リビングに欲しいおしゃれな間接照明!ダウンライトで作る自作の後付け照明

生活をしていく中で照明はとても必要なものです。みなさん照明を選ぶ時、どのようなものを選んでいますか?照明の選ぶものによってお部屋のイメージも全く変わってきますよね。

天井から照明の光を当てると明るくやわらかいお部屋になったり、またシンプルに爽やかなお部屋に変えることもできます。自分のためのリラックスするお部屋なので、できる限りおしゃれで心地よくしたいですよね。

今のお部屋をもっと明るくしてみたいな!リラックスできるお部屋に変えてみたいな!などと感じている人もいるのではないでしょうか?

この記事ではリビングに配置する間接照明についてご紹介をしていくので、リビングに間接照明を配置して心地よいお部屋にする時の参考にして下さい。

またニトリ・通販でも手に入るおススメな照明についても紹介していきます。

スポンサーリンク


 

スタンド式の間接照明をリビングに配置してリラックスしよう

 

間接照明は簡単におしゃれなお部屋に変えることができるものです。

普通はお部屋に蛍光灯や電球などを直接照らしますが、間接照明は名前の通り間接的にお部屋を照らしていきます

その間接照明の上手な使い方のポイントを3つ挙げますので覚えておきましょう!

光を天井に反射をさせる照明

天井の方へ光を向けて反射をさせて、その反射した光でお部屋照らしていくことです。

足元の方は少し暗めになりますが、天井の方は明るく照らされます。

天井が明るくなることによって、お部屋の中が落ち着きとてもリラックスができるようになります。

またお部屋によって天井が低いところもありますよね?天井が低いお部屋には、壁側に光を向けてください。狭いお部屋でも天井の低さを強調せずに落ち着いてリラックスすることができるようになります

壁に光を照らして立体感を作る照明

テレビ・ソファ・ベッドなどの裏にクリップライトやスポットライトの間接照明を壁に向けて照らしてください。そうすると光の濃淡があたる場所とあたらない場所ができ、光の密度に差が出ます。あたる場所とあたらない場所ができることによって立体感を作ることができます。

テレビ・ソファ・ベッドなどの裏に照明を照らすとその場所に視線を集中させる効果もあります。

映画を見る時にもよりシネマティックな雰囲気になりおススメです!

一点集中させたいものに光をあてる

光が照らされると人は自然とその場所に目を向けます。写真・花瓶・絵画など目立つようにさせたい場所に照明をあててみましょう。そこに照明をあてることによってその場所が印象強くなってきます。

美術館も展示されているオブジェをライトアップする時、下の様々な方向から光を当てるのに気付くかと思います。

絵画などにも照明をあてて注目できるようになっています。

 

また間接照明はたくさん配置することでより効果的になります

それはたくさん配置することで、お部屋が明るくなり空間にメリハリがつくからです。

 

壁に設置する後付け型の間接照明だとカフェ風になり綺麗ですが、もし賃貸の場合は取り付けが禁止されている場所もあります。

さらに工事やDIYがあまり得意ではない人はスタンド式の照明がおススメです。ライトを好きな個所に置いて、コンセントを差し込むだけ!

スタンド照明の種類にもよりますが、傘の付いたライトが複数ついているものの場合は上記で説明した方向に向けると上手く光を反射させることができ、ちょうど良い暗さの部屋が出来上がります。

リビングの照明の色選びも重要!LEDライトの種類に注目

照明に使う時の光の色は、3つありますので知っておきましょう!

 

まずのびのびした自然な光で昼光色の白っぽい色です。

落ち着きのある赤みを帯びた温かい電球色です。

そして人をやる気にする青白く爽やかな昼光色です。

 

この3つの色から選びます。

自分の好みで選んでいきましょう!

スポンサーリンク


 

その中でもおススメな色は、2つめの赤みの帯びた温かい電球色の色。この色は疲れを癒し、人をリラックスした気分にさせてくれます

照明を選ぶ時に是非参考にしてみてくださいませ。

 

ニトリや通販で手に入るおススメなスタンドライトや照明

 

関節照明はニトリや通販でも手に入れることができます。

お部屋のイメージが照明一つで全く変わってくるので、実際に店舗に足を運んでいろいろとシミュレーションしてみましょう。

種類も様々にありますので上手に組み合わせて自分だけのオリジナルなお部屋を作っていきましょう。

ニトリではペンダントライト・シーリングライト・シャンデリア・スポットライト・ダウンライト・フロアライトなどおしゃれな照明がたくさんあります。

この照明は通販でも取り寄せることができますので確認してみてください。

 

天井を照らすもの・壁を照らすもの・影で演出するものそれぞれ使い方に違いがあります。光の色でお部屋の暖かさも変わります。ホテル・レストランの照明でイメージするのも参考になる時があります。

自分の行きつけのカフェやお気に入りのレストランはどんな照明をどの場所に設置していたかを思い出し、再現してみるのも立派なリフォームです

どのような気分でお部屋を過ごしたいか考え、しっかりと照明を選んでみてください。

 

まとめ

 

照明は生活にとても必要なものです。

照明の色によって落ち着いた気分になったり、爽やか気分になったり様々な気分に変わります。

電球にも3種類程色があり、それぞれ違う雰囲気を出してくれます。リビングを落ち着いた空間にしたい場合は赤みのあるあたたかい色を選ぶと良いです。

賃貸やアパートの場合は後付けの設置型照明を付けることができない場合があります。そんな時はスタンド式のライトが便利です。

光を向ける方向によっても部屋の雰囲気がだいぶ変わってくるので、天井や壁、一点豪華主義の場合は注目させたいものに向かって光を照らすのも良いアイディアです。

天井が低い部屋の場合は天井に照明を照らすよりも壁に光を反射させることにより、天井の位置をより高く錯覚させることができます。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました