玉ねぎスライサーで時短!包丁より楽 みじん切りもできるおすすめスライス方法

 

最近は様々な時短・便利な

調理グッズがありますが、

昔からあるスライサーが

実は便利なこと、知っていますか?

 

鉋(かんな)のようなスライサーは、

使い慣れていないと少し怖いですよね。

 

包丁でスライスした方が

結局早いのでは?と

思ってしまうかもしれませんが、

コツさえ掴めば野菜の薄切りが

簡単にでき、洗い物も少なく済みます。

 

この記事ではおすすめのスライサーと

時短できる野菜の切り方を紹介します。

スポンサーリンク



オニオンスライサーで簡単に玉ねぎの薄切りができる

 

炒め物にも煮物にも、

水にさらしてサラダとしても

食べられる玉ねぎの薄切り。

 

包丁で玉ねぎを均一な

薄切りをするのは少し難しいですよね。

 

そんなときにスライサーを使いましょう!

 

 

皮を剥いて包丁で半分に切り、

芯を取り除いたら準備完了。

(芯が気にならない人は

半分に切るだけで準備完了です。)

 

あとは包丁の切断面を

スライサーにあててスライドしていくだけ。

 

これで均一な玉ねぎの薄切りが

あっという間に出来上がります。

 

さらに、千切り用のスライサーを使えば

玉ねぎのみじん切りも簡単にできるのです!

 

大根のなますや、人参のラペを作るときに

使うのが一般的ですが、

 

先ほどと同じ要領で玉ねぎを

千切り用のスライサーで切ると

みじん切りにすることができます。

 

 

いつも玉ねぎが

目にしみてしまうという人も、

みじん切りすると散らばってしまって

面倒だなと思っている人も、

スライサーなら面倒な手間がなく

玉ねぎを切ることができるのでおススメです。

 

玉ねぎのスライス方法!滑るのを防止しよう

 

 

スライサーを使うにあたり、

不安なのは怪我をしてしまうこと

 

剥き出しの刃で食材を

切っていく訳ですから、

一歩間違えると指を切ってしまいます。

 

スライスしている食材が

残り少なくなったときはもちろん、

水分の多いものや

丸く掴みにくい形状のものを

切るときは滑らないように

神経を使いますね。

 

刃の部分にカバーが付いている

スライサーや野菜ホルダー付きの

スライサーもありますが、

スライサー単体しか無い場合は

100均で野菜ホルダーをゲットしましょう

 

近くの100均に野菜ホルダーが

無い場合は、爪楊枝を何本か

準備してください。

スポンサーリンク



スライスする野菜に爪楊枝を刺して、

爪楊枝を引っ掛けるように持つと

滑りにくいです。

 

爪楊枝1本だと折れたり

くるくる回ってしまうので、

1箇所に複数本まとめて指すのが

オススメです。

 

また、爪楊枝まで

スライスしてしまわないように

あまり深く刺しすぎないのもポイントです。

 

 

100均でもスライサーは買える!電動とどちらが良い?

 

 

便利なスライサー、

果たしてどこで手に入るでしょうか?

 

ホームセンターやロフトや東急ハンズ、

ネットで探せば間違いなく見つかりますが、

たくさん種類があって選べなかったり、

近くにお店がなかったり

送料が気になってしまう方もご安心を。

 

100均にもスライサーはあります

 

特にこだわりはなく、

とりあえずスライサーが欲しい場合は

100均で手に入れましょう。

 

その際は前出の野菜ホルダーを

買うのもお忘れなく

 

 

100均には手動のものしかありませんが、

実は電動のスライサーもあります。

 

電動スライサーのメリットは、

  • ほとんどの商品で手が刃に触れることはないので安全、
  • 大量のスライスが手動よりも短時間で済む、
  • 固いものやすりおろしでも手が疲れない・汚れない、

といったことが挙げられます。

 

逆に、電動スライサーは

  • 手動スライサーに比べて場所を取る、
  • 商品によっては付属品が多かったり手入れや準備・後片付けが面倒、
  • 価格が高い

といったデメリットがあります。

 

利用頻度や用途に合わせて

手動・電動を選ぶと良いですね。

 

電動スライサーを購入する場合は、

少量のスライスをするために

手動スライサーも置いておくと良いでしょう。

 

まとめ

 

スライサーを使う時に

残り少ない場所を切らなければ

鳴らない場合は、滑らないように

爪楊枝を何本かまとめて

1か所に指すと指を切るリスクがなく

しっかり固定できるのでおススメです。

 

電動スライサーは指を切ってしまう

リスクは無くなりますが、

価格が高かったり、

サイズが大きいので置く場所を取る、

付属品が多いなどのデメリットが

あります。

 

用途別に100均で売られている

手動や電動を使い分けると

良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました