しゃくれ・受け口矯正!顎を引っ込めるにはスプーンが効果的?自力で直すには

今人気のコンビ漫才師もですが、

最近では若い人にしゃくれや

受け口になる人が多い傾向があります。

 

このしゃくれ・受け口は

歯科や矯正歯科できちんと

正しい矯正を受けると治ることが殆どです。

 

ただ、やはりそれほど高くないとはいえど

お金がかかることも事実です。

 

お金をかけるのはちょっと…、

という方におすすめするのが

マッサージなどで受け口・しゃくれを

ゆっくり少しずつ

治していくという方法です。

 

スプーンを使って

顎を引っ込ませるという方法も

効果的だといわれていますが、

口の中を傷つける危険も含んでいるので、

気を付けて実践しましょう。

 

この記事では受け口・しゃくれの

矯正や種類についてをまとめていきます。

スポンサーリンク



受け口・しゃくれの種類 親不知が原因でしゃくれる事もあるのは本当?

 

受け口には2つのタイプがあります。

 

受け口は歯の異常な位置による「歯槽性」と、

もう1つが下顎の骨が上顎のものと

比べて大きい「骨格性」の受け口です。

 

歯の位置異常の受け口は

上の歯が本来あるべき所よりも

内側に生えてしまったり、

逆に下の歯が本来生える所よりも

外側に生えてきたために

上下の噛み合わせが逆に

なってしまっている状態のことを指します。

 

そして骨格性の受け口は

本来の上下の顎の成長量や

位置がずれてしまっている

受け口のことです。

 

しゃくれに関しては下の顎の位置や

大きさに異常のある

下顎前突症(かがくぜんとつしょう)」タイプと

受け口と同じく歯並びに

問題のあるタイプの2つがあります。

 

しかし後者は受け口とも呼ばれており、

実は下顎前突症と反対咬合を総じて

しゃくれと呼ぶことが多いのです。

 

下顎前突症は下顎にある骨が

前方に突き出すことにより

噛み合わせも全体的に

前方へとずれてしまいます

 

また親知らずがあることにより

噛み合わせがずれて

しゃくれたのではないか?

という意見もあります。

 

しかし親知らずを抜くことにより

そこの部位の痛みは無くなりますが、

歯並びが良くなるわけではないので

親知らずを抜いてしゃくれが治る

という訳ではなさそうです。

 

スプーンとマッサージ、長い顎を引っ込めるのに効果的なのはどっち?

 

しゃくれや受け口を自分で矯正するやり方も

ネットで検索すると幾つかヒットします。

 

方法は…

 

まずスプーンの裏側を上顎の裏にあてます。

そしてスプーンの丸い部分を口の中に入れて、

持ち手が口の外に出ている状態にします。

その後スプーンの持ち手で

下顎をグーッと少しずつ押し込んでいきます。

所謂テコの原理を応用することにより、

自力でしゃくれを治していくのです。

 

ただ力を込めすぎると口の中を傷つけたり、

歯を傷める可能性が高くなるので、

力加減には十分気を付けましょう

 

スプーンだけでなく、

顔のマッサージでしゃくれや

受け口を治していく方法もあります。

 

まず始めに、顔全体にあるコリをほぐすために

筋肉を揉み解すイメージで

優しく頬に円をぐるぐるかきながら

マッサージをしていきます

 

次に奥歯を軽く噛みながら、

耳から顎にかけてこぶしを下へと

降ろしていきながら少しずつ押していきます。

スポンサーリンク



このまま首筋へ向かって流していく

イメージを持ちながらマッサージすると、

リンパの流れもスムーズになって

更に顎の部分も小さくなっていき、

効果が増してくれます。

 

また、痛い所があれば「気持ち良い」と

感じる範囲でグリグリと

マッサージをしてあげるのも効果的です。

 

このフェイスマッサージですが、

力の入れ過ぎは勿論、

肌を傷つけることに繋がるので

肌荒れやニキビが出来ている方には

おすすめできません

 

スプーンとマッサージ共に

何日か行えばすぐに治るわけではなく、

効果があっても1、2年は

続ける必要があります。

 

更に言うと、スプーンで矯正する方法は

乳歯が生えているときに行うと

多少の効果は得られますが、

大人の歯が生えてきてからすると

効果が期待でない上に、

歯並ぶ列が歪むことにも繋がるので、

大人がするのはやめた方が良さそうです。

 

したがって自力で

長期間でも矯正を行うなら、

マッサージの方が効果が

期待できるかもしれません。

 

ただ、マッサージをしていて

顎に痛みを覚えた場合は

すぐにやめるようにしましょう。

 

しゃくれや受け口を自分で治すには時間をかけないと顎関節症に

 

顎関節症とは

  • 顎が痛む
  • 顎から音が鳴る
  • 口が開きにくい

などの症状が出ているときに

診断されることが多い症状です。

 

顎関節症は若い女性が多く

これは女性の方が男性に比べて

顎関節や顎の骨格、

食べ物などを咀嚼する筋と耐久力が

弱いためだといわれています。

 

顎関節症の原因はストレスや歯ぎしり、

悪いかみ合わせや不正咬合、

食いしばりなど様々です。

 

また、しゃくれや受け口を自力で

直すときも最初は顎関節症ではないのに、

短期間で早く治そうとすると

あまりに力を入れ過ぎて痛みを伴い、

結果として顎や顎の周りの筋肉や

口の中を傷つけてしまい

口や顎が開きにくくなり、

顎関節症やその予備軍になってしまう

可能性もあります。

 

上記のスプーン矯正や

フェイスマッサージも、

自己責任で行うようにして下さい。

 

紹介したマッサージも

力を入れ過ぎて痛くなると危険な証拠なので、

焦らずに気長に痛くならない程度で行いましょう。

 

また顎関節症も歯科や矯正歯科で

適切な治療を受けると治ることが殆どですので、

心配な時は近くの歯科・矯正歯科に

相談してみましょう。

 

 

まとめ

 

しゃくれの種類の受け口には

歯槽性と骨格性という

2つのタイプがあります。

 

これらは歯並びが関係してきますが、

さらに下顎前突症という顎が

前方に突き出ている状態の場合もあります。

 

どれも歯科矯正で治療することが

可能ですが、お金と時間がかかります。

 

しゃくれ顎はスプーンで

テコの原理をつかい、

少しずつ長い時間をかけて矯正していく

方法もあります。

 

リンパを流すイメージで行う

フェイスマッサージも効果がある場合が

ありますが、力を入れすぎたり

清潔じゃない手でマッサージを行うと

肌荒れやニキビの原因になるので

注意が必要です。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました