髭の白髪を染める方法!ヘアカラーは危険なので注意

男性女性問わず

白髪が目立ってくると気になりますよね。

 

一本二本なら、例えば

もみあげのエリアだけ白髪や

額の際から生えてくる白髪が

多いのではないでしょうか?

 

こうした部分的に入る白髪は

手間をかけずに染めることができますし、

1日だけ持たせて

洗い流すことができる商品が売られています。

 

しかし意外と少ないのが

男性のヒゲ用のカラーリングや染料。

 

年齢を重ねてくると、

男性でヒゲを生やしている方は

ぽつりぽつりと髭の中に現れる

白髪に悩むようになる方もいるかと思います。

 

ヒゲの白髪を染めるには

どうしたら 1番良いのか、

この記事で紹介していきます。

スポンサーリンク

ヒゲを染めるには髪の毛用の線量の使用は禁止

 

ヒゲの白髪を染めるのに

真っ先に思いつくのが、

髪の毛を染めるときに使う

ヘアカラーや染料かと思います。

 

髪をよく染める方なら

「マニックパニック」などの

メーカーが浮かぶことでしょう。

 

その他ドラッグストアで

お手軽に手に入るブランドとしては

メンズでいうと「ギャツビー」や

「メンズビゲン」などが挙げられます。

 

しかし実は髭を染めるのに

ヘアカラーを使うのはとっても危険なのです。

 

1番の理由はこれらのヘアカラーに使われている薬品は

頭皮に付着することを想定されたものであり、

顔の皮膚に少しでもついてしまうと

ものすごくしみたり、

肌に良くない化学反応を

起こしてしまうからなのです。

 

こちらの肌荒れがなかなか治らない方のための記事でも

紹介しましたが、

顔の皮膚、特に顎のエリアは

非常に皮膚が薄い箇所となるのです。

 

ただでさえ敏感肌の人が多くなっている中、

頭皮用に作られた強い薬品が触れただけで

一生取れない斑点やシミが

できてしまうかもしれません。

 

男性でヒゲを染めたい方は

ヘアカラーを使うことだけはやめておきましょう

 

ヒゲを染めるにはヘアマスカラや毛染めシャンプーを利用

 

最も良い方法なのが

ヘアマスカラといった

ワンド型の毛染めとなります。

 

これは部分的に毛を

染めることができるために、

ヒゲの細かい箇所に入っている白髪や

顔周りに生えている

白髪をお手軽に黒くすることができます。

 

またカラーバリエーションも実に豊富。

スポンサーリンク

 

ベーシックの「ブラック」から

「ライトブラウン」、

「ナチュラルグレー」など

様々な色がインターネットで

販売されているので

大手の販売サイトを見てレビューを読み、

購入することができます。

 

 

もう一つの選択肢としては

毛染めシャンプーを髭に使うことです。

 

「利尻シリーズ」が最も有名ですが、

髪を洗うことを目的にした

カラーリングのため

ヘアカラーよりは

肌に優しいものとなります。

 

ヘアマスカラよりは

染めるのに時間や回数がかかりますが、

こちらも肌を痛めずに

ヒゲを染めることができる方法の1つです。

 

ヒゲを染めるとき肌を痛めないようにする

 

実際にヒゲを染めるときは

ヒゲの周りの皮膚に

ワセリンなど油を基本とした

クリームを塗りましょう。

 

この時厚めに塗るのがポイントです。

 

こうすることにより

染めたい範囲から

はみ出してしまったヘアカラーが直接肌につき、

色を与えてしまうことを

防ぐことができます。

 

さらに間違って髭から

はみ出してしまったカラーリングが

何も保護されていない肌を痛めることも

防いでくれるので一石二鳥となります。

 

カラーをつけているときは

必ずオイルがワセリンやクリームが

髭の生え際に付着していることを確認し、

染料を洗い流す際は先に

それらをティッシュなので拭き取ってから

シャワーに向かうと良いでしょう。

 

まとめ

 

ヒゲを染めたい男性は

ヘアカラーを使うよりも

ヘアマスカラや毛染めシャンプーを

使う方が肌にダメージを与えません。

 

敏感肌の方は特に

ワセリンやクリームなどを使って

肌を保護してから

染めるようにしましょう。

 

インターネットの販売サイトの方が

普通のドラッグストアよりも

種類が豊富です。

 

この時実際にカートに入れ購入する前に

しっかりレビューを読んでから選びましょう。

 

まだ日本では髭専用の

カラーリングが販売されていませんが、

欧米では市販で手に入れることができます。

 

フェイスマスクや

毛穴のつまりを取るメンズ用スキンケアと同じく、

次第に市販されるまで

ニーズが高まってくるので期待して待ちましょう。

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました