コート裏地が破れた時の直し方!簡単に自宅でできるDIY方法

同じコートを何度も着ていると、

裏地がある場合は

最も動かされる脇や

腕の付け根部分が

真っ先にほつれて破れてきます。

 

同じく背中の真ん中を

背骨に沿う形で

縫いとめられていた状態も

糸が次第に弱っていき

裏地が破れてしまう個所となります。

 

裏地が破れたりほつれたりすると

外出時にレストランなどの

屋内に入った時、

コートを脱ぐのが

恥ずかしくなってしまいます。

 

今回は修繕屋に持っていかなくても

自宅でできる

コート裏地の破れ部分の直し方を

紹介します。

 

スポンサーリンク

裏地の破れがあるとコートやジャケットも痛む

 

コートの裏地は表の生地よりも薄く、

摩擦の少ないもので

作られているのでその分脆く、

破れやすくなってしまいます。

 

多少の摩擦が起こっても

あまり傷まない素材を使っていたとしても、

毎シーズン愛用するコートがあれば

負荷がかかる場所は

必ず弱ってきてしまい、

遅かれ早かれ破れてしまいます。

 

もし破れに気付かないで

同じコートを着続けると、

今まで裏地が吸収していた

ダメージがコートに直接行くので

修繕して元通りに復元することが

限りなく不可能になってしまうのです。

 

そうした理由から

コートの裏地の状態を毎シーズンチェックし、

破れやほつれがある場合は

実際に着る前に自分で修繕するのが一番です。

 

一度治してしまえば

また何年も愛用のコートを

着れるようになるので、

失敗を怖がらずに

是非破れがあったら直せるようになりましょう。

 

裏地を使いすぎてしまった場合は

「裏地全体を取り換える」方法もあります。

 

コート裏地の作り方と付け方の記事

詳しく解説しているので、

是非チェックしてみてください。

 

コートの裏地の破れは簡単に直すことができる

 

裏地が破れてしまった場合は、

その破れ具合や大きさにより

それぞれ違った直し方があります。

裏地の糸が切れて縫い目が破れてしまった場合

 

この破れを直すのは比較的簡単で、

裏地の「どんでん返し」を行わなくても

元通り縫い目に沿って

手縫いやミシンで直すことが可能です。

 

使う糸は裏地の記事と同じ色を使いましょう。

 

まずは裁縫や手芸用の丸ピンを使い、

糸が切れて破けてしまった個所を

元通りにしたい形にしたら丁寧に留めていきます。

 

丸ピン留めは手で縫いなおす時も

ミシンを使う場合も生地がずれないように

固定するために必要なので、

裏地が破れた個所が大きければ

大きいほどピンの数を増やして

裏地がずれた状態で

仕上がらないように注意しましょう。

 

糸がほつれた個所や

破れ目の生地をコートとの間に

入るようにずらしたら、

スポンサーリンク

今まで塗ってあった場所よりも

裏地の面が数ミリ狭まるように

ピンを留め裏地と同じ色の糸を使って、

裏地の裏がわ(コートと挟まれる空間)から

糸の最後が玉結びされた状態なのを

確認してから生地に針を通し

縫い始めましょう。

 

縫い代の個所だけに

一度通しすくったら、「

ほつれ止め」の縫い方で

一針ずつ裏地が切られている個所に

糸をくるりと巻きつけるようにして

縫っていきましょう。

 

縫って行く時は「半返し縫い」など

縫い目を補強してくれる

縫い方をすることと、

縫い始めと縫い終わりの部分は

必ず何度も糸を通すようにして

丈夫にしましょう。

 

裏地の破れた個所は

普段からよく動く部分であり

弱りやすくまた破れる可能性もあるので、

一旦破れ目をふさいだ個所まで行っても

縫い始めた点まで戻ってきて

往復で補強してあげると

破れにくい裏地になります。

 

脇の下や腕の付け根など裏地が広く破れてしまった場合

裏地の生地自体がボロボロになり、

破れ目を縫うだけでは

どうにもならない場合は

コートの裾部分から

裏地を必要な分取ります。

 

ロングコートの場合は

着たまま立ったり座ったりしても

コートに摩擦の負荷がかからないように、

もともと裏地は

長めにつけられているのです。

 

コートの一番下の部分は

余裕があらかじめある作りになっているので、

糸きり縫い目リッパーを

生地を傷めないようにしながら

必要な分を横にかけて取っていきましょう。

 

綺麗な裏地生地が手に入るので

大きく破けたり縫うだけでは

直らない部分を覆い、

弱くなる個所を重点的に

糸で固めて補強してあげると良いでしょう。

 

特に裏地のつなぎ目は

元の状態よりも丈夫に直した方が

破れにくくなります。

まとめ

 

コートの裏地の破れは

自宅で直すことができます。

 

最も破れやすいのは

脇部分の腕の付け根や

普段動きが最も集中する箇所となります。

 

裏地と同じ色の糸を使い、

半返し縫いで破れ目をふさいだら

縫い始めた個所に戻るよう、

往復して補強しましょう。

 

破れ目が大きかったり、

裏地自体がボロボロに

なってしまった場合は

コートの裾から裏地を取り、

破れた部分を直しましょう。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました