バスタオルを洗っても臭い時の正しい洗い方 臭いは細菌が残っている証拠

 

入浴後に毎回洗っているのに、

なぜかバスタオルのにおいが

取れない場合があります。

 

毎回乾燥機を使用しているので

部屋干しのせいなど、

干し方の影響ではなさそうです。

 

使っている洗剤が悪いのでしょうか?

洗い方や干し方がダメなのかな?

 

このような疑問を持つ人もいることでしょう。

 

この記事ではどういう理由で

バスタオルに臭いがつくのか、

臭いを防ぐ洗い方や洗剤などについての

説明と具体的な解消方法を紹介していきます。

 

 

バスタオルの浸け置きは効果ある? 効果ある臭い対策

 

バスタオルが臭くなる原因はカビや菌です。

 

洗濯機で洗っているから

カビや菌が繁殖するはずがない!と

考えるかもしれませんが、

洗濯の仕方や乾燥の仕方によっては

殺菌や除菌が不十分になることがあります。

 

まず1回で洗う洗濯ものの量が多いと

臭いが残りやすくなります

 

洗剤がバスタオルに浸透しないせいで、

繊維の奥にカビや菌が残ってしまい、

それがにおいの元となってしまうのです。

 

つまりは洗い残しです。

 

洗っていたつもりでも、

実際には表面しか洗えてなかった、

もしくはバスタオル単体は

全く洗浄されていなかったということです。

 

ただし臭いのが嫌だからといって

洗濯ものの量を減らすのは面倒ですし、

手間や時間がかかってしまいます。

 

なので洗濯もののボリュームを

減らさない方法を考えます。

 

 

バスタオルの特徴を考えて洗濯する ドラム式洗濯機の特徴

 

バスタオルは生地が厚く、

他の衣類に比べて

洗剤が浸透しにくい構造になっています。

 

それならばあらかじめ洗剤を

奥まで浸透させてしまえば、

この問題は解決されますので

洗濯前に洗剤を含んだ水に

短時間でいいので漬けておけば良いのです。

 

また使用している洗濯機がドラム式だと

洗う際に水に漬け込まれる時間が短かく

繊維の奥にまで洗剤が届きにくいので、

お使いの洗濯機がドラム式だった場合は

つけ洗いの効果が出る可能性が高まります。

 

この時、わざわざつけ洗い用の器を

用意するのが面倒と感じるのであれば、

洗濯機にバスタオルを広げて入れ

その上から洗剤を少量ずつ

均等に行き渡るようにかけ、

霧吹きを使ってバスタオルを

満遍なく濡らすようにすれば、

繊維の奥まで洗剤が届きやすくなります

 

「霧吹きなんて家にない!」という場合には

使用済みのペットボトルをすすいでから水を入れ、

ムラができないよう

全体に行き渡るように水をかけましょう。

 

このやり方であれば

つけ洗い用に何かを買い足す必要もなく、

たった一手間で

バスタオルの臭いを防ぎやすくなります。

 

干し方を変えれば臭いやカビ・菌を消すことができる

 

次に洗濯の時だけでなく干す環境によっても

バスタオルが臭くなることがあります。

 

干す場所の気温が低いと

乾くまでに時間がかかり、

それまで濡れた布を

放置することになるので、

菌が繁殖してしまう確率が

上がってしまいます

 

気温が低いだけでなく、

湿度が高くても洗濯ものが

乾くまでの時間が長くなってしまうため、

こちらも菌が繁殖する原因となりえます。

 

乾燥時の臭いを防ぐ簡単な方法は

乾燥機を使うことです。

 

外で干す場合、室内で干す場合のどちらよりも、

乾燥機の方が高温になるため

殺菌効果が期待できます。

 

ただし洗濯ものが多い場合には

熱風がバスタオルに届かず、

熱による殺菌がしっかりとされない

可能性が出てきます。

 

この場合には乾燥機を使用した後に

部屋干ししましょう

 

洗濯ものを減らすために

乾燥回数を増やすよりは、

手間がかからないので面倒ではありません。

 

また徹底するなら部屋干し前に

アルコール除菌をしましょう

 

アルコールはすぐに乾くので

アルコールスプレーを

ささっとかけて短時間放置するだけです。

 

より乾きやすくするためには

普通のアルコールよりも

水で薄められていない

無水アルコール」がおススメです。

 

バスタオルのカビ・菌の臭いを取るおススメ洗剤やタイプを紹介

 

臭いを防ぎやすい洗剤を紹介します。

 

臭いを防ぐ方法として

良い匂いのする洗剤が選択肢に

あがりやすいのですが、

これはおすすめしません。

 

なぜならにおいの原因を

解消していないので、

悪臭は残ったまま

良い匂いで打ち消しているだけであり、

良い匂いが薄れてくると

隠れていた悪臭が表面化するだけだからです。

 

洗濯直後に臭く感じなくても

使用する際に臭く感じることがあるのは、

これが原因であることがほとんどです。

 

 

オススメの洗剤は消臭や除菌を

アピールしているものです。

 

具体的には一番目立つ場所である

製品のパッケージ表に、

除菌や消臭と書かれていれば

何らかの匂いで打ち消すことで

元の悪臭をごまかすのではなく、

においの根本的な原因である

菌を取り除くことに注力しているからです。

 

また洗濯ものに浸透させやすくするため、

ジェルタイプの洗剤をオススメします

 

粉洗剤タイプで洗濯槽に直接入れるのであれば、

あらかじめ水で溶いておくのも手です。

 

ただし何を使うかよりも、

分厚いバスタオルの中心まで

洗剤を届かせる方が重要なので、

除菌洗剤を使っても

効果が薄いと感じたら

前章のやり方を試してみてください。

 

まとめ

 

バスタオルが洗濯しても

臭いのが取れない原因は菌が繁殖し、

それがにおいの元になるからです。

 

これを防ぐには熱を加えるか

洗剤で除菌する必要があります。

 

熱の場合には、乾燥機を使用するのが効率的です。

 

洗剤で除菌する場合には、

生地が厚いバスタオルでも

洗剤が浸透するように

バスタオルのつけ洗いを行ってください。

 

また除菌ができれば良いので、

乾燥後にアルコールスプレーを

振りかけることで殺菌するのも手です。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました