岸田周三シェフのプロフィール紹介!彼女や結婚は?カンテサンスの予約方法

 

東京に三ツ星ミシュランの

フランスレストランがあります。

 

名前は「カンテサンス」、そして

オーナーシェフは岸田周三さん。

 

わずか33歳で日本初の

フレンチシェフとしてミシュラン三ツ星を

獲得し、12年間それを守り続けています。

 

実年齢よりもはるかに若く見える

イケメンシェフとして話題で、

ドラマ「グランメゾン東京」に

出てくる料理の監修として

活躍しました。

 

この記事では岸田周三シェフの

自分の料理に対する哲学や、

彼の日常の過ごし方、考え方などを

紹介していきます。

 

記事の最後には岸田周三シェフが

料理を通じて、未来へ向けて人々が

日本の資源の確保や市場が面する危機の

理解を深めて行けるよう伝えていこうという

信念を語る動画をご紹介しますので

お楽しみくださいませ。^^

スポンサーリンク



岸田周三はフレンチシェフ!年齢や出身などのプロフィールを公開

 

岸田周三シェフのプロフィールの

基本データを紹介します!

 

きしだ しゅうぞう

生年月日 : 1974年 8月 8日

年齢   : 46歳

職業   : オーナーシェフ

 

現在は東京の品川区にある

「カンテサンス」というフレンチ

レストランのオーナーシェフと

運営者として活躍しています。

 

2007年では現役最年少の

ミシュラン三ツ星シェフとして

一気に話題になり、彼の

芸術的なセンスの料理を求め

予約すらできない程人気の

レストランを経営しています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 藤堂七海 (@nanami_037) on

岸田周三シェフは小学生の時から

「シェフになる」という夢を

持っており、名古屋専門料理学校を

卒業した後は19歳から三重県にある

「志摩観光ホテル」のフランス料理店

「ラ・メール」というレストランに

就職して働き始めます。

 

日本で修業を積んだ後、26歳の時に

フランスへ旅立ち、パリの人気店

アストランス」で岸田周三シェフが

今でも師と仰ぐ人物、パスカル・バルボさん

出会い、彼のもとで働き修行を始めます。

 

アストランスで2か月の研修期間を

終えた岸田周三さんは、正式に

レストランのスタッフとして迎えられ、

パスカルさんの元で3年間料理と、

それへの向き合い方を学びました。

 

岸田周三シェフ特有の料理法は

  • 「火入れ」
  • 「素材」
  • 「味付け」

の3つをことごとく追求し、

いつも「満点以上」にするには

どうすればいいのかを追求していく

スタイルです。

 

常に進化し続け、現状に満足しない

 

そんな彼の哲学が31歳の時に

品川に創立したレストラン

「カンテサンス」の原点であり

人気の理由となっていきます。

 

岸田周三シェフに彼女はいる?結婚して子供はいるの?

 

岸田周三シェフのインタビュー記事や

ラジオ番組、動画を見ていると

「この人は休日の日も料理以外の事は

果たして考えるのだろうか?」という程、

自分の作る料理をいかに進化・改善できるかを

常に考えているのが分かります。

 

記事の最後にお見せする動画では

岸田周三シェフの休日の過ごし方を

見ることができますが、ここまで

フランス料理や漁業など仕入先の

事を考える人はいないのではないかと

いうほど。

スポンサーリンク



現在岸田周三シェフには交際している

女性や、結婚という話はありませんが、

もしその時が来たら、きっと彼の事を

100%支えてくれる芯の強い女性が

彼の隣にいるのではないかと思います。^^

 

カンテサンスの予約の取り方は?いつまで満席?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by gourmetstagram (@gourmetstagram777) on

ここでレストランの詳細をご紹介!

 

レストラン カンテサンス
(Restaurant Quintessence)

住所 : 品川区北品川6-7-29
     ガーデンシティ品川御殿山1F

電話 : 03-6277-0485
     03-6277-0090(予約専用)

営業時間 : 12:00~15:00 (13:00ラストオーダー),

       18:30~23:00 (20:00LO)

料金  : 昼は10,000~、 夜20,000~

席数  : 34席

 

このレストランの最大の特徴は、

メニューが無い」事。

 

というのも、2つのスペシャリティ以外は

旬の食材を使った最高のものを

お客さんに出しているためです。

 

予約を取って食べに来てくれた人を

一人残らず記録し、2回目、3回目と

リピートしてくる時は決して

前回とは同じものを出さないように

しているのだとか。

 

店内も色調をダークブラウン一色で、

装飾一切なし。

バックグラウンドミュージックもなしで、

お客さんが岸田周三シェフの料理に

何のノイズもなく向き合えるように

工夫されています。

 

そんなカンテサンスですが、

日本を代表するグランメゾンなため

人気すぎて予約すら取れない程。

 

営業日の朝9:30から11:00、

15:30から17:00という枠でのみ

電話予約を受け付けています。

 

短い時間枠の中、多くの人が

一斉にダイヤルするので、根気強く

リダイヤルを繰り返しましょう。

 

しかし最短で予約できるのが「2か月先」。

 

もし2か月先の希望日の予約が埋まっていたら、

キャンセル待ち」したい旨を伝えましょう。

 

キャンセル待ち3番目くらいまでなら

少し希望があります。

 

ネット予約も電話と同じく

利用することができますが、

一人あたり料金がかかってしまう

場合があるので要注意です。

 

希望日が決まったらできるだけ早く

予約をしてしまうのが理想です。^^

 

 

カンテサンスとはどういう意味?

 

 

ちなみに「カンテサンス」の名前ですが、

英語では「quintessence」(クインテッセンス)で、

日本語にすると「真髄」の意味になります。

 

岸田周三シェフは師匠のパスカル氏に

自分のレストランの名前付けのアイディアも

相談していたみたいで、最終的には

この名前に落ち着いたようです。^^

 

 

さてお待ちかね、岸田周三シェフの

オン・オフが見れる動画をご紹介!

 

仕事場での彼と、休日の彼の姿を

見ることができるので要チェックです!

 

動画を見る ↓

岸田周三シェフと一緒に

旅をしているような気分に一瞬なれますね。^^

 

それにしても、料理を通じて

日本の資源が危機にあることを

「人々に知ってもらう」という

とてつもないビジョンでも、

岸田周三シェフが言うと全く

不可能ではないように感じます。^^

 

まとめ

 

岸田周三シェフ、とても奥が深く

その哲学も非常に興味深い人物ですね。

 

この記事では

  • プロフィール
  • フランスでの修行
  • 彼女・結婚は?
  • カンテサンスの住所
  • 予約の取り方
  • 休日の過ごし方
  • 未来へのビジョン

を紹介してきました。

 

今後も彼と彼の料理がどう

進化し続けるのか、

期待大ですね!^^

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました