レッドビーシュリンプにヒーターは必要?飼育方法

 

紅白模様が鮮やかな淡水エビのレッドビーシュリンプ。

 

見た目の美しさで人気急上昇中の観賞用エビですが、

飼う時に注視しなければいけないことがあります。

 

それは水温!

 

適温は24度くらいで、

適温から±3度以内に水温を保たないといけません。

 

日本で飼うなら冬は寒く、夏は暑く、

ただ水槽を用意するだけでは元気に育てることはできません。

 

そこでこの記事ではレッドビーシュリンプの

水槽温度を適温にキープする方法について紹介します。

 

スポンサーリンク


 

水槽の理想の水温は?ヒーターを付けよう

 

 

レッドビーシュリンプは

元々白黒模様だったビーシュリンプが突然変異したもので、

その突然変異種を人間が別の場所に移し、

繁殖させその数を増やしてきたものです。

 

その背景があり飼い方を調べる際に、レッドビーシュリンプの

情報が少なければ「ビーシュリンプ」について調べることで

飼い方のヒントを得られる場合が多いです。

 

しかし実際には多少の差異があります。

 

どちらかといえばレッドビーシュリンプの方が弱い個体で

快適に生きられる酸性アルカリ性の基準を表すpH値や水温の幅が

ビーシュリンプに比べて少しだけ狭いです。

 

弱酸性の水質で水温は適温24度付近を維持しなければいけないのも

重要なポイントです。

 

 

水の入れ替えと水槽の大きさ

 

水の入れ替えを一度に大量に行うと水道水が中性より若干

アルカリ性よりなので弱酸性を保てませんし、

水道水の温度は季節によって大きく変わるので、

同じく水の入れ替えによって環境を大きく変えてしまいます

 

なので体調2cm程度と小さな個体ですが、

大きめの水槽を用意しておいた方が水の入れ替えによる

水質、水温の変化をなだらかにすることができます

 

それでも大きな水槽が持てない状況であれば、

水槽に入れる前に水質・温度を調整して、バランスを取った後、

水槽の水を入れ替えれば変化を抑えることができます

 

ヒーターとクーラーで温度を管理

 

水温は21度〜27度以内をキープするようにします。

 

真ん中である24度にするのが理想ですが、

高い温度だと酸欠になる可能性が上がるので、

なるべく温度が上がらないように注意しましょう。

 

同じ季節でも日々の気温は大きく変わることが珍しくなく、

エアコンの使用なども水槽温度に影響を与えます。

 

部屋をアクアリウム用途に限定して、

24時間365日エアコンを使い室内温度を一定にすれば

レッドビーシュリンプが快適に生きられます

 

しかし、これは自宅ではなかなか難しいことです。

 

そこで、水槽の温度を水槽用のヒーターとクーラーを使い

自動で調整されるようにすることをおすすめします

 

レッドビーシュリンプ、夏と冬の水温

 

 

日本では年間を通して大きく気温に変動があり、

寒い時には0度を下回り、

高い時には40度近くまで上がります。

 

これでは、水槽用の温度調節装置なしで、

レッドビーシュリンプが生きることはできません。

 

まずは冬に活躍するヒーターについてです。

 

水槽用ヒーターは、水温を上げるヒーターと、

ヒーターの出力を調整するサーモスタットの組み合わせです。

 

このサーモスタットとヒーターは別々で用意しなくても

一体型を購入することもできます。

 

ただし、ヒーターは消耗品であり交換が必要なのですが、

サーモスタットは必要ないのに交換することになり、

コストパフォーマンス的にはあまり良くないです。

 

一体型のメリットは設置がしやすく簡単に取り扱えることで、

初心者はこちらを購入した方が楽に設置を行えます

 

また、一定の温度にのみ設定されるオートヒーターもあります。

こちらも一体型と同じくサーモスタットは必要ありません。

 

レッドビーシュリンプに適した24度、もしくは23度の

ものを選べば設定が必要なく電源を入れるだけで使用できます。

 

 

 

ヒーターの電力

 

それから、ヒーターの電力にも注意しなければいけません。

スポンサーリンク


 

水槽に入れる水の量(リットル)を2〜2.5倍したものが

適切な電力のワット数となります

 

50リットルの水槽なら100〜125ワットです。

 

電力量が少なければ十分に温まりませんし、

多ければ温めすぎや故障の原因になりますので、

必ず適した電力量のものを選択してください。

 

 

水槽用クーラーの種類

 

次に、水槽用クーラーです。こちらは3種類あり、

  • 冷却ファン式
  • ぺルチェ式
  • チラー式

です。

 

ただ冷却ファン式は温度を保つのに向かないので

レッドビーシュリンプの場合、選択肢から外した方が良いです。

 

残り2つの方式は水槽のサイズで決めることができ、

ベルチェ式は60リットル以下、チラー式はそれ以上です。

 

冷却能力はぺルチェ式が下ですが、動作音が小さいので、

そのポイントから選ぶのもありです。

 

水槽用クーラーにもサーモスタット機能を持つものがあり、

こちらを使えば冷えすぎを防ぐことができます。

 

春秋についてはヒーターとクーラーの両方を使いましょう

 

まとめ

 

レッドビーシュリンプの飼育には細かい水温調節が必要です。

 

適温は24度で、21度から27度までの水温を維持させましょう。

どちらかというと低めの方が悪い影響を与えません。

 

水温の維持には水槽用ヒーターと水槽用クーラーを使用します。

 

レッドビーシュリンプ専用のヒーターであれば、

あらかじめ決められた温度に調整されるオートヒーターが

おすすめです。

 

水槽に取り付けて電源を入れるだけで使えます。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました