ゴキブリをワンルームアパートで見失った時!電気付けて寝るのは効果的?

ゴキブリが出てくると

時が止まったかのように

凍りついてしまうほど

私はゴキブリが苦手です。

 

いったいどこから

入ってくるのか分かりませんが、

いつの間にか部屋の中に

いるので本当に困ります。

 

ワンルームアパートで深夜に

ゴキブリが出た場合は

翌日まで電気をつけっぱなしにして

何とか寝ようと試みるほどです。

 

そんなゴキブリについて

対処方法や体験談を記事にまとめました。

 

スポンサーリンク


アパートでゴキブリを見失って怖くて寝れない時の対処法

 

アパートでゴキブリを

見失うとドキドキします。

 

油断している時に突然出会うと

心臓が止まりそうになります。

 

台所のシンク、棚や冷蔵庫の裏、天井など

目につきにくいところへ避難されてしまうと

なかなか退治することもできません。

 

ゴキブリ退治だと

スプレータイプの殺虫剤が一番使いやすいです。

 

ゴキブリは触覚により空気の流れを感知し、

こちらが少し動くだけでも警戒してしまい、

近づこうとしてもすぐに逃げてしまいます。

 

なのでスプレータイプの殺虫剤であれば、

こちらの動きを

察知されることもなく距離を保った状態で

ゴキブリを駆除することができるのです。

 

スプレー殺虫剤のメリットとして、

ゴキブリがどこに行ったか

わからなくなった時は

当てずっぽうで散布しても

その殺虫剤の臭いで飛び出してくることがあり

見つけ次第とどめのスプレーを

お見舞いすることができます。

 

動きを止めていると意外に見つけにくいので、

ゴキブリを動かすことができれば

遥かに見つけやすくなるのです。

 

スプレー殺虫剤がない場合、

丸めた雑誌やスリッパで

叩くくらいの退治方法しかありませんが、

芳香剤やアルコール除菌スプレーなどを

殺虫剤と同様に部屋中に振りまけば

異変を感じ取ったゴキブリが

動き出す可能性が高まります

 

ゴキブリが潜んでいると考えると

リラックスしてくつろぐこともできないので

何とかして見つけ出して退治しようと

必死になって探し回ってしまいます。

 

特に寝る前にゴキブリの気配を

感じしてしまったら最悪ですね。

電気を付けたまま寝るとゴキブリは寄ってこない?深夜に出たらするべき事

 

ゴキブリは暗いところを好む生物なので、

寝る前にゴキブリの気配を感じたなら、

電気を付けるように意識していたことがありました。

 

電気をつけることで

ゴキブリが出てこないことを期待したのです。

 

しかし電気をつけていても

ゴキブリは普通に活動していたので、

どうやら効果は無かったようです

 

ちなみにゴキブリは目が悪いので、

明るい方が見やすいということはなく、

明るくても暗くても変わらず

俊敏に動きまわります

 

気になって寝られないようであれば

電気をつけて殺虫剤スプレーなどで

ゴキブリをあぶり出しましょう。

 

私の場合、目が冴えてしまうので

最初から放置することはせず、

かなり入念に探し、

見つからなければ気のせいだと

自分に言い聞かせるようにしています。

 

それから夜だと周りが静かなので空調など

音が出るものの電源を全てオフにし、

ゴキブリが動いて音を立てるのを待つのも有効です。

 

壁や床を移動する際に

結構大きめの音がするので、

どこにいるか大体の方向くらいは

予想できるでしょう。

 

電気をつけたからといって

ゴキブリが出てこなくなることはないので、

何とか探し出して退治するか、

意識しないようにして

放置するかしかありません

アパートにゴキブリが出たらバルサンやゴキブリホイホイで駆除できる?

 

ゴキブリの気配を感じるけど

見つけられない場合には

バルサンを使用するようにしています。

スポンサーリンク


 

バルサン使用後に掃除をすると

ゴキブリの死骸が見つかることが多いので

効果は高いと考えます。

 

デメリットは食器や衣類などを

閉まってから使う必要があるので、

準備と後片付けが面倒であることです。

 

殺虫ガスを部屋に充満させるので

口に入れるものや肌に触れるものに

ガスが触れないようできるだけ

しまいこもうとすると結構手間です。

 

ですからバルサンはどうしても

ゴキブリが見つからない時や

大掃除の時などに使うようにしています。

 

それからバルサンと同じくらい有名な商品として、

ゴキブリホイホイがあります。

 

ゴキブリホイホイはゴキブリが

好むにおいを発する紙製の箱で、

箱に入ったゴキブリを

粘着力により生きたまま捕らえます。

 

ゴキブリが通りやすい

冷蔵庫の裏などに置いておくと有効です。

置いておくだけなので手間がかかりません。

 

ちなみに、同じように置いておくだけの商品で、

ブラックキャップというものがあり、

私はそれをいくつか部屋に

設置するようにしています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤(12コ入)【ブラックキャップ】
価格:558円(税込、送料別) (2020/1/8時点)

楽天で購入

 

 

 

ゴキブリホイホイに比べて

  • サイズが小さいことと
  • 巣にいるゴキブリや卵にも効果がある

という点がおすすめです。

 

この商品をおくようになってから

ゴキブリと遭遇することが

ほとんど無くなったため

定期的に購入して設置しています。

 

なおゴキブリはホコリが苦手なので、

掃除がしにくくホコリがたまった場所に

設置してもゴキブリを捕獲できる

可能性は低いので

別の場所に設置した方が良いでしょう。

 

また清涼飲料水が大好物なようで、

フタがあいたカルピスウォーターの

ペットボトルにゴキブリが入ってしまい

出られなくなっているのを

見たことがあります。

 

お金をかけずに罠を仕掛けられますね。

 

ゴキブリが気になるようでしたら、

この章で紹介したグッズを試してみてください。

 

まとめ

 

ゴキブリはその触覚を使い

空気中の動きを察知して動きます。

 

スプレー式の殺虫剤を使うと

こちらの動きを読まれることなく

退治することができるので

おススメです。

 

スプレー式の殺虫剤が無い場合は

アルコールのスプレーなどを

ゴキブリが逃げ込みそうな場所に散布し、

ゴキブリが驚いて出てきたところを

丸めた新聞紙や、普通の洗剤などで

とどめを刺しましょう。

 

ゴキブリは電気をつけっぱなしにしても

関係なく動き回ります。

目が悪いので場所の明るさはかれらには

関係ないのです。

 

いずれにせよ、もしゴキブリが多く

発生する地域に住んでいる場合は

1部屋に1つは殺虫スプレーを

備えておきましょう。

 

ゴキブリはホコリが苦手です。

ホコリがたまりやすい場所よりも

家具の下など通りやすい場所に

ゴキブリホイホイや

ブラックキャップを仕掛けて

駆逐しましょう。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました