縮んだニット帽、セーターや服を元に戻す方法は?クリーニングに出す前に復活させる

 

「ニット帽やセーターなどの

服を洗濯したら縮んでしまった」

そういう経験は誰にでもあることでしょう。

 

縮んだまま無理やり着る人も

少なくないでしょうし、

どうしても復活させたいなら

クリーニングに出して、

元に戻そうと考えるのが

一般的ではないでしょうか?

 

実は自宅で簡単に戻す方法が存在します!

 

この記事では縮みの原因や

元に戻す方法を紹介していきます。

 

「原因はどうでもいいから

復活方法を教えて!」という人は

1章を飛ばして、2章からお読みください。

スポンサーリンク

乾燥機に入れてしまうと一気に縮んでしまうニットやウール製品

 

 

梅雨の時期などに重宝される

コインランドリーの乾燥機。

とても便利なのですが、

服によっては熱に弱く、乾燥機のせいで

縮んでしまうものもあります。

 

ニットやウール製品は

熱に弱いので自然乾燥するべきです。

 

ちなみにニットは素材ではなく

加工方法の呼び方なので、

厳密にはニットによく使われる素材の

レーヨンやナイロン、それからポリウレタンが

乾燥によって縮みやすいということです。

 

自然素材である綿、絹、毛を

含むものとポリウレタンは熱に弱いので

自然乾燥させるべきと覚えてください

 

逆に熱に強いのはポリエステル

化学繊維100%のものは自然素材のものに比べて

乾燥機を使っても縮みにくいのです。

ただし似た名前のポリウレタンは乾燥機NGです!

 

それから、ウールは乾燥機の熱に

弱いだけでなく、

洗濯機での水洗いにも弱いので注意です。

 

ウールの繊維は髪の毛のような構造をしていて、

水をつけるとキューティクルが

剥がれたような状態になります。

ダメージヘアの拡大画像を思い浮かべてください。

 

この状態でウールの繊維同士をこすり合わせると

繊維がお互いに絡み合って、くっついてしまいます。

 

さらに水分が蒸発し乾いた後は、

キューティクルが剥がれたような

状態から元に戻るので、

繊維同士の絡み合いがより強くなってしまいます。

 

乾燥機を使っていないのに

縮んでしまったという場合には、

こちらの原因を疑ってみてください。

 

 

ウールだけでなくドライクリーニングの

洗濯表示があるものは洗濯機で洗うのではなく

漬け洗いや押し洗いをしてください

 

この時に衣類を

こすり合わせないように注意しましょう。

 

手洗いが終わったら、

すすいで水を切り自然乾燥させます。

 

水の切り方については

雑巾を絞るようにではなく、

服を広げた状態でグッグッと

水を外に押し出すようにします。

 

オシャレ着を洗う時には

漬け置き洗いに自然乾燥と覚えておけば

洗濯をする時に洗濯機や乾燥機を

使っていいのか迷いません。

 

漬け置き洗いに使う洗剤は

オキシクリーンなどの

酸素系漂白剤をオススメします。

 

ちなみにオキシクリーンには

英語表記のものと日本語表記のものがあり、

それぞれに違いがあるので注意です。

 

英語表記のものは界面活性剤が入っていますが、

日本語が使われているものは

界面活性剤が入っていないので、

より衣類にダメージを与えにくくなります。

 

 

 

クリーニングに出さなくても家にあるもので直せる!

 

縮んでしまったニット製品を

クリーニングに出す前に

ぜひ家にあるもので

直す方法を試してみてください。

 

元に戻す方法は素材によって異なります。

戻し方はウールなどの

毛素材とそれ以外のもので分けられます。

 

まずはウール以外の復活方法を紹介します。

 

服を広げてアイロンの

スチームを当ててください。

 

この時、服を広げるように

強く引っ張らないようにしましょう。

弱い力で引っ張りながら

徐々に広げていくというイメージです。

 

アイロンは衣類に

押し付けないようにすることも重要です。

 

スチームを衣類に当てたいだけなので、

必ず隙間をあけた状態で

使うようにしてください。

 

アイロンの熱によって

ダメージが増える可能性があります

 

衣類の形やサイズにもよりますが

数十分かかる作業です。

 

途中でやめるとアイロンの

温め直しなどの時間が

余計にかかってしまうので

十分な時間を確保しておいてください。

 

アイロンを固定する器具があれば

放置できないかと考えましたが、

万が一倒れでもしたら

最悪火事になってしまうので諦めました。

 

立てて使えるアイロンスチーマーもあるようですが、

わざわざ縮みを直すために

お金を出すのであれば、

クリーニングに出した方が

手間もかからず良いと考えます。

 

 

シリコンが入った柔軟剤を使うのも有効 丈を元に戻そう

 

ウールなど毛素材の衣類が

縮んでしまった場合には、

シリコンが入った柔軟剤を使ってください。

 

浴槽や風呂桶などに柔軟剤と水を入れ、

そこに縮んだ衣類を入れて

30分くらい放置してください。

 

衣類の丈を元に戻すよう

外側に引っ張って形を整えたら、

自然乾燥によって衣類が乾くのを待ちましょう。

 

1章でも説明しましたが

ウールの繊維は水につけると

繊維同士で絡みやすくなるため

柔軟剤のシリコンによって

繊維の絡みがほぐされ、元に戻るのです。

 

ちなみに柔軟剤以外では

ジメチコンという成分が入った

ヘアトリートメントにも

同様の効果が期待できます。

 

 

まとめ

 

冬場に活躍するニットやウールで

出来たオシャレ着は、

熱に弱いので自宅で普段と

同じように洗濯し乾燥機にかけると

縮んでしまう可能性が高いです。

 

自然素材の綿、絹、毛、

ポリウレタンは服のつくりによっては

押し洗いした後、

必ず自然乾燥させるようにしましょう。

 

とくにウールは乾燥機だけでなく

水自体にも弱いので

洗う時は注意が必要です。

 

もし手持ちの服が縮んでしまったら

アイロンを直接衣類に当てないように

少しずつ伸ばしていくように

乾燥させてあげると元に戻ります。

 

またシリコンが入った柔軟剤も

縮んでしまった衣類の繊維を

ときほぐしてくれるので、

湯船にお湯とこれらの柔軟剤を入れ

30分程浸け洗いしてから

自然乾燥してみましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました