ジェルボール洗剤の使い方!コスパの良し悪し

 

ジェルボール洗剤はみなさん使っていますか?

 

洗濯機用の洗剤で、スライムみたいな見た目の洗剤です。

テレビCMでもよく流れていますよね。

 

この記事ではそのジェルボール洗剤の使い方や

従来の粉末や液体のものと比べた

コスパ(コストパフォーマンス)についてまとめてみたので、

ジェルボール洗剤が気になっている方は

是非チェックしてみてください。

 

スポンサーリンク


ジェルボールの洗濯器での使い方

 

ジェルボール洗剤の使い方は簡単で、

洗う服といっしょに洗濯機の中に入れるだけです。

 

時短で手や容器を汚さない、正に理想の形状です!

 

粉末のものや液体のものだと量を測ってから入れますが、

この時こぼしたり、手や服、洗剤の容器についたりすることがよくあります。

 

しかしジェルボール洗剤なら手でそのままフィルムの端っこを持って、

ポイっと入れるだけなので、手は汚れません

 

洗剤って、こぼしてしまうと、ふたや容器が

ずっとベタベタしてしまい、気分があまり良くないですよね。

 

この時手が乾いている状態で使うようにしましょう

少しでも湿り気があるとジェルボールの

パックが溶けだして手がべたついてしまいます。

 

 

さらにわざわざ測る手間が無く、容器のふたはジップロックと

同じような作りで簡単に開くものですから時短にもなります。

 

たかが1分、2分の時短かもしれませんが、

毎日のことですから、バカにはできません。

 

家事のストレスも減らすことができます。

 

 

ジェルボール洗剤やポッドと液状の洗剤の違い

 

ちなみにフィルムの中に入っている洗剤は

液体洗剤と洗浄力は変わらないようで、

同じ分量で比べるとアリエールなどの液体洗剤の方が安くなります

 

実際に近くの薬局で同じブランドのもので比べました。

 

ただ、1本の分量が多い液体洗剤と比べて、

小さいジェルボールの方が

洗浄成分の濃度が均一になりやすいので、

洗い上がりのキレイさが

日によって変わることが

少なくなるというメリットがあります。

スポンサーリンク



 

気になるコスパですが、全く同じ分量で比べてみると、

洗剤は粉末⇒液体⇒ジェルボールの順に、

コスパが高いと言えます!

 

もう一つの点は

さらに粉末洗剤や液体洗剤のように

使う量の調整ができないため、

洗濯物の量が毎回違うなら、

さらにコスパは低くなります

 

なお、ジェルボール洗剤のひとつにボールドという

商品があるのですが、

こちらには柔軟剤が入っています

 

なので柔軟剤を入れる前提であれば、

ジェルボール洗剤のコスパが高くなります。

 

また前述した通り、手間とか時間に関しては、

コスパの逆で、ジェルボールが

一番簡単で早くて楽です。

 

ジェルボール洗剤やポッドを使う時に注意すること

 

たいへん便利なジェルボール洗剤ですが、

気をつけないといけないことがあります。

 

それは子供が口に入れないように注意する、ということです。

 

いいニオイがして見た目もゼリーっぽいので

子供からすると、食べものと勘違いして、

食べてしまうかもしれない、ということです。

 

海外では「ジェルボールチャレンジ」と呼ばれる

ジェルボール洗剤をいかに美味しそうに食べれるかという

危険な動画が一時期流行りましたが、

絶対に真似しないようにしましょう。

 

 

ジェルボール洗剤を出しているP&Gのホームページにも

口に入れないように目立つように書かれていますので、

この事態が起こってしまう可能性は思ったよりも高いと言えます。

 

小さな子供が踏み台を使っても届かない、

高いところや気付かれにくいところに置いて彼らの健康を守りましょう。

 

 

 

ジェルボール洗剤の種類と口コミ

 

ジェルボール洗剤は現在、「ジェルボール3D」という名前で、

P&Gから「アリエール」と「ボールド」の2種類が販売されています。

 

 

この2つの大きな違いは

ボールドの方には柔軟剤が入っていることです。

アリエールは洗剤だけとなります。

 

柔軟剤を入れない、または、お気に入りの柔軟剤が別にある、

ということであればアリエールを、

柔軟剤がいっしょの方がいいならボールドを選ぶのが良いでしょう。

 

 

またアリエールには「リビングドライジェルボール3D」、

パワージェルボール3D」、「ジェルボール3Dプラチナスポーツ」の3種類があり、

後に書いたものほど、消臭力が強化されているようです。

 

ただし口コミで、プラチナスポーツは洗剤自体のニオイがきつい、

というものが少なくありませんでした。

 

強いニオイが嫌いという方は、パワージェルボールや

リビングドライジェルボールにした方が良いでしょう。

 

ちなみにニオイに関する口コミについてですが、

ジェルボール洗剤は、量の調節ができないので、

もしかしたら、洗濯物の量が少なかったから、

ニオイがきつくなってしまう可能性も考えられます

 

洗浄力についての口コミは、満足しているという人が多く、

粉末のものや液体のものに比べて不満に思っている人は少ないです。

 

フィルムの中に入っているのは、

同じブランドの液体洗剤とまったく同様なので、

洗浄力が大きく変わる、というのは考えにくいです。

 

もし洗えてないと感じたら、

ジェルボールに対して洗濯物が多いのかもしれません。

 

商品のパッケージに書いてあるのですが、

2kg〜6kgの洗濯物なら1粒、6kg以上の洗濯物なら2粒

という割合で使うことが推奨されています。

 

まとめ

 

 

ジェルボール洗剤の最も優れたところは、

洗濯物といっしょに洗濯機に入れるだけというお手軽さにあります。

 

コスパに関しては、粉末洗剤や液体洗剤の方が良いです。

 

少しでも安く価格を抑えたいということでしたら、

ジェルボールよりも粉末、液体洗剤の方を選ぶべきです。

 

ボールドのジェルボールは柔軟剤入りなので、

柔軟剤を別に買わなくて良いと考えればコスパは高くなります。

 

家事を快適にこなしていくことはストレスもたまりにくいので

より手間のかからないスピーディーな家事を目指す人には

おススメのアイテムです。

 

 

 

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました