ウィンドブレーカーの洗濯方法と頻度は?脱水してはダメ?クリーニング料金紹介

ウィンドブレーカーは

どうやって洗濯をすればいいんでしょうか?

 

普通の衣類と一緒に洗濯してもいいのか、

ちょっと迷ってしまいますよね。

 

中には「撥水加工がしてあるので

そもそも洗濯する必要が無い」という人も。

これは正解なのでしょうか?

 

そもそもウィンドブレーカーの

洗濯頻度はどれくらいがいいのでしょう?

 

 

この記事ではウィンドブレーカーの

洗濯方法や頻度、脱水してもいいのか、

乾燥機にかけてもいいのか、

またクリーニングに出した場合の料金なども、

詳しく解説していきます。

 

ウィンドブレーカーを洗濯しても白くならない方法と洗濯頻度

 

ウィンドブレーカーを洗濯しても

白くならないようにするには、

ぬるま湯で洗濯し、洗剤が

溶けやすいようにすることです。

 

 

というのもウィンドブレーカーが

白くなってしまう原因は、

洗剤が残ってしまうからという

理由があるからです。

 

そのためウィンドブレーカーを洗う時は必ず、

ぬるま湯など洗剤を溶けやすくして

おくようにしましょう。

 

また運動する時に着用する

衣類であるということから、

デオドラントスプレーや

汗ひかせるパウダータイプのスプレーを

身体に使った後に着る時は、

その粉末が繊維にくっつくことで

白くシワの部分に浮き出てしまう場合もあります。

 

さらなる可能性としては、

ある程度着古したウィンドブレーカーである場合、

シワとして山折りになった個所が

色あせて白くなる場合があります

 

 

洗濯頻度はどれぐらいが一番いいの?

 

ウィンドブレーカーの洗濯頻度は、

汗をかいたり汚れてきたらのタイミングが

最もよいでしょう。

 

撥水加工がしてあるからといって

防臭効果まであるものはないので、

臭いには常に気を付けましょう。

 

汗をかきにジムに行く時等は特に

周りに不快な思いをさせないためにも

マナーの一つとして覚えておくのが大切です。

 

 

洗濯する時の注意点は

必ず洗濯表示をチェックした後、

洗濯機で洗える場合はネットに

入れるようにすること。

 

場合によっては

手洗いしないといけないこともあるので、

洗濯表示の確認は必須です。

 

 

ウィンドブレーカーの袖の汚れはどう落とせばいい?

 

ウィンドブレーカーの袖の汚れは

洗濯機で洗っただけでは落ちないので、

ウタマロなどの洗濯用固形せっけんか、

オキシクリーンなどの酸素系漂白剤を使って、

不要になった歯ブラシなどでこすっていきましょう

 

ちょっと時間はかかりますが、

すると袖口の汚れも、

しっかりキレイに落とすことが出来ます。

 

ウィンドブレーカーの袖口も、

足袋と同じように

ゴシゴシこすらないといけないので、

ぜひ面倒だけれど試していきましょう。

 

こすって汚れを落とした後

洗濯機で洗える場合は、

普通にお洗濯してしまって大丈夫です。

 

 

脱水や乾燥機はダメ?クリーニングに出したときの料金相場

 

基本的にウィンドブレーカーを

洗濯機で脱水するのはNGです。

 

ウィンドブレーカーは水をはじくので、

脱水する必要もあまりないのです。

 

タオルなどで表面の水気を拭き取ったら、

通気性の良い場所に

干しておくようにしましょう。

 

日焼けによる色落ちがきになるばあいは

陰干しすると良いです。

 

もちろんウィンドブレーカーは

乾燥機にかけるのも

やってはいけないので注意しましょう。

 

乾燥機にかけると熱で

ウィンドブレーカーが

縮んだりする可能性もあるため、

くれぐれも他の洗濯物と一緒に

入れてしまわないように。

 

ちなみにウィンドブレーカーは洗濯することで、

はっ水(撥水)効果が

薄れてくる場合もありますので、

洗濯し、通気性の良い場所で乾かしたら、

防水スプレーやはっ水剤などを使って

水をはじいてくれる特徴を保ちましょう。

 

また自宅でウィンドブレーカーの

洗濯をするのが心配だったり、

洗濯表示をみて、家庭で洗えないものは、

クリーニングに出すことがベストです。

 

料金はクリーニング業者にもよりますが、

だいたいおよそ1着698円~1300円ほど

 

もし自分の自宅近くの

クリーニング料金について知りたい場合は、

まず1度、問い合わせをしてみるといいですね。

 

ただし汚れの状態や

ブランド物によっては、

相場より高くなる可能性もあります。

 

でも自宅でおそるおそる洗濯するよりも、

プロに任せてしまった方が

安心する場合もあるでしょう。

 

自宅で洗えないウィンドブレーカーに関しては、

ぜひクリーニングに出して

キレイにしていきましょう。

 

 

まとめ

 

ウィンドブレーカーが

白くなったら

洗剤が残った

制汗スプレーの粉末

シワになり色あせた

等の可能性があります。

 

ウィンドブレーカーを洗濯する頻度は

汗をかいたらが最も臭いや

汚れが残らずに長持ちさせることができるので

思うよりも頻繁にネットに入れて洗いましょう。

 

袖だけが汚れたら

ウタマロ石鹸や酸素系漂白剤で

汚れた個所のみをこすって落とし、

その後洗濯機に入れて

普通に洗えば綺麗に落ちます。

 

乾燥機にかけてしまうのは

素材を傷め、撥水効果を

消してしまうので注意しましょう。

 

もし不安な場合は

完全にウィンドブレーカーが乾いた後に

防水スプレーをかけるのがおススメです。

 

洗濯表示により自宅で洗濯できない時は

クリーニングに出すのも良いアイディアです。

 

一般的な相場は1,500円以下ですが、

ブランドものだったり、大きさや

汚れ具合で変わってくるので

問い合わせするのが一番です。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました