バレンタインの英語のつづり!スペルとメッセージBe my Valentine

バレンタインのチョコと一緒に

一言英語でメッセージを添えるだけで、

ただのチョコから特別なものにレベルアップしてくれます。

 

一番一般的なのは「ハッピーバレンタイン」と

皆さん書くようですが、いざメモを目の前にペンを手にしても

「バレンタイン」の英語のスペルやつづりが分からずに

そのまま一時停止してしまう事もあるかと思います。

 

バレンタインは英語で

Valentineとなり、

Happy Valentine’s Day!と書けば

海外の人に向けて書いても

全く恥ずかしくないものとなります。

 

スポンサーリンク


 

この記事ではバレンタインの日に書ける

メッセージの例と

バレンタインの英語のつづり、

Be my Valentineの意味をご紹介していきます。

 

ハッピーバレンタインの英語つづりは意外と簡単

 

バレンタインのスペルは上記で紹介した通り

思っているよりも単純なものです。

 

ただ最初のアルファベットをBではなく

きちんとVにすることを注意しましょう。

 

見やすく書くと

 

V a l e n t i n e

 

となります。

 

 

正式なバレンタインデーは

St.Valentines(セントバレンタイン)と呼ばれますが、

イベントとしてこの日を楽しむ分には

バレンタインだけスペルすれば十分です。

 

 

さらに細かく解説すると、

もし「ハッピーバレンタイン!」とイベントを

祝うメッセージにしたい場合は

Valentinesと「s」を付けるようにしましょう

 

もし付けないでValentineだけにすると

「この日の特別な人」という意味の

人を表す名詞になります。

 

Be my Valentineの意味と使い方を紹介

 

バレンタインで本命の人に送るチョコには

Be my Valentineと書くか、

このフレーズを言いながらチョコレートを渡すのが

西洋の伝統となります。

スポンサーリンク



直訳すると

「私のバレンタインになって」ですが、

考えてみるとバレンタインデーという日の

本命になってくれるかどうか聞いている事になるので、

好きな人への告白をこの日の為に取っておく

という人も多いのです。

 

 

もう一つのバリエーションとして

Will you be my Valentine?

「私の気持ち、受け取ってくれる?」

という表現も使えます。

 

渡す相手が海外の人の場合は

あなたが本気でその人に

惚れているというサインになるので、

カードに何を書くかは注意しましょう。

 

メッセージ例やアイディアを紹介!相手が喜ぶこと間違いなし

 

もし本命ではない義理チョコをプレゼントする場合は

これ以外の表現を使います。

 

一般的に人気で義理チョコとして

無難な表現は以下になるので、

是非小さなメッセージカードに手書きで

綴って贈りましょう。

 

Happy Valentine’s Day!

「ハッピーバレンタイン!」

 

Kisses for you

「キスあげる!」

 

Be mine

「私のになって!」

 

XOXO

「(キス×2)」

 

Love you

「大好き」

 

You’re so special

「君って素敵」

 

You rock

「ステキ」

 

You’re so cool

「カッコイイね」

 

Hugs for you

「ハグあげる」

 

Me & You

「2人だけ」

 

For my special someone

「特別な誰かさんへ」

 

You’re so sweet

「君ってステキ」

 

まとめ

 

本命であれ義理チョコであれ、

英語で書かれたメッセージカードを

チョコと一緒に渡すとどんな人でも

あなたの事が印象に残る事でしょう。

 

バレンタインのスペル・つづりは

Valentineで、主語がイベントの日か

贈る人かによって「’s」が付くか付かないかが

決まります。

 

Be my Valentineは本気の人にだけ送る

メッセージで、この日を愛の告白を

する機会にする人も海外では少なくありません。

 

義理チョコにもちょっとした

手書きのメッセージを入れると

喜ばれること間違いなしです。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました