巻き爪や陥入爪の症状!痛い時は皮膚科へ急ごう

足の爪の切り方一つで

巻き爪になってしまうのを知っていますか?

 

巻き爪だけでなく、爪の周りの柔らかい皮膚に食い込んでいってしまう

陥入爪(かんにゅうそう)も引き起こしてしまうのです。

 

人は足を日常的に使いますが

そのありがたみをかみしめることなく、

痛みなどの症状が出て初めて足の重要さを

再認識する傾向にあります。

 

それほど普段私達は両足へのケアを怠り、

他の身体の個所のどこよりも軽視してしまいます。

 

何かが起こってから初めて足の大切さを知る人が多いです。

 

この記事では足の親指の爪に起こりやすい

巻き爪とその症状、痛みの緩和方法をご紹介します。

 

PICK UP

▼巻き爪、深爪、二枚爪や弱い爪のトラブルや改善法▼

弱い, 薄い, 脆い爪を厚くする!二枚爪でもジェルネイルを楽しめるネイルケア

 

スポンサーリンク


巻き爪の原因となる爪の切り方

 

ペディキュアや普通に足の爪を切る時に

実は多くの人が間違ったやり方をしていると多くの皮膚科医は言います。

 

 

間違った切り方をすると陥入爪(かんにゅうそう)と呼ばれる

周辺の柔らかい内部組織に食い込んでしまう爪の形成を促してしまい、

歩くたびに痛みが症状としてあらわれます。

 

そのまま皮膚科に行かずに放っておくと

炎症二次感染肉芽形成など症状がひどくなり、

それにつれて痛みが増していきます。

 

陥入爪と巻き爪との一番の違いは、

前者は爪の端が丸まっていないことです。

 

 

巻き爪や陥入爪を予防するのに最も良い方法は

爪を切る時に鋭い角を絶対に残さないこと

 

足の爪を平たく切った後は、

両端を爪切りについているやすりで丸めるのを

忘れないようにしましょう

 

爪を切る長さとしては、

指の先っぽよりも1,2ミリ長い状態にするのが理想です。

 

爪の白い部分が無くなるほど切ってしまったり、

これ以上爪と指がくっついている個所に近いところで切ってしまうのは

深爪となります。

 

 

一旦深爪になってしまうと多くの人がその切り方が癖になり、

爪も正しい伸び方をしなくなってしまいます。

 

女性は特にそうですが、手の爪は正しく切れるものの

足の爪は切りすぎてしまう場合が多いです。

 

 

かといって足の爪を伸ばし過ぎにしてしまうと

爪を通して足に負荷がかかり、

また靴下の先端が破けやすくなってしまいます。

 

 

巻き爪や陥入爪で痛い時の緩和方法

 

深爪や巻き爪になってしまい、

陥入爪で爪が皮膚に食い込んで痛みを覚えたら

痛みを緩和することが必要となります。

スポンサーリンク



 

そのまま放っておくと歩くのも負担になり、

日常生活に支障が出てしまうからです。

 

 

塩を入れたお湯のフットバスで痛みを緩和して清潔にする

 

これは海外で最も知られている方法ですが、

お湯に塩を混ぜて毎日足を浸けることで

痛みを和らげることができます。

 

やり方は至って簡単。

 

 

お湯に適度な両の塩を混ぜて、

15分間のフットバスを1日2回行います

 

 

これを1週間程続けることにより

巻き爪や陥入爪による痛みがかなり緩和されます。

 

また塩のフットバスをすることにより

爪と皮膚両方を柔らかくし、

お互いを傷めあっている状態をおさえることができます。

 

 

フットバスが終わり、足を綺麗なタオルで乾かした後に

抗生物質の入ったクリームを巻き爪や陥入爪、

その周りに塗ることで

そのエリアの感染を防ぎ清潔に保つことができます。

 

 

コットンボールで陥入爪を改善

 

もしこの方法でも爪が食い込んで痛みが続く場合は

コットンを少量ちぎりボール状に丸めます。

 

コットンは清潔で未使用のものを使う事が重要です。

 

爪の両端と皮膚の間にその小さなコットンボールを

差し込みましょう。

 

これにより皮膚から爪を浮かすことができ、

爪がその時の状態以上に皮膚に食い込むのを阻止することができます。

 

皮膚科で巻づめの再発防止や手術費用

 

痛みが治まらなく、

日常に支障をきたす場合は皮膚科に行って

皮膚の中に食い込んでしまった爪を切ってもらいましょう。

 

症状が酷ければ局部麻酔を使う場合があります。

 

施術後は2,3日は運動や長時間の歩行は避けましょう。

 

保険が適応する場合が殆どなので、

3割負担で8,000円前後がおおよその費用となります。

 

しかし中には保険適応が無い場所もあるので、

お近くの皮膚科にまずは電話で相談するのが良いでしょう。

 

普段の爪切りで使う道具

 

普通のクリップ式爪切りよりも

ペンチのような形をしたハサミ型のものを使うと

自分の切りたい箇所が目に見えるので

正確に切ることができます。

 

何処を切っているか目で見ることができるので

2枚爪になっている小指など細かい爪も切ることが可能です。

 

ただ普通の爪切りと違いやすりがついていないので

別で購入して道具を揃えておきましょう。

 

まとめ

 

巻き爪や陥入爪は足の指を間違った切り方、

特に深爪や切った後の爪の両端をやすりにかけて

丸くしないと起こります。

 

手の爪は正しく切れているのに

足の爪は深爪してしまう人が多いので

一度自分が普段している切り方を振り返ってみましょう。

 

巻き爪や陥入爪で痛みがある場合は

塩を入れたお湯のフットバスを15分間、

1日2回一週間程行うと痛みが緩和してきます。

 

巻き爪の症状がひどい場合は

皮膚科に行きましょう。

 

手術代は保険適応した場合8,000円前後になります。

 

保険適応外の皮膚科もあるので

実際に行く前に電話で問い合わせしてみましょう。

 

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました