三枝俊介のチョコレートは通販でも買える!ショコラティエのお店を紹介

 

普段何気なく食べている

チョコレートですが、この人の

インタビューを聞いた時から

スーパーのお菓子コーナーで

売られているチョコなどを

見る目が変わりました。

 

シェフの三枝俊介さんです。

 

チョコレート専門職人である

「ショコラティエ」の彼は

ビーンtoバー(豆から板へ)

カカオ豆の選出から私達が食べれる

商品に仕上げるまでの工程を全て

行う非常に珍しいパティシエ・シェフなのです。

 

三枝俊介シェフのお店から

チョコレートに対する哲学を

この記事では紹介していきます。

 

また最後には三枝俊介シェフの動画と

チョコレート通販元をお届けするので、

最後まで楽しんでいって下さいませ。^^

スポンサーリンク



大阪梅田のショコラ専門店が東京にもオープン!

 

ショコラティエである三枝俊介シェフが

展開するチョコレート専門店は

大阪梅田と東京の千代田区丸の内に

あります。

 

両方のお店で手に入るのが下の画像の

パレドオール」。

 

丸い形に金粉がちりばめられ、

フランス語で「金の円盤」という

意味だそうです。

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Prof. Sealion(あしかっぴ) (@prof.sealion) on

外のチョコのレイヤーが薄く、

中は柔らかい見た目だけでは判断できない

まろやかさを持ちます。

 

三枝俊介シェフは既成のチョコレートよりも

様々なカカオ豆を研究しつくし、

南米やアフリカ、ガーナから直接

豆の状態を入手して配合研究をしています。

 

その結晶でもあるのが、一際珍しい

透明なチョコレートドリンクである

ショコラネスパ」!

 

ただの炭酸水にしか見えないのですが、

確かなカカオの風味とチョコレートの味がする

スパークリングドリンクなのです。

 

これらを味わえるのが下記の店舗。

 

都内・府内に滞在する機会があれば、

是非行って試してみたいですね。^^

 

ショコラティエ パレ ド オール東京

住所:〒100-6501

東京都千代田区丸の内1-5-1

新丸の内ビルディング 1F

電話:03-5293-8877

営業時間:平日11:00-21:00 

日祝11:00-20:00

 

 

ショコラティエ パレ ド オール大阪

住所:〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-22

ハービスPLAZA ENT 4F

電話:06-6341-8081

営業時間:11:00-20:00

楽天やオンラインショップでもパレドオールを通販できる

 

三枝俊介シェフのパレドオールや

様々な種類のチョコレートは

通販で手に入るのを知っていましたか?

 

パレドオールの公式ウェブサイトで

注文することも可能で、

バレンタインデーやホワイトデー等は

期間限定のものも予約通販することが

できるのです。^^

スポンサーリンク



ギフトとして贈るのにも最適で、

パレドオールの個数からセットを

注文することが出来たり、

また5,000円以上の購入で

送料が無料になるキャンペーンも

行っているので気になる方は要チェックです!

 

公式サイト以外では、楽天からも三枝俊介シェフの

チョコレートを注文することが可能です。

 

楽天ポイントが溜まっている人はお得!チェックしてみる↓

 

 

多くの人がすでにこのチョコレートギフトを

購入しており、口コミでも好評です。

 

「味も美味しくて体にもおいしい」

「ギフトとして贈ったらすごく喜ばれた」

「味が濃く、味わい深い」

「テレビで見てから気になっていた」

などなど、口コミでも大人気です。^^

 

三枝俊介のチョコレートやカカオ豆へのこだわり

 

三枝俊介シェフは修業時代に

カカオ豆が同じ畑でとれるのに

多種多様な事、そして豆それぞれの

持ち味がかなり違う事に気付き、

現在のスタイルであるビーンtoバー

(豆から(チョコの)板へ)へ

哲学を固めていったとのこと。

 

常に「チョコレートを通じて

自分に何ができるのか」を

追求し、南米やアフリカといった

主なカカオ豆輸出国での

労働環境の改善などの課題にも

取り組んでいます。

 

第三ヵ国は主に輸出から

国益を得ており、輸出に力を入れる分

労働力を常に必要としています。

 

ただ人手が足りないので

小学生の年齢である少年・少女も

農園に駆り出され、カカオ豆産業に

貢献するしか生きていく道が無いのが

現実です。

 

彼らにとってはカカオは雇用主に

渡すものであり、自分達では到底

手を出すことのできない商品の一つ。

 

栽培しているにも関わらず、

一度もチョコレートを食べたことが

無い人が殆どなのです。

 

こうした「チャイルド・レイバー」

(児童労働)(他の単語としては

「スウェット・ショップ」もあり)を

無くそうと、日本等のような先進国で

多少単価が高いお菓子を売っても、

原産国に還元できるようなシステムにも

三枝俊介シェフは注意を払っています。

 

 

これも三枝俊介シェフだからこそできる、

「チョコレートを通じて自分のできる事」の

一つにもなるのです。

 

私達消費者は、シェフの信念や哲学を

知るうえで、彼の作るものを美味しく楽しみ、

また世界よりよい場所にするお手伝いを

していくことができます。

 

 

ここで、三枝俊介シェフの

(当時の)新しいチョコレートの

プロモーション動画をご紹介!

 

今ではもう販売していないかもしれない

一品ですが、三枝俊介シェフが

どういった人なのか、また彼の

こだわりを知ることができます。

 

動画でチョコレートをチェック! ↓

 

なんだかコンピューターのマザーボードに

見えてしまうのは私だけでしょうか…?^^;

 

でも三枝俊介シェフがおススメしているのなら、

相当良い豆から作り上げたチョコに

違いないですよね!^^

 

さっそく通販をしに

公式サイトに行きました。笑

 

まとめ

 

チョコレート専門職人「ショコラティエ」の

三枝俊介シェフについて

  • パレドオール
  • ビーンtoバー
  • 大阪梅田・東京千代田区のお店
  • 通販
  • 公式サイト
  • キャンペーン情報
  • カカオ豆からのこだわり
  • 海外の農園の労働環境
  • 動画

をご紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

三枝俊介シェフも「チョコレートの

可能性はまだまだある」とラジオの

インタビューで語っており、

自分の専門をさらに進化させて

お客さんに味わってもらう事を第一として

考えて切磋琢磨しています。

 

一個人としても彼のチョコレートを通じて

世界をより良い場所に変えて行けると思うと、

わくわくしませんか?^^

 

これからも三枝俊介シェフの姿と

活躍を応援しつつ追い続けていきたく思います。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました