富川悠太は性格と頭が悪いイケメン?子供がダウン症なのは本当?

 

スポンサーリンク


テレビ朝日の

アナウンサー、富川悠太さんは

隠れファンの人がいても

おかしくないイケメン。

 

しかし中には「頭悪すぎ」や

「降板」をネタに盛り上がる人も。

 

「報道ステーション」や

「スーパーJチャンネル」などで

活躍する彼は、様々な

噂に取り囲まれています。

 

しかし彼の本当の姿とは…?

この記事で包み隠さず

紹介していきます!

 

またこの記事では

富川悠太さんが阿部首相に

インタビューしている動画があるので

必見です!

 

イケメンな富川悠太アナ!ニヤニヤ顔は彼特有の笑顔?

 

テレビ朝日入社時、

「報道だけは嫌」と頑なに

拒んでいたものの、気がつけば

この道に。

 

しかし彼の人気はじわじわと上がっていき、

出演の増加などテレビでの露出が

増えるにつれて彼のファンも

比例していきました。

 

「好きなアナウンサー」という

ランキングでも連続で1位を獲得

するほどの人気ぶり。

 

ルックスも良いので

特に中年女性からの支持が

圧倒的な日本が有する大手テレビの

アナウンサーの一人です。

 

しかし富川悠太さんのそんなルックスも

笑顔が「ニヤニヤ」という表現が

ネット上でされています。

 

これは彼の性格を嫌いという人が

拡散しているものなのでしょうか?

 

富川悠太アナウンサーはどんな性格?

 

彼が今まで行った

数々のインタビューが

ユーチューブに掲載されており、

誰でも見ることができますが

阿部首相に対して政治の知識を

準備せずに時間を無駄にするような

質問をしてしまっている姿も。

 

 

3分30秒ごろからの

やり取りに注目。

 

「国民投票の真意を疑ってるの?」という

阿部首相からの突っ込みを

見ることができます。

 

またアナウンサーとして

言葉の含蓄や言い回しが

神経を逆なでするように

引っかかるところがある、という

場面もいくつもありました。

スポンサーリンク


 

例を紹介すると…

 

「(同級生が死んで)どう思う?」

 

これは地震で小学生が建物の

下敷きになり死亡してしまった時、

その同級生に対して投げかけた言葉

 

幼い頭に死の現実を突き付けられた

直後の子供にぶしつけに聞く

質問ではないと誰もが思うはず。

 

 

さらに局内で富川悠太アナの

補助役をしていた小川彩佳アナを、

大勢が集まる会議中に名指しで

批判したというエピソードも有名。

 

同じ職場で働く仲間に不満を

覚えることは誰もがありますが、

何も大勢の前で晒す前に

一対一で相談や話をすることも

可能だったはず。

 

上記の小学生や同僚の気持ちを

少しも汲むことができないという、

「共感力」やさらに基本的な

「想像力」を使って彼らの立場だったらと

考えるのが苦手、あるいはそれよりも

言葉が先に出てしまう性格なのかもしれません。

 

「悲しい」「嬉しい」「傷つく」等

生き物である以上誰もが持っている

原始的な心の動きが、

自分以外にもあるのを理解できないのは

「アスペルガー症候群」の特徴でもあります。

 

近年になってやっと

取り上げられるようになった

障害の一つで、「対人関係の障害」が

特徴でもあります。

 

精神的障害を持っているかは

彼が専門医にかかってみなければ

分かりません。

 

お子さんがダウン症というのは本当?

 

障害で話が繋がりますが、

富川悠太さんの子供が

ダウン症だという噂がありますが、

これは全くの嘘でありでまかせです。

 

富川悠太さんのいとこが

難病の一つであるALS

(筋萎縮性側索硬化症)で

亡くなったことが報道され、

それで中途半端な疾患への

知識から彼の子供が

ダウン症であるという噂に

なったのかもしれません。


 

しかし親族の死を機に

富川悠太さんはALSについての

取材と報道をし、人々に正確な情報と

認知を伝えようとしました。

 

彼の努力のおかげで

以前よりも世の中の

筋萎縮性側索硬化症に対する

理解が深まったのです。

 

この行動から

彼自身は嫌いだという報道に

投身するという自分の職に対する

情熱を認めないわけにはいきません。

 

まとめ

 

報道ステーションの看板アナ、

富川悠太さんの賛否両論を

紹介しましたが、

如何でしたでしょうか?

 

彼の性格や

とんちんかんなインタビュー、

また彼の子供がダウン症なのかどうかの

情報をお伝えしました。

 

富川悠太アナの今後の

岐路や展開を彼のファンも

そうでない人も

画面越しに

彼の飛躍を期待しましょう。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました