歯間ブラシで血が出る時の対処法!フロスや糸ようじを使う頻度は

 

歯ブラシでは届きにくい場所を

掃除するのに適した歯間ブラシ!

 

歯医者に行くと

勧められることが多いのですが、

使い方について誤解されている人は

実は少なくありません。

 

私は3ヶ月に1、2回ほど

歯医者へ定期検診に通っています。

 

そこでも歯間ブラシと

フロスをすすめられています。

 

実際に使用し、歯茎の状態、

歯の磨き残しがあるかどうかなど、

フィードバックをもらっているので

参考として紹介します。

 

歯間ブラシを使用した際に

出血があればどう判断しているか、

歯間ブラシやフロスを

れくらいの頻度で使用しているか、

このような内容についての見解を紹介していきます。

 

歯間ブラシや糸ようじ、フロスは消耗品

 

まず認識したいのは、

歯間ブラシやフロスは

消耗品ということです。

 

 

歯ブラシと同じく

買い替えが必要なものです。

 

交換頻度としては

使用に問題が生じる前に交換します。

 

ただし製品によっては

1回使い切りとして作られたものもあり、

そういった商品は

コストを抑えて安く使っている代わりに、

耐久性が弱いので

複数回の使用には耐えられません。

 

1回使い切りの商品か

複数回使える商品かの判断は、

商品のパッケージに書かれているので、

購入前にチェックするようにしましょう。

 

多くの商品では

パッケージ裏側に書かれています。

 

複数回使える商品の使用可能回数についても

パッケージに書かれていることが多いのですが、

人によって毎食後使う人から

週に1回程度使う人まで、

使用頻度は大きく異なり

それによって変えるのが理想的です。

 

一度使ったものは

清潔に保つよう心がけても

どうしても汚れが定着しやすく、

たまにしか使わないレベルだと、

残った汚れから菌が広がっていきます。

 

 

そう考える根拠は

使用後以外に歯間ブラシを

洗うことは少なく、

使用してから時間が経てば

それだけ汚れが定着しやすいからです。

 

またメーカーとしては

頻繁に交換させたいでしょうし、

汚れや破損により発生する

問題を防ぎたいはずなので

使用可能回数は少なめに

設定しているはずです。

 

私の場合現在は1回使い捨ての

歯間ブラシを使用していますが、

以前は複数回使用できる

歯間ブラシを使用していました。

 

その時は歯間ブラシ先端のゴム部分が

破損するまで使いました。

 

使用頻度は当時も今も

週に2回以上です。

 

基本的には2回使用していますが、

歯に挟まりやすいものを

食べた後などには追加で使用しているので

2回以上となります。

 

交換頻度も重要!口臭予防や歯石対策にも

 

次に、口臭や歯石を防ぐ有効な方法としては、

磨き残しをなくすことが挙げられます。

 

食べ残しが口の中で腐ることで

歯周病の原因になり、

さらに口臭が強くなり、

取れにくい歯石も付着してしまいます。

 

そうならないように注意し

歯磨きをしっかりしている人でも

歯の隙間、歯と歯茎の隙間を

歯ブラシで掃除できていないことに気づかず、

知らないうちに歯周病に

なることは珍しくありません

 

これを防ぐには歯間ブラシや

デンタルフロスの使用が必須になります。

 

歯間ブラシとデンタルフロスの違い

 

歯間ブラシは先端が

ドリル状になったもので、

デンタルフロスは

糸の形状をした製品です。

 

歯間ブラシは歯と歯茎の隙間を

掃除するのに適しており、

デンタルフロスは歯と歯の隙間を

掃除するのに適しています。

 

どちらがより有効かという議論が

たびたび起こりますが、

それぞれ用途が違うので

どちらも使った方が良いです。

 

強いて言えば、デンタルフロスで

歯と歯茎の隙間を掃除できるので

どちらか一方しか使いたくない場合は、

デンタルフロスの方が

広範囲に口の中を掃除することができます

 

ただしフロスを使うのは

慣れるまでは難しいので、

歯の隙間を歯間ブラシで

掃除するのに慣れてから、

デンタルフロスに統一する方が

清潔に保てると考えます。

 

 

歯茎が出血する場合

 

それから出血しやすいのは歯間ブラシの方で、

出血の原因は2つに分けることができます。

 

1つ目は、歯茎が歯周病により

炎症を起こしている場合です。

 

出血しやすい状態なので、

血が出るのは驚くことではありません。

 

汚れをきちんと取り除き

清潔な状態を維持すれば、

いずれ出血することはなくなります。

 

 

2つ目は自分の歯並びによります。

 

歯と歯茎の隙間よりも

太い歯間ブラシを使う場合です。

 

初めて歯間ブラシを使う場合は

あなたの歯茎が全く慣れていない刺激なので、

出血してもおかしくありませんが

しばらく使っても、出血が続く場合は

1サイズ下げると良いでしょう

 

なお歯と歯茎の隙間は

場所によって異なるので、

それぞれの箇所ごとに

適切なサイズの歯間ブラシを使うことが大事です。

 

まとめ

 

デンタルフロスは

使い捨てであることが多いのですが、

歯間ブラシは種類によっては

複数回使えるものがあります。

 

1回使い切りか複数回使えるかは

パッケージ裏面に書かれています。

 

使用頻度はパッケージに

書かれている用法を守れば良いのですが、

どうしてもコストを抑えたいという場合には、

歯間ブラシの先っぽが破損したり、

変形したりしたタイミングで

交換することをおすすめします。

 

歯間ブラシを使う際に

出血するのは珍しいことではありませんが、

出血が続くようであれば

歯間ブラシのサイズが合っていない

可能性があるので

1サイズ小さくしましょう。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました