火球とは?流れ星との違いはこれ!目撃できる確率を紹介

あなたは火球をご存知ですか?

 

きっと頭に思い浮かぶのは、

流れ星のような速度を帯びて

落ちていく星…のような映像でしょうか。

 

実際に興味があって調べないと、

イメージも沸きにくいですよね。

 

この記事では

火球と流れ星の違いも含めて、

知っておくとさらに空や星が好きになる

情報をご紹介します。

 

火球とは?ただの巨大な流れ星?

 

そもそもあまり天体などに

知識のある人でなければ、

火球の存在が何なのかすら

掴むのが難しいかと思います。

 

火球とは元を正せば

流れ星と実態は同じです。

 

ただ明確な違いを言うのであれば、

星の光の強さと物体の大きさです。

 

明るさが強い星が

流星となるのを「火球」と呼びます

 

実際のところその定義は?と

思うかもしれませんが

「3~4等級の明るさに匹敵すれば

火球」と呼ばれるそうです。

 

3~4等級の明るさがわからない!と

思わず考える人もいるのではないでしょうか?

 

実はこの明るさは金星の光

それに匹敵するので

それを基準に考えてみたら、

流星か火球かの判断が

つきやすくなるでしょう。

 

 

大きさに関しては

流れ星は微笑天体なので

一瞬の発光で終わるのに対し、

火球はそれよりも比較的大きいため

発光する時間も長く、落ちていく様が

長く見られるのが特徴になります。

 

見ることの確率はどれくらい?見れたらラッキー?

 

火球を実際に肉眼で見れる

確率はどのくらいなのでしょうか。

 

そもそも生活している上で、

流れ星を見ること自体が

相当少ないですよね。

 

普段から夜空を眺める習慣が

ある人でも、なかなか少ないのでは

ないでしょうか。

 

流星群などが観測されることを

知っていれば眺めることは

あるかもしれませんが

普段の何気ない夜に、

空を見上げることも

多忙な毎日をおくっている人は

なかなかないかと思います。

 

その中で更に「火球」であることを

求められる場合、

確率はかなり低くなりますよね。

 

残念ながら予兆などもありませんし、

昼夜いつにみられるかも不確定なものです。

 

しかし確率を上げるとすれば、

やはり流星群のときに見られる確率は

上がるので、もしタイミングが合えば

流星群の日に空全体を見渡し、

火球を探してみるのが最も目撃しやすい

チャンスとなります。

 

ちなみに火球は運がいいと

破裂音も聞こえてきます

 

昼間でも見ることができる?

 

火球に限らず、流れ星は実は

昼夜いつでも発生しているため、

見ることはできます。

 

 

ただ太陽が出ている日照時間は

空の色も明るいため、

暗い夜間の空に比べれば

肉眼ではっきりと見るのは

なかなか難しいともいえます。

 

しかしそれ以上に輝きの強い

火球であった場合は、

たとえ昼間といえども

見れることがあるのです。

 

ものによっては火球ではなく「人工衛星」などの

違うものの輝きである場合があるようなので、

見れたとしても曖昧な部分は、

いまだに多くあるようです。

 

やはり観測の醍醐味は、

夜間の空ともいえますね。

 

火球のスピリチュアルな意味とは

 

火球にはスピリチュアルな意味が

込められているのをご存知ですか?

 

「火球を見ると幸運が訪れる」

といわれているそうです。

 

なんでそんなことが

ささやかれるようになったのか?

 

 

流れ星を見つけると

願いがかなうというジンクスが

あるのは皆さんもご存知だと思います。

 

火球のスピリチュアルな所以も

そこからどうやら派生しているようです。

 

 

流れ星自体が流星群とかではない限り、

そもそも希少なのでさらに希少な

火球を見られると幸運になるよ!

・・・といったところでしょうか。

 

信憑性などは特にありませんが、

信じることは無意識的に行動にも

繋がっていくので、

一概には否定できないのかもしれません。

 

たまにはゆっくり星空を見上げてみて

 

 

現代では、いろんな産業が発達し、

大きなビルも多く輝くようになった都会では

星を肉眼で見れることも少なくなってきました。

 

しかしすこし山の上までいけば、

満点の星空を見上げることができます。

 

星に興味がある人は望遠鏡を持って

都会から離れてみるのも

新しい発見に繋がるかもしれません。

 

まとめ

 

火球は流れ星よりも

はるかに明るく、

燃え上がりながら流星と

なるものを呼びます。

 

大きなものだと

地上にいながらでも

爆発音がきこえるものも。

 

昼間でも火球は地球の大気に

向かって降り注いでいますが、

太陽光が強いために

肉眼で見ることはかなり難しくなります。

 

流れ星の様に

火球にも人によっては

スピリチュアルな意味を

持つ事もあります。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました