渡部健の不倫騒動でで六本木ヒルズの多目的トイレが観光地化?

 

渡部健の不倫スキャンダルで

SNSで「多目的トイレ」という

ワードで炎上中。

 

六本木ヒルズの地下駐車場と不倫相手との

「密会」があった場所として公になり、

中には実際に足を運んで動画にして

ユーチューブに掲載する人も増えているといいます。

 

このままこの場所の「多目的トイレ」は

観光地化してしまうのでしょうか?

スポンサーリンク


渡部健の密会場所、多目的トイレで実演?

 

不倫すカンダル問題で話題の

渡部健さんですが、不倫女性と

関係を持った場所とする六本木ヒルズの

地下駐車場にある「多目的トイレ」。

 

実は今ユーチューバー達がこぞって

実際の場所に行き、この特定された

トイレがどのような構造になっており、

さらに中にはどういった風に

(渡部健が)関係を持ったのかを実際に

人形を使って解説する動画まで出始めました。

 

渡部健は都内の会社員の女性を

ここに週2回ほど呼び出し、「密会」を

3年(以上?)にわたって行っています。

 

女性によると、「(関係を持った回数は)

30回を超えているかもしれない」という話。

 

六本木ヒルズを管理する森ビルにもダメージ

 

六本木ビルは「森ビル」に管理されていますが、

今回のこの大事件でビルや、その多目的トイレに

メディアが押し寄せるのは火を見るよりも明らかなため、

森ビルにとっても渡部健がしでかした

ダメージは非常に大きくなります

 

押し寄せるのは上記の通り

メディアだけではないため、

不倫現場の観光地化を避けるのは

もはや不可能

 

背徳的な行為が行われた場所として、

また品やモラルのないマイナスイメージは

もはや払拭するのは難しいでしょう。

 

もし取り壊して新しいものに変えたところで、

人からの印象は変わらなく、

そもそもリフォームする費用も

とんでもないものになります。

スポンサーリンク


SNSでは

「『多目的トイレ』と聞いただけで

変なイメージしか湧かなくなった」

「車椅子など本当に多目的トイレでないと

使えない人達にとって最低の行動」

お母さん達が赤ちゃんのおむつを

変える場所なのに、卑猥な事をされては

嫌なイメージしか浮かばない

などと怒りの声だらけです。

 

男女で一緒に入ったからって

一人が介護や手助けをしなくてはいけない

家族間の場合だってあるのに、

もう偏見の目でみられるようになる

という懸念の声も。

 

 

ツイッターで#多目的トイレの反応

 

ここでこの度の多目的トイレについての

人々のツイートを紹介します。

 


実際の六本木ヒルズの地下駐車場の

多目的トイレだけでは終わらず、

このようにトイレのシートを作っている

製造会社にとっても大迷惑となっています。

 

 

 

そして、ここにもさっそく

足を運んで撮影した人が。

まとめ

 

渡部健による不倫により、

多目的トイレという場所自体への

偏見が生まれてしまいました。

 

美食家として数々のレストランを

紹介してきた彼ですが、そこも

迷惑をこうむってしまう事でしょう…。

 

まだまだこの不倫スキャンダルの

余波は広がっていくばかりです。