寸志の書き方は?名前、金額、封筒他忘年会や歓迎会での渡し方とタイミングを紹介

『君ぃ!上司に寸志とは

どういう事かね!?』

 

『先輩、部下には

御礼とは書きませんよ。』

 

なんてビジネスシーンや

社交場で恥をかいたり、

評価を落としてしまう

のは本当にもったいないですよね。

 

この記事はそんな社会のお金の

マナーを一つ紹介していきます。

 

覚えておけばもしもの時に

出来る奴だ!という好印象を

相手に与える事が出来るはず!

 

『寸志』という言葉に

聞き慣れない方も多いのでは

ないでしょうか?

 

特に若者世代ではほとんど

使われない言葉かもしれませんね。

 

寸志とは心ばかりの贈り物

という意味があります。

 

『心ばかり』というと抽象的で、

実際の金額はどれぐらい?という

疑問が出ますね。

 

実際は¥1000~¥10000がほとんどで、

シーンや立場によって変動があります。

 

そんな寸志の小さな疑問を解決していきましょう。

 

スポンサーリンク

寸志の書き方の見本 封筒の裏にはなんて書けばいい?連名の場合は?

 

まず濃い筆ペンか、サインペンを

用意しましょう。

 

お祝いの席や喜ばしい席では

必ず濃い色で書きます。

 

逆に周忌や葬儀などで渡す

物は薄い色で書きます。

 

寸志は前者ですので、濃い色を選びましょう

 

表面

『寸志』と記入するのは封筒の中央上部です。

 

目上の方に渡す際は

『御礼』『御挨拶』『謝儀』などと

記入しましょう。

 

名前は中央下部になります。

 

会社名などを記入する際には名前の右側に

名前よりもやや小さめに書きましょう。

 

裏面

 

中央を少し外したところに名前、

住所を記入します。

 

封筒によっては記入する欄が

用意されている事がありますが、

ない場合は左下で構いません。

 

金額の記入については、

お返しを頂かない事が

前提であるので記載する必要はありません。

 

中袋がある場合

 

中袋がある場合には封筒には書かず、

中袋の裏面に名前と住所を記入します。

 

こちらも金額の記載は必要ありません。

 

連名の場合

 

連名の場合は表面の中央下部に

役職などが上位の方を右から順に

記載していきます。

 

ここを間違うと

失礼にあたるので要チェックです!

これで少し出来る奴!

封筒はコンビニや100均で買ったもので大丈夫?金額の平均と入れ方・お札の向き

 

『100均なんて失礼だ!』と

思われる方はぜひ文具店などで相応の

封筒を準備しましょう。

 

用途や入れる金額によって

封筒のサイズや熨斗が変わってきますので、

店員さんに『寸志にあう封筒』を聞くのが

間違いないでしょう。

 

しかし今の100均には

スポンサーリンク

豊富に種類がありますし、

シンプルな白封筒でも大丈夫です!

 

だって心ばかりという控えめな

気持ちで差し上げるものなのに

豪華な封筒は不釣り合いですから。

 

金額の相場

 

歓送迎会・送別会…会費が¥5000の場合は¥8000~¥10000

会費よりも多めになるように包みます

※末広がりの8を使うのもいいでしょう

 

結婚式…スタッフに心づけとして渡す場合は¥3000~¥10000

※どれだけお世話になるかで変動して構いません

 

引っ越しや旅行…仲井さんや運転手などに渡す場合は¥3000~¥5000

が相場になってきます。

引っ越しのドライバーには一人につき¥1000程度

 

海外のチップにも似た慣習ですが、

相手への心遣いと感謝を表した

日本人の美徳ですね。

 

感謝の言葉を必ず添えましょう。

 

お金の入れ方

 

可能であれば新札を用意します。

出来る奴度がアップ!

 

※ピン札と新札は違います!ピン札とは折り目のないお札で

新札は未使用のお札です。銀行で両替してくれます。

 

肖像画が表に来るように入れましょう

 

お札が複数になる場合は

全て人物像が右手側に来るように

揃えるのが基本マナーとなります。

 

これで寸志の準備はばっちり!

出来る奴度は80%!

しかし、最後に渡す際に失礼があっては

今までの苦労も水の泡。

 

渡し方のチェックをしましょう。

忘年会、歓迎会、仏事などシーン別寸志の渡し方

 

歓送迎会などの際は始まる前に

幹事へ直接渡します。

 

社風によって違うようで、

前日に渡すケースもありますので、

可能であれば近しい同僚に

伺いを立てておけば

間違いはなさそうです。

 

渡すタイミングは一般的には始まる前です。

 

会の最中や会が終わって挨拶をしている時

などに渡されても

幹事さんも困ってしまいますからね。

 

仏事では、運転手や火葬場の係員、

葬儀に携わった方に寸志を渡す際には

式が終わった際に渡すのが一般。

 

但しタイミングが難しいので、

これに関しては個人のタイミングに

よるところが大きいです。

 

あまり人目につかないところで渡しましょう。

 

斎場によってはまとめて

預かってくれることもあるそうです。

 

まとめ

 

寸志は心ばかりの気持ちという意味で、

金額は会費より少しばかり高い値段を

シワの無いピン札で、そして

お札の向きを一緒にして封筒に入れます。

 

封筒は100均で売られているものでも

充分役をこなしてくれますが、

仏事など特殊な場合もあるので

文具店のスタッフの人に聞くのが

最も確実となります。

 

渡すタイミングは一般的には

歓迎会や忘年会などでは、

開始直後が多く、

渡す側の人々は事前に幹事さんに

預かってもらうパターンも多いです。

 

逆に仏事では人目につかないように

ひっそりと相手に手渡すようにしましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました