ブロッコリーを絶対生で食べてはいけないのは嘘?虫も農薬も洗浄可能

 

アメリカに旅行に行ったことある人は、

レストランなどでブロッコリーが

生で出されて驚いた

経験があるのではないでしょうか?

 

またはシズラーなどの

ビュフェ形式のレストランに入っても

茹でたブロッコリーは全くなく

生のものしか置いてなかったり。

 

「ブロッコリーを生で食べたら危ないんじゃないの?」

「中に虫とか薬品とかがくっついてたらどうしよう。」

 

日本の文化ではブロッコリーは

茹でて食べるものとして

認識されているので

生で食べるのに抵抗感じる人が多いと思います。

 

しかしブロッコリーを茹でてしまうと

水溶性ビタミンなどの

栄養素が溶けてなくなってしまうのです。

 

この記事ではブロッコリーを

茹でずに生で安全に食べる方法を紹介します。

スポンサーリンク


ブロッコリーを生で食べた方が良い理由 熱湯では栄養素が溶けだしてしまう

 

ブロッコリーは緑黄色野菜。

栄養価も高くお弁当に彩りを

与えてくれる人気の野菜の1つです。

 

ビタミン類、ミネラル類、カロテン、

マグネシウム、葉酸、食物繊維など

非常に多くの栄養を持っています。

 

しかし悲しいことにお湯でゆでてしまうと

これらの中の水溶性ビタミンが

溶け出してなくなってしまうのです。

 

つまりどれだけ多く茹でられた

ブロッコリーを食べても

溶けだしてしまった分の

栄養素は身体に入ってこないのです。

 

もちろん、全ての水溶性栄養素が

無くなってしまうわけではないのですが、

熱湯で1分以上強火で茹でてしまうと

それだけでも1割以上の

栄養素がブロッコリー本体から

出ていってしまうのです。

 

ほうれん草でも同じことが言え、

茹でる分数によってどんどん

身体に良いものが出ていってしまいます。

 

ブロッコリーを生で食べてはいけないのは虫がいるからは嘘?

 

よくブロッコリーの芽の部分に

虫の幼虫や小さな虫がいるという、

ご認識を持った人がいます。

 

もちろん虫がいる場合もあるかもしれませんが、

茹でたところで虫が芽から

這い出てきたりはせず、特に幼虫の場合は

芽の中で茹で死んでしまうだけでしょう。

 

また栽培時に農薬が使われているので

虫が実際に目の中やブロッコリーの茎の

中にいるという事は

めったなことが無い限りありません。

 

私も30年以上ブロッコリーを

生や茹でられたもの両方食べていますが、

虫に遭遇したことはありません。

 

よっぽど刺身などの生魚やイカにいる

アニサキスに注意した方が良いでしょう。

 

 

しかしどうしても生で食べるのに抵抗がある人は

以下の手順でブロッコリーを綺麗にできます。

塩や重曹を使って生ブロッコリーを綺麗にしよう

 

まず大き目のボウルに水を入れましょう。

小さじ1杯ほどの食塩を混ぜて溶かした後、

食べやすい大きさに切ったブロッコリーの房を

入れて混ぜ洗いします。

 

これでも充分ですが、

もし房をより小さく切った場合は

プラスチックの袋に

水と塩を混ぜたものの中に

ブロッコリーを入れ、

口を閉じた後に振り洗いすると

隅々まで洗えます。

 

塩以外でも重曹があれば

それを使ってブロッコリーを洗う事もできます。

 

最近は掃除道具としても使われていますが、

もともと料理の材料として使われていた

ものなので、口に入れても安心です。

 

重曹を上記の塩を同じように

ビニールかポリ袋の中に1さじ一杯と

水を入れた後に切ったブロッコリーを

入れて混ぜ洗いか振り洗い、または

つけ置きをしておきます。

 

塩には殺菌作用があり、

重曹は農薬を除去してくれる

効果があります

スポンサーリンク



浸けおきをする場合は

どれほどブロッコリーの房を

小さく切ったかにもよりますが、

10分もあれば充分です。

 

試しにそのままぽりっと

口にしてみるのも良いかもしれませんね。

 

茹であがったブロッコリーの

青々しさはないものの、

栄養満点の健康食です。

 

 

生ブロッコリーをそのままのサイズで食べるのに

抵抗がある人は、より房を小さく切った後に

サラダに散りばめましょう

 

たまに食べ慣れないこりこりした

食感を味わう事が出来、新鮮ですよ。

 

またにがさも無いので

他の野菜やドレッシングの味が勝ります。

 

食感に興味がある方は試してみてください。

 

生食ブロッコリーはまずい?スムージーで栄養補給

 

ほうれん草や青菜が苦手な人が

栄養を補給する方法として、

ブレンダーにハチミツやバナナ、

季節によっては桃と一緒に入れ

甘みを足してから

スムージーとして飲むことが

良くあります。

 

それと全く同じことを

生のブロッコリーでも行う事ができます。

 

一般のスムージー屋さんでは

流石に生のブロッコリーは

普及していませんが、

自宅で作る分には洗った後の

ブロッコリーをお好みの

材料と一緒に氷とブレンドすることで、

にがさも何も感じないまま

美味しく健康的なスムージーを

楽しむことができるのです。

 

生食でブロッコリーは

どうしても食べられない方には

おススメの方法です。

 

是非美習慣、美活に取り入れて

みてくださいませ。

 

まとめ

 

生ブロッコリーは絶対食べてはいけない

というのは蕾の中に虫がいるかもしれないという

根拠に基づいたもので、

ブロッコリー自体は生で食べても

健康上何の問題もありません。

 

熱湯で1分以上茹でてしまうと

せっかくの水溶性ビタミンや

栄養素が溶けだしてしまいます。

 

生ブロッコリーを食べ慣れていない人は

房を小さく切り、サラダに混ぜて

食べてみましょう。

 

にがい味はしないので、

ドレッシングや他の野菜に

まぎれて、栄養満点の

緑黄色野菜を摂取できます。

 

こりこりした食感も

楽しむことができます。

 

もしどうしても抵抗のある人は

ブレンダ―を使いスムージーに

すると飲むことができます。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました