からすみの簡単な作り方!レシピや食べ方も紹介

日本の高級珍味の一つであるからすみ。

名前は知っているけど食べたことはない、

という人が多いのではないでしょうか?

 

それもそのはず。

日本のからすみの値段は平均して1腹6,000円~9,000円なのです。

一つの食品としてはなかなか、手を出すのに勇気が要ります。

 

 

そもそもからすみって何からできているの?

どんな味なの?

何でこんなに高級なの?

からすみパスタは聞いたことあるけど、他の食べ方は?

 

など、まだ食べたことがない人でもわかるよう

この記事ではからすみについて詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク


からすみとは?味にこだわる作り方

 

からすみとは

ボラ・サワラ・ブリなどの卵巣を塩漬けして、

その後塩抜きした後に天日干しをし

最後に乾燥させた水産加工品です。

 

「うに」や「このわた」に肩を並べる日本三大珍味のひとつ。

 

からすみという名前がついた理由は、

日本三大珍味のひとつとされていて

中国伝来の墨に形が似ていたため中国(唐)の墨ということで

この名が付いたと言われています。

 

日本では長崎県産のからすみが有名で、「ボラ」を用いています。

 

からすみの形は

たらこに似ているという意見が多いようです。

 

からすみの味は

たらこや明太子と同じ魚卵の加工品なので、

たらこや明太子のような特有の香りや

ねっとりした口当たり、そして塩辛さがあります。

また、熟成されているのでスモークチーズのような風味もあります。

 

からすみが高い理由

実はからすみが作られる製造過程に

かなり時間と手間をかけています。

 

1.ボラなどの卵巣を塩漬けする

2.血抜き作業と加圧

3.約20日間天日干し

 

これを繰り返して初めて上質のからすみが出来上がります。

このように大量生産ができないので、

自然と高値となってしまうのです。

 

からすみの保存方法

からすみは、基本的に真空パックで販売されています。

 

未開封の場合は、冷凍庫でそのまま保存して大丈夫です。

 

 

もしすでに開封されている場合は

空気が入らないように気を付けながらラップで包み、

冷蔵庫で保存しましょう。

 

からすみの賞味期限

常温での保存なら、1週間が目安です。

冷蔵庫での保存なら、1ヶ月ほどです。

まだ開けてない未開封の状態で冷凍庫で保存するなら、1年はもちます。

 

からすみの作り方

 

一般家庭でもからすみを作ることはできますが、

塩漬けや塩抜きを繰り返したりと

燻製にする作業が関わるので非常に手間と時間がかかります。

 

ぶりの卵やボラの真子を使い、

家庭でも1週間以上をかけながらからすみは作っていくことができます。

 

クックパッドを見ていくと

使う魚と部位により皆さん様々な作り方がありますが、

必ずしなくてはいけないことが

・血管から血を抜く

・からすみに大量の塩をかけ、数日間そのままにする

・天日干しにする必要あり

・酒に浸けるという方法もある

 

など、どの方法も必ず

手間と時間をかけて作っていきます。

 

ただ一度からすみを作ると保存ができることと

様々な料理や酒のつまみにできるので

多用すること間違いなしです。

 

ランチにパスタで!簡単レシピ

 

 

からすみの定番な食べ方と言えば、「からすみパスタ」。

 

誰もが一度は食べてみたい高級パスタではないでしょうか?

 

このからすみパスタは

実はイタリアでも親しまれているようです。

 

イタリアでは、ボッタルカと言われており、

マグロの卵を使用しているところもあるようです。

 

家庭でも簡単に作れるからすみパスタのレシピを紹介します。

 

  • 材料(2人前)

 

パスタ・・・200グラム

ニンニク・・・1片

鷹の爪・・・1本

からすみ・・・50グラム

酒(臭みがなければ無し)・・・適量

コンソメ・・・2つかみ

オリーブオイル・・・大さじ3

塩とブラックペッパー・・・適量

 

 

  • 作り方

 

1) パスタを茹でる

ポイントは、一握りの塩を入れて茹でること。

 

2) オリーブオイルにカットした鷹の爪とニンニクを入れておく

後で使います。

スポンサーリンク


 

3) 材料を切る

鷹の爪は輪切りに、ニンニクはみじん切り

からすみは臭いが気になるようであれば、スライスして酒をふりかけてから

みじん切りかおろし金で細かくしておく。

 

4) 鷹の爪とニンニクを火にかける

2)のオリーブオイルをフライパンに入れ、火にかける。

ニンニクを焦がさないように!

 

5) パスタをフライパンに入れる

ゆで汁を1人前に対してお玉一杯弱入れて、パスタを投入します。

すぐにコショウとコンソメを入れ強火ですばやく混ぜます。

 

6) からすみを混ぜ合わせる

パスタの上に振りかけ、軽く混ぜ合わせます。

もし、酒を使用したかたはベタベタになりますが

そのままだとパラパラで混ぜやすいですよ!

 

7) お皿に盛り付けて完成

お好みでねぎやかいわれ、

刻みのりなどをトッピングしても目にも美しく

プラスアルファの栄養素が摂れます。

 

 

基本のペペロンチーノにからすみを入れるという簡単レシピです!

 

 

まとめ

 

からすみがわからない方にもわかっていただけたでしょうか?

 

高級でなかなか食べられませんが、

贅沢をしてもいい日に是非試してみて下さい。

お酒のお供にもいいので、案外ハマるかもしれません。

 

からすみの保存方法も

袋やからすみの状態により違ってくるので

最も良い方法を選びましょう。

 

からすみパスタはクリームパスタにしたり、

ブロッコリーやキャベツをいれても美味しいです!

 

ぜひ試してみてくださいませ。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました