ライオンブリッジのバイトを体験!テストの不合格は必ず起こる 在宅で広告評価

バイト情報を探していると

「ネットの広告評価」や「在宅ワーク」として

時給がやけに高いライオンブリッジという

会社のものを見かけたことがあるかと思います。

 

様々なバイトサイトに掲載されており、

募集期間もなかなか長いのが特徴です。

 

「これってちゃんと支払ってくれるの?」

「やけに時給が高いけど、真っ当なバイトなの?」

等、私も応募する前はそんな疑問で頭がいっぱいでした。

 

しかし実際に応募し

トライアルテストを終え働き始めたら、

家を離れることができない主婦や

体力に自信のない人には

理想のバイトであることが判明!

 

この記事では私がライオンブリッジの

バイトとして働いていた情報や

体験談を紹介していきます。

スポンサーリンク


 

ライオンブリッジのテストは必ず1回は落ちる

 

募集しているのは

「Lionbridge Japan」という会社なのですが、

実際にトライアルテストやバイトの概要の説明を

受けるのは英語となります。

 

 

始めから英語というとハードルが高く感じてしまう人も

いると思いますが、仕事内容や

説明される内容はある程度パターンがあるので

理解は難しくありません。

 

新しくライオンブリッジ専用のメールアドレスを

所得後に持っているスマホの番号も

相手方に伝え認証を行います。

 

その後は動画(英語)での業務や

トライアルテストの説明が掲載されている

ウェブページへの案内メールが届くので

一通り目を通した後に「完了」のチェックマークを

ウェブ上で付けておきます。

 

実際の業務が始まる前に

しっかりと広告評価スキルが身に付いているかの

トライアルテストがあります。

 

このテスト、受けた時はなかなか謎でした…

 

答え合わせするような流れで

「あなたはこの評価をしましたが、

我が社が求めるのはこちらです」といった

プロセスを踏んでから、

本格的なテストとなります。

 

30分以上のまとまった時間を取られるので、

用事が何もない日に受けると良いでしょう。

 

私の場合、1回目のテスト結果はすぐにメールで

知らされ、見事「不合格」でした。

 

「きっと縁がなかったんだな」くらいの気持ちでいたら、

1~2週間後に「おめでとうございます!

テストに再チャレンジすることができます!」のような

内容のメールを受け取りました。

 

今まで様々なバイト経験を持っていますが

これは今までにない展開だったので興味本位から

再度試験を受けることに。

 

1回目よりスコアが良かったのか

更に先の問題まで進むことができました。

 

 

なんとか1時間弱かかってトライアルテストを終了、

それからは数週間ライオンブリッジからは全く音沙汰なし。

 

私自身も忘れかけていた頃に

「明日から仕事を開始できます。

あなたのIDとパスワードは〇〇〇〇で、

以下のアドレスより評価サイトへアクセスください」と

いきなり合格メールが届きました。

 

ライオンブリッジ、予測不能です。

 

支払は翌々月!海外から送金される

 

オンラインでの仕事の特徴でもあるのですが、

支払いは翌々月のバイトでした。

 

例えば8月に働いた分の給料は10月に

振り込まれることになります。

 

その間他に収入減が無いと

長い期間無収入になるので不安になりますので、

新しく働き始めた人は十分貯金がある状態で

応募してください。

スポンサーリンク


 

更に実際の給与受け取り月になったら

「海外より送金がありました」と

指定した銀行から連絡があり、

実際の店舗に足を運んでマイナンバー登録をしたりと

手続きが非常に多いのでスムーズに

現金化できませんでした。

 

送金元は何とアイルランド。

(現在は変わっているかもしれません)

 

しかし10万以上の給料だったために

粘ったところ数日後に必要な手続きを終えることができ、

無事銀行口座に振り込まれました。

 

銀行によっては毎月手続きが必要な場所も

あるとのことなので、

給料の受け取りも通常のアルバイトとは変わってきます。

 

ライオンブリッジをクビになったらチャンス!

 

私はかれこれ3,4か月ライオンブリッジで

広告評価のスタッフとして働かせてもらいましたが、

ある日急にいつもアクセスして広告評価を行うサイトから

はじかれるようになってしまいました。

 

メールの受信箱をチェックしてみると、

「あなたの評価は弊社の基準を満たさないため、

今後業務の割り当ては無くなります」という

文面が…

 

要するに「クビ」になりました。

 

1週間隙間時間を縫って20時間を入れるのは

結構負担になっていたので、

「一つの経験だった」と自分の中では綺麗に割り切れました。

 

 

しかし流石ライオンブリッジ。

 

数か月後に「別種の広告評価ポジションへの応募案内」という

メールが届き、何とそれは時給2,250円程。

 

こちらへは応募していないので

詳細は分かりませんが、

1度クビになっても会社が貴方のデータから

候補者に新しい在宅ワークへのオファーが来ることが判明しました。

 

ライオンブリッジの仕事といっても

バイト情報サイトに出ているものと

掲載されていないものがあり、

報酬もかなり違ってくるようです。

 

ライオンブリッジのバイトをしていた頃に

他にも私と同じ人がいるかどうかネットで

検索したことがありました。

 

そこで見つけた人が

こちらの時給2,000円以上の仕事を実際に

していた人なので、「ネットの広告評価」といっても

種類がたくさんあるようです。

 

ライオンブリッジのメリットとデメリット

 

ライオンブリッジのメリットとしては

  • 1時間1,700円の高時給
  • 在宅ワーク
  • 24時間好きな時に働ける
  • 英語だけれども、パターン化された評価が多く慣れてくる

 

デメリットは

  • 仕事が割り当てられない時もある
  • 海外送金のため給料を受け取るのに銀行で特殊な手続きが必要
  • 支払が翌々月
  • 広告評価基準があいまいでよく変動する
  • サポートスタッフの返信が遅い

 

上記が私が実際に働いてみて

感じたことでした。

 

まとめ

 

ライオンブリッジはネットで人が検索した時に

どれほどユーザーが探している情報を素早く

正確に提供できるかを評価する在宅バイトです。

 

高時給でいつでも好きな時に働けるのが魅力ですが、

トライアルテストがあったり、支払いが翌々月など

国内の普通のバイトとはかなり毛色が違ってきます。

 

英語もある程度読解力が必要ですが

評価パターンが一定なため、

一度会社側が何を求めているかを理解すれば

仕事はこなせます。

 

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました