親知らずの抜歯後いつまでも痛い時は?痛み止めが効かない時の対処法

自覚のないまま、

気付いたら生え始めている

奥歯の親知らず。

 

正常に生えてくるにはいいですが、

重なったり横に生えたりと、

厄介な生え方をして

痛みを伴う場合もあります。

 

我慢できないほどの痛みになったり、

親知らずを放置したことで

虫歯ができてしまったり。

 

そんなデメリットが生まれてしまう

ケースも多くあります。

 

病院で抜歯をすすめられはしたけれど、

なんとなく「歯を抜く」というのが

痛そうで躊躇したり戸惑ってしまう人も

いることでしょう。

 

そんな親知らずを抜歯した後、

痛みとどう向き合ったらいいのかを

この記事では紹介していきます。

 

抜歯の痛みは通常いつまで続く?

 

人によっても痛みの感じ方が違うので

一概には言えませんが、

基本的には抜歯後の翌日~翌々日が

痛みのピークだと言われています。

 

その後一週間~十日ほどかけて

痛みがだんだんと引いていきます

 

もちろん親不知の生え具合や

どれほど周りに生えている歯や

歯茎にも施術しなければならないのは

一人一人異なってきます。

 

その理由もあり、

「親不知の抜歯」と一言で言っても

ケースバイケースとなってきてしまいます。

 

また抜歯する時に使う麻酔の種類も

人によって効果の度合いが

違ってくる場合もあるので、

それも親不知の抜歯という

大きな出来事への経験の良し悪しを

左右する要素となります。

 

麻酔は通常注射を打つ箇所を

麻痺させた後に歯茎に打ち込みますが、

抜歯後麻酔が切れてくると共に

ズキンズキンとまるで歯茎に

心臓があるかのように

痛みを感じる人が多いです。

 

麻酔の相性もあり、

痛みを感じる期間が多少なりとも

変わってくる可能性もあります。

痛み止めを飲んでも効かない時の対処法

 

いざ抜歯直後は

まだ麻酔が効いているので

痛みはそこまで感じませんが、

時間がたつにつれて

鈍い痛みに襲われます。

 

病院では抜いたところが

化膿しないように、

抗生物質と痛み止めが処方される

場合が殆どです。

 

口の中の雑菌が傷口を

悪化させないようにうがい薬を

処方される人も多いでしょう。

 

この時もしうがいをするとしても

激しく口内の薬をすすぐのではなく、

優しく液体を動かすようにしないと

傷口がいつまでたっても

治らなくなってしまいます。

 

しかし痛くて鎮痛剤を

飲んでみても効かない!という場合も。

 

痛みに慣れていない人や、

予想以上に強烈な痛みだった場合は

日常生活がかなりしんどくなります。

 

そんなときにできる対処法としては…

 

病院に相談して薬を変えてもらう

 

体質によっては鎮痛剤が効かない

人もいる場合があるので、

飲んでも効果を感じられない場合は、

薬の種類を変更してもらう

相談をしてみてもいいかもしれません。

 

薬は相性もあるので、

腕の良い歯科医はすぐに

状況を理解し薬を

変更してくれるでしょう。

 

冷やす

 

抜歯をすると抜いた部分が

腫れてしまうのは仕方のないこと。

 

痛む時は保冷剤などで

患部を冷やすことで、

腫れも引いてくれると同時に

痛みが軽減されます。

 

枕を高くする

 

就寝時、枕を高くすることで

顔に血が集中するのを

防ぐことができます。

 

顔の血を下に落とすような

感覚でいると血の流れが滞らず、

痛みを多少回避できます。

 

抜歯後の治療中に痛みが増す行為

 

注意したいのが

血流をよくしてしまう行為」です。

 

たとえば長時間の長風呂や、

激しい運動など

 

血流がよくなってしまうため、

なかなか血が抜歯した場所から

止まらなくなってしまったり、

かえって痛みを強くしてしまいます。

 

抜歯後は基本的におとなしくしている方が、

痛みが最小限で済みます。

 

痛みのピークと期間は?腫れが引かない場合にできること

 

前述した通り、痛みの期間は

人それぞれではありますが、

通常は抜歯後の麻酔が切れてから

翌日~翌々日がピークといわれています。

 

痛みを感じるのが嫌な場合は

麻酔が切れる少し前に、

痛み止めを服用しておくと

痛みを感じる時間が最小限で

食い止められるそうで、

お勧めしてくださる医師も多くいます。

 

どうしても顔は少なからず

腫れてしまうので、

なるべく冷やすことを

心がけるようにしましょう。

 

 

対処法を知って、抜歯に挑もう

 

抜歯をするのにあたって、

やはり心配なのは「痛み」と

「腫れ」の部分ですよね。

 

確かに軽い気持ちでできるものでもないので、

ためらう方も多いのではないでしょうか。

 

しかし放っておけば更にひどい

虫歯や口腔トラブルを

引き起こすことに

繋がってしまうかもしれません。

 

抜歯後のことは、ある程度の

対処法を理解したうえで、

心の準備をして挑むのが理想になります。

 

痛みも腫れも引いた後は、

きっとすっきりした気持ちで

生活できることでしょう。

 

まとめ

 

親知らずを抜歯した後の痛みのピークは

通常翌日から翌々日が

最も痛いと言われています。

 

その後は一週間ほど経て

元の気にならない状態に戻っていきます。

 

痛み止めや抗生物質が

処方される場合が殆どですが、

翌日目が覚めると麻酔の効果が

切れている状態のため

一気に激しい痛みを経験する人もいます。

 

病院からもらった薬だけでは

痛みが治まらない場合は

抜歯部分を冷やしたり、

病院に相談して鎮痛剤を変えてもらったり、

または枕を高い位置に置いて

横になっていましょう。

 

血行が良くなる活動、

スポーツやお風呂に入ったりすると

血流が活発になり傷口から出血したり

痛みが悪化するので控えましょう。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました