薄い爪が痛い!ジェルネイルを剥がすと爪を削って痛める

 

爪が薄く弱い体質の方はジェルネイルをしても大丈夫か

心配になることもあるのではないでしょうか。

 

ジェルネイルをしている時は通常よりもぶ厚くなるので、

強くなってそうですけど、問題は剥がす時です。

 

ジェルだけを削っているように見えても、

一緒に爪も削っているのです。

 

結果、ますます爪が

薄く弱くなってしまいます。

 

ジェルネイルを付けっ放しにしておけば

2週間くらいはキレイな状態のままでいるので

そうすれば爪を削る頻度は少なくなります。

 

しかしデザインを変えたい時や

何かの事情で剥がさなければ

いけないこともありますからね。

 

そこで薄い爪でも

ジェルネイルを楽しむ方法を紹介します。

注意する点や爪を傷つけない方法もこの記事で

説明していきます。

 

また爪の健康に良いことも

合わせて紹介します。

スポンサーリンク


 

PICK UP

▼巻き爪、深爪、二枚爪や弱い爪のトラブルや改善法▼

弱い, 薄い, 脆い爪を厚くする!二枚爪でもジェルネイルを楽しめるネイルケア

 

ジェルネイルを弱い爪でも長持ちさせる方法

 

ジェルネイルをする前に

ちょっとしたケアをすることで

長期的により強く厚い爪を

手に入れることができます。

 

まずは爪を軽くやすりがけし、

ジェルと爪の間に

隙間ができないようにします

 

このやすり掛けをすることにより

ジェルがより取れにくくなるからです

 

せっかくのジェルネイルなので

誰もがなるべく長く持たせたいはず。

 

また隙間ができるとそこに水分が入り、

雑菌が繁殖したり、

カビたりする可能性もあるのです。

 

こうなると衛生的に問題になり、

爪を弱めたり細菌に感染することにより

爪自体の色が変色してしまうケースがあるので

そのリスクを少しでも減らすことが重要です。

 

もし自分でUVライトを使い

ジェルネイルをする場合は、

しっかりと行うようにしましょう。

 

やすりをかけることで

爪が若干弱くなってしまいますが、

やすりにネイルオイルを数滴たらしてから

爪にかけることで負担を軽減することができます

 

薄くて弱い爪を持っているという人は

是非試してみてください。

 

このジェルネイル前に爪ヤスリなどで

軽く削ることを「サンディング」と言います。

 

ここであまり削りすぎると

さらに爪が薄くなるので

注意が必要です。

 

ジェルネイルの仕上がりをより良くするつもりで、

削りすぎてしまうケースが多いようなので、

削りすぎないように注意しましょう。

 

仕上がりを気にするなら、

サンディング後に

きちんと削れた爪の粉をふき取りましょう。

 

なおサンディングが必要ない

ノンサンディングの

ジェルネイルもあるので、

もし少しでも爪を削りたくないのであれば、

ノンサンディングのものを選ぶという選択肢もあります

ジェルネイルを剥がす時に爪を弱めないよう気を付ける事

 

次に、爪を薄くしてしまう原因である、

ジェルネイルを剥がす際の対処法です。

 

剥がす工程は思っているよりも

爪にダメージを与えてしまうので、

爪が弱く割れたり欠けたりしてしまう人は

常に注意しておきましょう。

 

剥がす前の対処になってしまいますが

使用するジェルネイルをハードタイプではなく、

ソフトタイプにすれば爪を削る必要がありません

 

ハードタイプの種類はネイルオフする時

削り取る必要があるのでジェルを落としきるには、

多少なりとも爪を削ることにつながります。

スポンサーリンク



 

しかしソフトタイプのジェルネイルは、

アセトンという薬液を使うことで

ジェルを溶かせるので、

爪を削る行為自体を省くことができます。

 

アセトンのデメリットは

  • 匂いがきつい
  • 乾燥する

等があげられますが、

物理的な悪影響も少なく

爪を削ることがないので、

薄い爪の人には適している点が多いです。

 

ただ乾燥することは防げないので

爪を本格的にケアしたい方は

ネイルケアに特化したハンドクリームを

塗るのを忘れないようにしましょう。

 

このように対策があるので興味のある方は、

ソフトジェルネイルを

試してみてください。

 

単純な回避方法ですが

爪を削る工程を極力減らすというのが、

薄い爪を持つ人でも

ジェルネイルを楽しむ最も効果的な秘訣です。

爪が薄い人は体内・体外からケアして厚くて丈夫な爪を手に入れよう

 

ジェルネイルを使う場合でも使わない場合でも、

爪の健康を守るのは大事なことです。

 

まず爪も体の一部なので

摂取する栄養の影響を受けます。

 

爪が必要とする栄養は

タンパク質、ビタミン、ミネラルです。

 

ビタミン、ミネラルに関してはマルチビタミンで、

タンパク質に関しては

プロテインで摂取することができます。

 

なかなか日々の食事でこれらの栄養素を

十分に取ることは難しいので、

サプリメントの力を借りるのも一つの手です。

 

特にプロテインに関しては

きちんと摂取すると

爪の伸びが早くなるほどです。

 

これは摂取し始めて割と短期間で

実感することができます。

 

内臓に疾患がある場合は

お医者さんに相談してからの方が

良いでしょうが、

女性であれば1日40グラムの

タンパク質やプロテインを摂取するのが

理想とされています。

 

男性や、特に爪を

強化したい場合は自分の体重を

グラムに換算した量を

摂取するのも良いです。

 

55kgの人であれば55gということですね。

 

プロテインの容器に1スプーンあたりの

タンパク質量が書かれているので、

それを参考に摂取してください。

 

また爪のケアとして、

保湿をしっかりしましょう。

 

ネイルオイルや

保湿クリームを爪に塗り込みます。

 

特に爪の付け根の

キューティクル部分はしっかりと塗ります。

 

爪自体にも何度か塗り込むようにすることを

習慣にするとみるみる違いが出てきます。

 

しっかりと栄養をとり乾燥を防ぐことで、

爪の成長を促進し薄い爪を守ることができます。

まとめ

 

薄い爪の人がジェルネイルをすることについて、

まったく問題はありません。

 

むしろジェルネイルによって爪が厚くなり、

丈夫になるためやった方が良いとも言えます。

 

注意したいのはジェルネイル前のサンディング、

ジェルネイルを剥がす際の削る工程の2つ。

 

弱い爪を持っている人は爪が減り、

薄くなる可能性があります。

 

サンディングをやりすぎないこと、

アセトン(剥がし剤)で

落とせるソフトジェルネイルを

使用することで削る量を減らすことができます。

 

また爪自体の健康状態をよくすることも有効です。

 

タンパク質、ビタミン、ミネラルをしっかりと撮り、

爪に栄養がいきわたるようにしましょう。

 

最後に爪の感想を防ぐため、

ネイルオイルや肌用の保湿液を使い、

潤いをキープすることも重要です。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました