください。

 

まとめ

 

麦茶はデトックス効果や

カフェインが無く飲みやすい事、

また食物繊維が入っている特徴から

美容効果のある飲み物と言えます。

 

季節問わず好まれる飲み物ですが、

清涼飲料水の代わりに摂取することにより

糖尿病や高血圧の値を改善

する事も可能です。

 

さらに麦茶にはカリウムが含まれており

血圧に対して良い効果をもたらしてくれます。

 

カリウムは水分を保持する働きを持ち、

体内のナトリウムを排出させるため、

利尿作用も持ち合わせます。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました