ブルーライトカットメガネは効果ない?アプリと比較

ブルーライトというと

もう今の時代には知らない人はいないでしょう。

 

目に有害とされるコンピューターやスマホから

放出される青い光で、LED照明から出ることで知られています。

 

その光を肉眼で長時間直接見るのは

健康に良くないとされ、巷ではできる限りブルーライトを遮る

商品が出回っています。

 

それらは「ブルーライトカット」と呼ばれています。

 

ただブルーライトカットは本当に効果があるのか

疑問に思っている人も多いのが現状です。

 

ブルーライトカットはメガネのレンズ自体に入っていたり、

ダウンロードして使えるアプリもあります。

 

しかし本当に健康影響的に効果があるのか、

ブルーライトカットメガネについては

お金もかかっていきますので気になると思います。

 

この記事ではブルーライトカットメガネ、アプリ、

保護フィルターまでそれぞれの利便性も含めて比較しご紹介します。

 

ブルーライトとは?パソコン用の無料アプリでカットも可能!

 

ブルーライトは今の時代パソコンやスマホなど

日々使う物から青い光を放つ紫外線の一種です。

 

光の強さとしては太陽光の紫外線にも値するほど。

 

なので下手したら目も日焼けしてしまい

目のダメージとして網膜が傷ついたり、

疲れや痛みを感じることもあります

 

またブルーライトは精神的にも健康に障害があります。

 

精神が安定しないために睡眠障害など

精神状態を崩すことにより健康に悪い影響を与えます

 

心配になる要素ばかりですが、

ブルーライトカットはパソコン用の無料アプリで

入手することが可能なのです!

 

mac、windowsのパソコンだと2つとも

各設定からブルーライトのカットをすることができます。

 

 

ブルーライトカットメガネとアプリの違いと効果

 

ブルーライトカットメガネのアプリとの一番の違いは

目に見える色そのものです。

 

アプリの場合だとブルーライトの鮮明な明るさが

暗くなる感じになります

 

青の反対色、黄色がスクリーンの

ギラギラさを緩和してくれ、

私が使っているインストール式の

ブルーライトカットもいつも起動するとホッとします。

 

ではメガネはどうでしょうか。

 

最近のブルーライトカットメガネは

そういうはっきりした色がつくようなものではなく、

見た目が全くの透明なレンズにもかかわらず

ブルーライトカット効果があるため

どちらかというと画面をより鮮明に見ることができます

 

効果としては目が楽になる人と

そうでない人と分かれるようです。

 

確かに長時間1日中パソコンやスマホを見ている人でも

目が疲れない人がいます。

 

紫外線を浴びて目が疲れるかというのとほぼ同じですね。

 

紫外線を浴びたりして疲れるかと言われれば

曇りの日に外出する時や冬でも

そんなに違いを感じない事もあると思います。

 

それと同じでブルーライトを放つパソコンやスマホを

長時間見ても本当に健康的に害があるのか

難しいところでもあると思います。

 

画面の明るさの設定も関係してきます。

 

照明を100と最大限に設定してパソコンで作業すると

目がたまらなく痛くなり涙が止まらなくなる人もいます。

(私が実際にそうです)

 

ブルーライトカットをするのとしないのとでは

長時間パソコンに向かう人にとっては

雲泥の差がありますが、

本当に効果があるのか結構謎に包まれているのも現状です。

 

もしブルーライトに体への影響がないのであれば

もっと鮮明な画面を見たいところです。

 

ただブルーライトカットの基準というものが違う場合に

効果の強さが違ってくるということはあるようです。

 

もし極力ブルーライトカットをしたいのであれば

ブルーライトカットメガネとアプリ両方使うことをオススメします。

 

ブルーライトカットメガネ、アプリより保護フィルターの方が効果ある?

 

自分の顔にはメガネが似合わないと思っている人や、

普段メガネをしない人にはブルーライトカットを保護してくれる

フィルターを使うという選択肢もあります

 

ブルーライトカット保護フィルターの場合は

パソコンやスマホに直接貼る事もできます

 

ブルーライトカット効果のあるメガネをしたくなかったり、

物理的にブルーライトカットを抑えたい人にはオススメです。

 

ただ他人のパソコンを見たり、

ブルーライトカットされないパソコンやスマホを見ることが多い場合は

ブルーライトカットメガネをつけた方が良いという点はあります。

 

 

ブルーライトカットメガネ、アプリでなくてもサングラスでカットできる効果がある?

 

そもそもブルーライトは紫外線と同じような光です。

 

そのため日差しや紫外線を避けることができる

サングラスでも効果があります

 

あまり知られていませんが、

サングラスをつけてレジャーをする際や

サングラスをつけている時に

そのままブルーライトを浴びるパソコンやスマホを見てもカットされるのです!

 

外で仕事をしたり、長い間外で作業をする人には

わざわざサングラスを取って

ブルーライトカットメガネをつけなくても良いので一石二鳥ですね!

 

まとめ

 

ブルーライトはパソコンやスマホから

放出される青い紫外線の一種で、

網膜を傷つけたり、長時間さらされると

精神面でも良くない影響が出てきます。

 

ブルーライトカットメガネを普段しない人でも

ブルーライトカットする方法があります。

 

また普段メガネをかける人は

ついでにブルーライトカットレンズをつけて

メガネを作ってもらった方が目の保護にも良いですし、

金銭的にもお得です。

 

これからもブルーライトカットグッズなどが出てきたり、

ブルーライトカット技術は日進月歩で開発されていきます。

 

ブルーライトをカットすることで目や体、

精神的に改善があるのであれば

対策をしてみるのも良いアイディアです。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました