コート裏地の作り方と付け方を紹介!簡単ミシンでDIY

コートは裏地があることによって

より温かくなる上に、

コート自体の生地を身体と摩擦する

ダメージから守ってくれます。

 

しかしもし店頭で見かけた

理想のコートに裏地が無かったとしたら、

あなたならどうしますか?

そのコートを諦めるでしょうか?

 

あるいは修繕屋さんに持っていって

コートそものも以上の値段を払い、

裏地を付けてもらうでしょうか?

 

コートに裏地を付けたり、

裏地の破れを直すのはプロでなくても

自宅で簡単にできてしまうのです。

 

この記事では、裏地の付け方や

破れを直す方法をご紹介します。

スポンサーリンク


コートの裏地をつけるのに必要なものはコレ!

裏地を自宅で付ける時に必要となるものは…

  • 裏地用の生地(さらっとした手触りのもの。お好みによってはストレッチする素材もOK)
  • 生地と同じ色の糸
  • ハサミ
  • 裁縫用のピン(固定するために使います)
  • ミシン

(必要なら他にも:目印用のマーカー、仮縫い用の糸)

以上になります。

裏地用の生地はなるべく他の生地と

摩擦が少なくなるものを選びましょう。

 

1)まずは裏記事を付けたいコートを

大き目のテーブルの上に寝かせましょう。

この時、なるべくシワができないように

うつ伏せにして伸ばします。

 

2)裏地となる記事を4つ折りにし、

背中用の大きなピース、胸用の2つの

ピースが出来上がるように

コートの半分に沿いながら

裏地の生地をピン付けしていきます。

(下記写真が例)

 

 

3)ピン沿いに切り取り線の

目印を付けていくとハサミを入れる個所が

分かりやすくなります。

コートの半分を目印にしながら

裏地の生地を切っていきましょう。

 

4)前と後ろ用の裏地を

切り終えたらピンを外していきます。

 

5)同じ作業を腕部分にも行います。

4つ重なるように生地を

ピン付して切り取ることで、

より均一な裏地と手間を省くことができます。

4重になったものをピン付しています。

 

6)コートの前にあるボタンや

ファスナー部分はコートの表生地が

返しになっている状態の場合が多いので、

表が見えるように上向けにし、

前用の裏地は表生地と重ならないように

ボタン部分を切り取ります。

この時もピンを使って

切り取る事で

より正確な長さを切り取ることができます。

 

7)まず縫っていきたいのは

前と背中部分の方に来るエリア。

ミシンで縫っていきます。

 

8)前と後ろの肩部分が

完成したら両方をテーブルに広げ、

次は袖を肩部分に付けていきましょう。

 

9)脇の下部分と袖口までの裏地を

ミシンで縫い留めます。

そのまま体部分用の

裏地の表裏も縫い付けましょう。

 

ここまでであなたのコートに

ピッタリサイズの合う裏地を

作ることができました。

 

裏地だけでも

着ることができる状態になっていれば

OKです。

 

コートの表生地に裏地を付けていく方法!どんでん返しも意外に簡単

完成した裏地を実際のコートに付ける

作業が最も難しいという人も

少なくありませんが、

一旦コツが分かると

どんどん進められるので

パーツごとにこなしていきましょう。

 

1)まずコートを表裏ひっくり返します。

ポケットの袋が見える状態にして

テーブルの上に敷きましょう。

 

2)この時袖だけは

ひっくり返さないでおきます。

上から見ると、袖なしの

コートに見えればOKです。

 

3)上に先程作った裏地を重ねます。

注意したいのは、裏地の縫い目が

ある面をコート側に向けるという事です。

 

4)裏地の袖もコート本体と

同じように表裏返した状態に

中から引っ張ります。

スポンサーリンク


 

5)コートの裏側と裏地を

縫い始める個所は「襟元」からです。

襟元と肩部分がピッタリになるように

位置を調節しピンで留めてから、

襟元から肩部分を繋げていくように

ミシンを使い塗っていきましょう。

 

6)ミシンで縫いつける時、

襟元はカーブになっているので

少しずつゆっくりと進めていきましょう。

 

7)脇から下へもピンで本生地と

裏地を固定してから

ミシンで縫っていきます。

 

8)完成したらコート本体と

裏地両方の袖のみが

裏返しになっている状態になります。

 

9)一旦テーブルの上に

裏地を縫い付けたものを寝かせ

ピンをすべて取り除き、

コートの下部分(本生地と裏地が

縫い付けられていない場所)から

手を突っ込み、襟の縫い目をしっかりと掴み、

どんでん返し」の要領で

コートの襟部分を引っ張って

ひっくり返します。

 

10)ひっくり返すとコートの

表生地の袖が普通の状態に

なっているので、裏地を表生地の袖の

中へと押し込んでいきましょう。

 

11)袖の端、手が出る場所に

表生地と裏地が重なるので、

袖を片方ずつまくってから

裏地の切り口が隠れるよう

内側に折り、ピンで留めてから

仮縫いし、ミシンでしっかりと

縫い付けると完成します。

 

まとめ

裏地のついていないコートで

気に入るものがあったら、

長く着るためにも是非

裏地を付けましょう。

 

修繕屋や裁縫屋に

頼むこともできますが、

裏地を付けるのは自宅でも

充分自分でできるので

ミシンを取り出し作ってみましょう。

 

裏地用の生地と糸は

多めに用意しておくのを忘れずに。

 

裏地をコートに縫い付けていく

順番は襟、肩、脇から下まで、

袖、袖口の順番になります。

 

先に裏地とコートをピンで

仮留めしてから

必要なら目印マーカーを使い、

ミシンで縫っていきましょう。

 

襟を縫う時は直線ではなく

緩いカーブになるので

最も注意が必要になります。

 

一度身に付けると便利なスキルなので、

機会があったら是非取り組んでみましょう。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました