ステンレスを錆びないようにするには?黒錆の原因とサビ落とし方法・防止法

ステンレス製品、あなたの自宅に

いくつありますか?

 

キッチンにあるザルやボウル、シンク、

バスルームのタオル掛けやラック、

タンブラーや自転車の

フレームなどもステンレス製ですよね。

 

ステンレスとはその名の通り

「Stain=錆び」「less=より少ない」、

非常に錆びにくい鉄の合金です。

 

いろんな物に使われていますが、

ここで重要なのは

「錆びない」ではなく

「錆びにくい」ということです。

 

あのステンレスが錆びることなんてあるの?

と思うかもしれませんが、

使い方や保管方法によっては

錆びてしまうのです。

 

この記事ではステンレス製品の

錆びる原因と錆の落とし方、

錆びないために注意すべき点などをご紹介します。

ステンレスが錆びる原因!防止方法はある?

 

錆びにくいステンレスが

錆びる原因は主に3つです。

 

もらい錆び

 

ステンレスの表面に鉄など

他の金属が付着したまま放置すると、

その金属が錆びることで

ステンレス容器自体も

錆びてしまう現象です。

 

表面が傷ついている

 

ステンレスは表面を膜で

覆うことで錆びにくくしています。

 

傷ついて膜が壊れてしまうと、

そこから水分が入り込み

錆びてしまうことがあります。

 

汚れや水分、塩分の付着

 

いくら錆びにくいとはいえ、

汚れや水分を長時間放置しておくと

錆の原因となります。

 

塩分が表面に付着したまま

放置しても錆びてしまいます。

 

他の金属に比べ

塩分に対する耐食性が

優れているステンレスですが、

特別な加工がしてある

保存容器など以外は

長時間使用する際は気をつけましょう

 

 

ステンレス製品を錆から守るためには、

なるべく表面を傷つけないよう注意し、

他の金属や水分、汚れや塩分が

付着したままで放置しないことが大切です。

サビ取りや落とし方!錆落とし556やキッチンハイター、サンポールは有効?

 

ステンレスに付いた錆。

 

程度の軽い初期の錆であれば、

中性洗剤で落とせます。

 

食器用洗剤をスポンジや

布に染み込ませて優しくこすり洗いし、

洗い上げたら水分をしっかり

拭き上げてください。

 

それでも落ちない強力な錆には、

重曹やクレンザーを使うとよいでしょう。

 

ツブツブが錆落としに効きます。

 

錆取りのイメージが強い

クレ556」ですが、主成分は油です。

 

キッチン周りや調理器具には使用せず

ラベルの記載をちゃんと読んでから

自転車や工具に適切に使いましょう

 

キッチン周りの

万能汚れ落としといえば

キッチンハイター」。

 

ですが、こちらは要注意。

 

むしろキッチンハイターの使用により

錆びてしまう可能性もあります。

 

浸け置きは錆発生の可能性あり、

長時間放置しないようにと

公式HPでも記載してあるので

気をつけてください。

 

トイレ掃除に使う「サンポール」は、

非常に強力な酸性洗剤です。

 

錆が簡単に落とせることは期待できますが、

強力すぎて錆びていないステンレスまで

腐食してしまう可能性もあります。

 

あまり安易に使用すべきではないでしょう。

サビ防止はこうしよう!錆防止スプレーやコーティング対策

 

初期の軽い錆であれば簡単に落とせますが、

そもそも錆びないようにするのが大切です。

 

錆防止スプレーや

コーティングを施すのも一つの手です。

 

前出の「クレ556」は防錆効果もあり、

ラインナップも充実しています。

 

用途や期待する効果に合わせて

ぴったりのものを選んでください。

 

錆防止スプレーや

コーティングをする際に重要なのが、

「錆のない綺麗な状態にしてから」

コーティングすることです。

 

既に錆びている状態で

コーティングすると、

コーティングの下で侵食が進みます。

まとめ

 

ステンレス製品は

「錆びない」ではなく

「錆びにくい」用に加工された

金属のこと。

 

サビにくいことは他の金属に

比べ格段に上ですが、

他の錆びてしまった道具に

くっつけて保管していると

「もらい錆」が発生してしまいます。

 

また表面が傷つくことで

水分が表面の膜から浸透し

サビついてしまいます。

 

水分・塩分が表面に

付着したまま長時間放置するのも

錆の原因となります。

 

初期の錆は普通の食器用洗剤で

落とせますが、放っておいたまま

時間が経過した錆は

重曹やクレンザーを使わないと

落とせなくなります。

 

ハイターやサンポールは

強力な薬品なので取扱いに

注意しながら使いましょう。

 

コーティングは錆を完全に落としてからしないと

腐食が進んでしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました