近所の子供がうるさい!ストレスになる前に対策を

 

生活をする中で、近所の方と関わることは多いですよね。

そして、近所の方と関わる際に問題となるのが

ご近所間での様々なトラブル。

 

「挨拶をしたのに返してくれない」

「ごみ捨てのマナーが悪すぎる」

「異臭がすごい」などがある中で、

一番多かったのが、騒音のトラブルです。

 

夜間や日中など、自分が静かに過ごしたいと思っている時間に

大きな音がすると、誰でもストレスが溜まりますよね。

 

「明日仕事があるのに…」とイライラしたまま

寝付くのも良質な睡眠がとれなくなってしまいます。

 

小さな子供を持つ家族同士であればお互いの苦労が分かり合え、

お互いさまで済むかもしれませんが、

子供がいない家族や未婚者の方にとってみれば

ストレスでしかなく日々が苦痛でしかない…と感じる方も多いです。

 

この記事ではこうした子供の騒音問題における対策方法をまとめます。

スポンサーリンク


近所の子供がうるさい等の騒音対策

 

はじめに述べたように、近所のトラブルの中で

最も不満に感じられているのが「騒音」で、

その中でも子供の騒音にストレスを感じている人が多いです。

 

子供の騒音と一言で言っても様々なものがあり、

小さな人生の後輩たちというのはじっとしていられません。

 

そのため家の中で走り回ったり、

暴れだしたりしてしまう上、

大声で騒いだりしてしまいます。

 

しかし子供に「静かにしてなさい」と言っても聞いてくれなく、

さらに大きな声で泣いてしまう事もあります。

 

こうした中で近所の方々に少しでも

迷惑だと感じられないようにする方法は4つあります。

 

  • 家具の配置を工夫する
  • 生活習慣を見直す
  • 運動不足の改善
  • ご近所との関係を良好にしておく

 

家具の配置を工夫する

 

マンションやアパートの集合住宅では、

特に子供の騒音による近所間のトラブルが起きやすいですよ。

 

ですがマンションやアパートの場合、殆どが賃貸のため

勝手に防音対策の工事を行う事はできないのが難しいところです。

 

そうした中で少しでも音漏れを防ぐためには、

家具の配置を見直してみましょう。

 

タンスや本棚などの大きな家具を隣の家と接している壁側に置いてみましょう。

これだけでも音漏れを防ぐ事ができるからです。

 

他にも長めのカーテンを使うのも

吸音効果があり騒音対策の一つとなります。

 

生活習慣を見直す

 

働くお母さん方が増加してきたため、

子供たちの寝る時間もだんだんと

遅くなってしまう家庭も最近では多くなりました。

 

こうした時に問題となるのが、「夜間の騒音」。

 

日中には特に気にならなくても

静かな夜だと子供の声は反響するため、

結構周辺には迷惑がかかってしまう事があります。

 

 

このような夜間の騒音を防ぐには、

子供を早めに寝かせることが大事です。

 

子どもを早く寝かせてあげるには、

家事の時短も必要となるため

帰宅時間が遅くなってしまう時には、

事前に料理を作り置きしておく等の工夫をしましょう。

 

 

運動不足の改善

 

子供は外に親と遊びに行ったときに

大人が「もう疲れてそうだし、帰るか」と思っていても実際は、

子供にとって全然遊び足りていない事が多いです。

 

こうした時に子供は、家の中で走り回る事が多いのです。

 

昔に比べて今は家で遊べるゲームやおもちゃが多くあり

インドアになりがちなため、彼らの運動不足が指摘されています。

 

公園で子供を思い切り走り回らせてあげたり

スポーツ系の習い事などをやってみるなど、

親が積極的に子供の運動する機会を作ってあげる必要があります。

 

 

ご近所との関係を良好にしておく

 

 

これは子供の騒音のトラブル等の前に、

ご近所づきあいは積極的に行いましょう

 

スポンサーリンク


人情として自分がよく知っている子供であれば、

多少騒がしかったとしても少しは気持ちをとどめることはできると思います。

 

しかし良い関係が気づけたと思っていても

苦情が来てしまった場合には、

反論したりするのではなく素直に受け止めましょう。

 

反論してしまうと、そこからまた新しいトラブルに発展してしまい

関係が悪化してしまう事もあります。

 

 

 

これらの4つのポイントを押さえておくだけでも、

騒音での近所とのトラブルは減ると思うので試してみてください。

 

子供が多かったり、ある程度の年齢なら警察に通報も

 

今目の前で子供たちが騒いでおり、

うるさすぎて対処できないと感じたならば警察に通報するのも一つの手です。

 

夜遅くに近所のコンビニに中学生が数人いて騒いでいるなど、

バイクで騒音を立てながら乗り回しているなど

たまに目にすることがあるのではないでしょうか。

 

他にも今うるさいのではなく日常的にうるさい場合には、

最寄りの交番に相談をしに行くのもよいでしょう。

 

これらの際に警察の方に相談する場合は、

「子どもがうるさい」と伝えるのではなく詳細を伝えるようにしましょう

 

例えば近所の公園で5人くらいの中学生が日常的にうるさかった場合には、

「5人の中学生くらいの人たちが〇〇公園で、

毎日〇〇時くらいに騒がしくて迷惑しているため、注意をしてほしい」など、

分かる範囲でいいので細かく、分かりやすく伝えましょう。

 

 

まとめ

 

「ごみ捨てのマナーが悪すぎる」

「近所の子供の夜泣きなどの騒音で迷惑している」など、

ご近所トラブルには、様々な種類の問題がありますが、

自分が騒音の原因かななどと感じたりすることがあったなら

 

  • 家具の配置を工夫する
  • 生活習慣を見直す
  • 運動不足の改善
  • ご近所との関係を良好にしておく

 

これらの対策を行い自分も他の人も楽しく暮らせるように配慮しましょう。

 

通報することもありだと書きましたが

少しの事で通報していたりすると逆にそれが問題となり、

別の問題に発展してしまう事もあるので、

あくまで通報は最終手段にしましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました