カレーを冷蔵庫で何日保存できる?いつまで持つかは保存方法次第!菌の繁殖に注意

 

カレーは寝かせると

うまいとよく聞きますが、

実はカレーは保存方法を

間違えるとすぐに腐ってしまいます。

 

定期的に沸騰させれば大丈夫とか、

冷蔵庫に入れれば大丈夫とか、

間違った認識が広まっており

非常に危ない知識や思い込みが

広まっています。

 

この記事ではカレーの保存方法に

関する誤解や正しい方法、

そして繁殖しやすいカビ

やウェルシュ菌について説明します。

 

カレーを鍋のまま冷蔵庫で保存させるのは危険!熱いままもダメ

 

カレーを冷蔵庫に

保存できる日数は意外と短く、

2、3日経つと悪くなってしまいます

 

常温での保存となるとさらに短く

1日程度しかもちません。

 

この期限は定期的に

沸騰させていても変わりません

 

仮に弱火で煮続け

熱いままにしていてもダメです。

すぐに食べない場合は

常温保存するべきではありません

 

冷蔵保存する場合の注意点としては

カレーを冷蔵庫に入れる時、

他の容器に移してから入れるのと、

鍋ごと入れるので

2パターンの選択肢があります。

 

鍋ごと入れるのが

楽ではありますが、

鍋が熱いままだと

冷蔵庫に入れていた食材を温めてしまい、

腐らせてしまう危険性があります

 

また冷めていても

加熱から時間が長く経っているなら

その分の時間は

常温保存になっていたわけで、

冷蔵保存可能な2、3日ですが、

それよりも短くなります

 

なので少しでも早く温度を下げるために、

鍋を冷水につけるなどの

一手間が必要になります。

 

どうせ手間をかけるなら、

さらにもう一工夫しましょう。

 

別の容器に小分けすることで、

熱が逃げやすくなります

 

それにより鍋で置いておくよりも

早く冷ますことができます。

 

同じ一手間をかけるのであれば、

別の容器に移した方が

カレーを腐りにくくさせられる分

オススメの方法となります。

冷蔵庫のカレーに白い泡や濁り?カビの可能性大!ウェルシュ菌に注意

 

カレーが腐ったかどうかの

判断はにおいと見た目で行いますが、

特にわかりやすいのは

カビが生えている時です。

 

冷蔵庫に入れておいたカレーの表面に

白い泡や濁りがあったら

カビの可能性大です。

 

冷蔵庫は温度が低く

カビができなさそうですが、

実は冷蔵庫内でカビが

繁殖することは珍しくありません。

 

カビが繁殖しやすい環境は

常温で湿度が高いところです。

 

冷蔵庫は低温で乾燥しているから

真逆の環境に思えます。

 

しかし実際のところカビは

一桁の温度でも生きられます

なので冷蔵庫の温度でも

いなくなることはありません。

 

それから冷蔵庫内は

閉めっぱなしにしておけば

低い湿度を維持することができますが、

フタの開け閉めを行うことで

外気が冷蔵庫に入り、暖かい空気が

冷やされて水蒸気に変わります

 

その結果、湿度が上がってしまうのです。

 

これらの理由から

冷蔵庫にカレーを入れる時は、

必ず密封した状態で

入れるようにしてください。

 

次にカビであれば

見た目で判断しやすいのですが、

目に見えない菌が

繁殖することがあります。

 

カレーの場合、

発生しやすいのが「ウェルシュ菌」です。

 

ウェルシュ菌は肉、野菜、

魚についており、酸素を必要とせず、

45度前後がもっとも繁殖しやすく、

10度〜50度でも繁殖できるという特徴から、

カレーやシチューなどの

煮込み料理の常温保存は

ウェルシュ菌の繁殖が起こりやすい

保存方法となります。

 

ウェルシュ菌が分裂を繰り返し

芽胞(がほう)を作ると、

下痢や腹痛を引き起こす原因となります。

 

この芽胞を作らせないように

10度〜50度の時間を

できるだけ短くする必要があります

 

作り終えたカレーは

できるだけ早く保存容器に小分けし、

底を冷静につけるなどして

急速に温度を下げるようにしましょう。

 

 

カレーは冷凍保存が一番!冷凍方法と保存期間、解凍方法はこうする

 

カレーの冷蔵保存は

2、3日程度しかもたず、

常温保存をすると

菌やカビが繁殖する可能性があるため、

カレーを保存するなら冷凍保存が一番です。

 

オススメの冷凍方法を紹介します。

 

まず保存容器を用意します。

カレーを素早く

冷ましたいので鍋ごとではなく、

なるべく小分けできるよう

小さめの容器を複数準備してください。

 

夏場など気温が高い場合には冷めにくいので、

カレーを入れた容器の底を冷水につけるなど、

少しでも早く冷凍庫に入れられるよう

冷やす工夫をしましょう

 

十分に温度が下がったら

冷凍庫に入れてください。

 

保存期間は1ヶ月程度ですが

じゃがいもなど

痛みやすい具材を使った場合は、

もっと少なく見積もる必要があります。

 

リスクを避けたいのであれば

2週間ほどがオススメです。

 

解凍する際にも注意が必要です。

 

電子レンジで解凍すれば良いのですが、

カレーは中心部分にまで

電子レンジの熱が通りにくいので、

どうしても解凍ムラができてしまい

温め直しが必要になります

 

そこでオススメしたい解凍方法が

湯煎(ゆせん)になります。

 

湯煎であれば容器全体へ

均一に熱を入れやすいからです。

 

また電子レンジを使う前に自然解凍をし、

熱が全体に伝わりやすくする

方法も考えられます。

 

ただしその場合には放置しすぎないよう

アラームを使うなどして、

頻繁に状態を確認し

長時間放置しないように気をつけましょう。

 

 

まとめ

 

カレーは思っているほど

日持ちしなく、じゃがいもなど

傷みやすい具が入っていると

ウェルシュ菌が増殖して

腐ってしまいます。

 

小分けにして冷蔵庫に

入れても2,3日で食べきる

ようにするのがベストです。

 

鍋のまま冷蔵庫に入れると

中心部分が冷えにくくなるので、

一旦覚ました後に

別の容器に入れなおすと良いでしょう。

 

冷蔵すると1週間は

持ってくれます。

 

作った時より時間が経つほど

味は不味くなってしまいますが、

冷凍した場合は一度

湯銭してから温めると

少しは美味しく食べれます。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました