薄い爪を強くする方法!弱い爪を厚くして丈夫にしよう

強く健康的な爪は私達の健康状態の

バロメーターでもあります。

 

しかし私達の中にはライフスタイルや

遺伝により弱い爪になってしまうという悩みを

もつ人も多いのが事実です。

 

薄くて弱い爪ではなく、

もっと強くて厚くできたら…!

よく爪が折れてしまう人はそう思っていることでしょう。

 

 

この記事では弱い爪を強く、

薄い状態から厚くできるおススメのライフスタイルや

サプリ情報を紹介するので

爪が弱くて悩んでいる人は参考にしてください。

 

PICK UP

▼巻き爪、深爪、二枚爪や弱い爪のトラブルや改善法▼

弱い, 薄い, 脆い爪を厚くする!二枚爪でもジェルネイルを楽しめるネイルケア

 

スポンサーリンク


 

弱く薄い爪を強くする方法はたくさんある

 

生まれつき爪が薄くて弱くても、

生活習慣を変えていくことにより今よりも

強く厚い爪をはやすことが可能です。

 

健康的で強い爪をはやすようになる

方法はたくさんあるのでできるものから

是非試してみましょう。

 

 

ビオチンのサプリメントを摂取する

 

ビオチンとはビタミンHとビタミンB-7の事を指し、

ビタミンB群の中に属します。

 

水溶性のため、体の中にためておくことができなく

毎日摂取するように心がけなくてはなりません

 

ビオチンは薄くて弱い爪を強化するだけではなく、

身体の神経系統の働きを改善してくれる効果も持っています。

 

イワシやゆで卵、野菜の中に含まれていますが、

普段の食生活が乱れがちな人はビタミンB群のサプリや

ビオチンのみのサプリメントを飲むと良いでしょう。

 

もしかかりつけの担当医がいる場合は、

こうしたサプリを摂取しても問題ないか確認してから

摂るようにしましょう。

 

ビオチンのサプリ

 

 

 

なるべく水で濡らさないようにする

 

水との接触が多くなると次第に爪は弱まり脆くなっていきます。

 

もし皿洗いなどの家事をしなくてはいけない場合は

ビニールの手袋を付けたり、

お風呂に入る時などは湯船から手を出すようにすることが大事です。

 

手は日常的に洗うので「絶対に濡らさない」ことは

ほぼ不可能ですが、頭の隅に入れて

なるべく水を避けることで爪の強度が次第に上がっていきます

 

 

しっかりと水を飲もう

 

よく1日2リットルの水を飲むと良いと言われていますが、

爪の健康状態にも水分補給は大いに関係してきます。

 

日々水分を摂取し、体内の水分が足りているか否かで

生えてくる爪が二枚爪だったり極端に脆く弱かったりするかが

習慣づいてくるのです。

 

2リットルは多すぎと感じる人が多いですが、

身体が強い爪をはやしてくれるようになるためにも

水を普段より多めに飲むようにすると良いでしょう。

 

 

食生活に気を付けよう

 

マルチビタミンやミネラルはもちろん、

バランスのとれた食事を1日3食摂る事も大事です。

 

現代の食事は塩分が多すぎて体が必要とする

重要なビタミンを取り損ねると

身体全体の調子だけでなく、生えてくる爪にも影響するので

何を食べるかには注意しましょう。

 

 

爪に使う商品がダメージを与えている事も

 

マニキュアや「ネイルケア」と称する

市販商品の中には爪に良くない化学薬品や成分が

含まれている事がよくあります。

スポンサーリンク


 

特に除光液はアセトンを含んでいるため、

爪を過度に痛めてしまいます

 

もしネイルでおしゃれをしたい場合は

薬品をあまり使っていないマニキュアや

アセトンが含まれていない肌や爪にやさしい

除光液を使いましょう

 

マニキュアが落ちにくくなりますが、

その分爪が弱くなるのを防げます。

 

 

ジェルやアクリルネイルは避けよう

 

強くて分厚い爪を楽に手に入れることができる

ジェルネイルやアクリルネイルですが、

頻繁に塗り替えや付け替えすることで

一気に爪が弱くなってしまいます

 

もしどうしてもジェルネイル・アクリルネイルが

必要な場合は、続けてつけることは避け

爪にも休憩できる期間をあげましょう。

 

UV(紫外線)にさらすことで

ガンの危険性を高めることは多くの科学実験で実証済みです。

 

日焼けサロンほど危険性はないものの、

爪を支える皮膚組織にとって良くないものなので

多用は避けるようにしましょう。

 

 

爪に何もつけない「休憩期間」をあげよう

 

皮膚と同じように、

爪も呼吸させてあげることが重要です。

 

何枚ものコートやマニキュアを塗ることで

爪はどんどん弱っていってしまいます。

 

もし1週間マニキュアなどのネイルを付けたとしたら、

アセトンが入っていない除光液を使って全て落とし、

次の1週間は何も塗らない状態で過ごしましょう

 

 

爪は適度に短い状態をキープ

 

爪が弱くて薄い人は必要以上に長く伸ばすと

いろんなものに引っかかって折れやすく、

結果爪の先が変な形になりやすくなってしまいます。

 

短めに爪を切っておくほうが

欠けたり、割れたり、裂けたりする危険が減るので

長さには気を付けましょう。

 

 

日常生活ではあまり爪を使わないようにする

 

例えば缶ジュースをあける時など。

 

爪を使うのではなく、

指の腹を使って開けるようにしましょう

 

狭い隙間から何かを引っ張り出そうとする時も

爪ではなく紙をまとめるクリップや定規を使いましょう。

 

爪を道具として使うのは

割れたり欠けたりする原因になるだけでなく、

爪自体を脆くしてしまいます

 

 

爪にもハンドクリームをしっかりと塗ろう

 

除光液を使った後や

爪に充分な水分が行きわたっていないと感じた時は

ハンドクリームをしっかり爪にも塗り込みましょう

 

今はべたべたしないタイプや塗った後すぐにスマホを

操作できるものも安くプチプラ価格で手に入るので

あなたのライフスタイルに合わせて

使いやすいハンドクリームを選びましょう。

 

特に爪が弱っている時は

手を洗った後に塗るなどしてしっかりと

保湿することが大事です。

 

 

肌の水分を奪ってしまうものは極力避ける

 

例えばトイレなどに設置してある

液状のハンドクリーナーがそうです。

 

消毒液は一気に肌や爪をカサカサにしてしまうので、

携帯用のハンドクリーンジェルなどを頻繁に使っていると

一気に割れやすく弱い爪になってしまいます。

 

 

爪磨きややすりの使い方を変える

 

やすりで爪の形を整える時は

前後に削るのではなく、一つの方向に向かって

少しずつ削っていきましょう

 

のこぎりの様にギザギザと力をかけることで

薄く弱い爪になってしまいます。

 

またやすりを掛ける時は爪の両側だけ、

しかも必要な時のみ使うようにするのが理想です。

 

 

掃除する時はゴム手袋をつけよう

 

食器洗いだけでなく、家周りの掃除で

カビキラーなど強力な薬品を使う時は特に注意が必要です。

 

オキシクリーンなども溶かした水に触れると

一気に手の水分を取られてしまうので、

爪の強度を保つためにもちょっとした掃除も

ゴム手袋を使うと良いでしょう。

 

 

使っているシャンプーや石鹸、洗顔料は大丈夫?

 

頭皮や髪の毛が脂っぽくなりがちな人は、

シャンプーや洗顔料を「オイリー肌用」のものを使っている

場合が多いと思います。

 

日常的に使うものだけに、

こうした細かい所でも手や爪に必要な油を

剥がしてしまう要因があるので、

もし弱くて薄い爪に悩んでいるなら

使っているものを変えてみて数週間様子を見ましょう。

 

爪が以前より強くなる可能性もあります。

 

 

改善が見られない場合は、医者に診てもらいましょう

 

爪にやさしい日常生活に変えて

数週間様子を見ても状態が改善しない場合は、

何かあなたがまだ気付いていない病気が潜んでいるのかもしれません

 

手遅れになる前に医者に相談し、

もちうる疑問に答えてもらいましょう。

 

爪の状態を見て必要なら

処方箋がある時のみ手に入る、

爪のトリートメントやクリームがもらえるかもしれません。

 

 

まとめ

 

自分の爪が良くはがれたり曲がったりして

痛い思いをしている人は、

爪にダメージを与えないように意識しながら、

日常の習慣を少しずつ変えてみると

より強くて厚い爪が生えてくる可能性があります。

 

爪はあなたの健康状態をしっかりと示してくれるので

常に気を配ると病気とは無縁な生活を送れることでしょう。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました