電気毛布のダニを退治する方法!効果のある退治モード

電気毛布はとにかく冬場に活躍してくれ、

エアコンの暖房をつけなくても効果的な使い方をすれば

暖かく風邪をひくことなく寒い季節を越せます。

 

電気毛布の最も効果的な使い方はこちらの記事で

解説しているので、是非チェックしてみてください。

 

 

主な出番が冬となるので、その他の季節は

皆さん押入れに入れっぱなしにする方が多いのが現状です。

 

そうなると厄介なお客さんがやってきます。

 

…皆さんもご存じの通り、ダニです。

 

布団のダニ退治は慣れているけど、

電気毛布は電線が入っているからどうダニ退治したらいいのか

いまいち分からない方も多いと思います。

 

 

電気毛布にダニが住みついてしまったら

どう対峙するのが一番効果的で時間がかからないでしょう?

 

この記事ではダニ退治の方法やダニ対策グッズ、

また電気毛布にあらかじめついている場合がある

機能の使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク


電気毛布を頻繁に洗い、ダニが付くのを予防しよう!

 

化学薬品やダニ退治モードを使うことなく

他の冬用服や毛布からダニを予防するのに一番なのが

洗濯」や「日干し」することです。

 

電気毛布はもし家庭用の洗濯器で丸洗いできるものなら、

使用しない季節でもこまめに洗濯しましょう。

 

この時まず最初にしたいのが

持っている電気毛布は一般洗濯機を使う事ができるかどうかを

説明書を読んで確認すること。

 

 

電気毛布とコンセントと繋がるコードのコネクタ部分が

防水仕様ならば大き目のネットに入れて洗濯機で洗ったり、

あるいは丁寧に手洗いすることができます。

 

普通の中性洗剤で充分洗う事ができ、

しかも柔軟剤も使えるものが多いです。

 

他の洗濯ものとは別にして電気毛布だけを

洗濯器に入れて洗うようにすれば、

他の衣類と絡まったり摩擦が起きるなどの

不必要な衝撃を避けることができます。

 

 

両方の場合もあまり過激な洗い方や絞り方をすると

毛布の中の電線がよれて弱ってしまい、

故障してしまう原因となるので

繊細なドレスを扱うように丁寧に洗ってあげましょう。

 

 

脱水は普通の洗濯ものよりも短めの時間で。

1分間もあれば十分です。

 

 

 

洗濯器で洗えない電気毛布をキレイにする方法

 

もしお持ちの電気毛布が少し古いタイプのもので、

マニュアルや説明書に「洗濯不可」と書いてある場合も

綺麗にできる方法はあります。

 

 

暖かいお湯に中性洗剤を溶かし、

その中にタオルを浸けてよく絞ってから

電気毛布の表面をとんとんと叩くモーションを使いながら

汚れを吸収していきましょう。

 

特に注意したいのが電気のコネクタ部分。

ここが防水仕様となっていないので

丸洗いできない原因になります。

 

 

コネクタの中に水分が入らないように

気を付けてとんとんと汚れを取っていきましょう。

 

汚れを取り終わったら同じタオルをお湯に入れて

汚れを落とした後にしっかり絞り、

今度はお湯だけで電気毛布の上に付着した洗剤液を

落としていきます。

 

 

電気毛布を乾かしてダニを予防する!太陽の光で殺菌

 

毛布の脱水が終わったら必ず太陽光で干して

乾かすようにしましょう。

 

日光の紫外線には殺菌作用があるので、

ダニはもちろんアレルギーの元となる埃や

アレルゲンの除去も可能です。

 

風邪や空気が濡れた電気毛布に行きわたるように

2本程の洗濯竿にかぶせてM字にして

通気が良くなるようにしましょう。

こうすることでより早く乾かすことができます。

 

 

電気毛布を乾かす時に絶対にやっていけないのが

コードに入れてスイッチを入れ、毛布が発する熱の通電や

布団乾燥機を使って乾かそうとすること。

 

いくら防水仕様のコネクタでもしっかりと乾かしてから使用しないと

思わぬ故障を起こしてしまう可能性があるのと、

電気毛布の電線が布団乾燥機の熱に耐えるよう作られていない場合が多いからです。

 

必ず自然な乾燥法で乾かすようにしましょう。

 

電気毛布のダニ退治モードを使って死滅させる

 

もし電気毛布に「ダニ退治モード」機能が備わっている場合は、

冬以外でも使うと良いでしょう。

 

ダニは人間よりはるかに極限な環境でも生き抜けますが、

50度以上の熱を20~30分、

60℃の熱だと瞬間的に死滅します。

スポンサーリンク


 

ダニ退治モードは3時間以上可動させておくと安心できます。

 

このあと注意したいのが、ダニの死骸を綺麗にすること。

 

ダニ退治モードでダニを駆逐したら、

必ず掃除機を使い何度も電気毛布の表面を違う角度から吸い取る事で

ダニアレルギーの予防ができます。

 

 

 

ダニスプレーを使って退治・駆除する

 

ダニを退治してくれるスプレー等といったグッズも

ドラッグストアやネット通販で簡単に手に入ります。

 

例えば、こちらの商品。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダニがいなくなるスプレー 駆除・忌避 ソープの香り(300mL)【金鳥(KINCHO)】
価格:813円(税込、送料別) (2019/8/12時点)

楽天で購入

 

 

 

スプレー式のダニ対策だと電気毛布だけでなく、

カーペットやクッション、ソファなどの家具にも使えるので

ダニにアレルギーを持つ方やお子さんにとっては

より暮らしやすい環境になります。

 

商品についてのレビューも

ダニアースやダニ取りマット、ダニよけシートを使っても効果が無かったのに

このスプレーは効果覿面なことや、

布団にダニが発生しこのスプレーを使ったら夜に噛まれなくなったなどと

好評価を多くみることができます。

 

電気毛布にも使えるので、

定期的なお手入れが不可能な場合はこうしたグッズも役に立ちます。

 

 

まとめ

 

電気毛布のダニを退治する最も良い方法は

冬以外の季節でも洗濯や手洗い、

洗濯器を使えない場合は中性洗剤を染み込ませたタオルで

定期的に洗う事です。

 

電気毛布を家庭の洗濯機で洗えるかどうかは

マニュアルや説明書に書いてあるのでチェックしましょう。

 

一度洗ったら、太陽光に当てて日干しして

乾かしましょう。

 

電気毛布によっては「ダニ退治モード」機能が

ある場合があります。

 

50度以上の高温で20~30分可動させ、

その後ダニの死骸を掃除機でよく吸い取りましょう。

 

カーペットや布団など他の家具にもダニがいる時は

「ダニ退治用スプレー」を使うのも効果的で便利です。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました