キッチンペーパーをレンジに入れると発火する?

 

揚げ物の油を吸いとるのにキッチンペーパーは役立ちます。

 

お皿の上にキッチンペーパーを敷き、揚げ物を乗せるだけ。

 

こうしておけば油を吸い取ってくれてカロリーオフなのですが、

時間が経って冷めたら美味しくなくなるので温めたいですよね。

 

この時、キッチンペーパーを電子レンジに一緒に入れたら

発火してしまうようなことはないのでしょうか?

 

この記事では安全にキッチンペーパーと電子レンジを使って

カロリーオフできる方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク


キッチンペーパーを敷いて揚げ物をレンジで温めるとカロリーオフ

 

料理の盛り付けの際にキッチンペーパーを敷けば、

余分な水分や油分を吸い取ってくれます。

 

特に揚げ物の場合調理後しばらくは油がしみ出すので

キッチンペーパーを下に敷いておけば、

口に入れた時のベタベタ感が減り、食べやすくなります

 

量を作りすぎた場合冷蔵庫で保管し、翌日に食べたりしますが、

レンジで温める際に、わざわざキッチンペーパーをとるのは

面倒なのでそのまま保温したいですよね。

 

その時気になるのが、

「食べ物ではない、しかも油を吸い取った紙を

敷いたままだと熱が加わった時に発火するのではないか?」

だと思います。

 

結論として、レンジでチンしてもキッチンペーパーは発火しません

 

電子レンジの仕組みは直接熱を与えるわけではなくて

高い周波数の電磁波により、分子レベルで食材の中の水を振動させ、

その摩擦熱で温度が上がるという理屈です。

 

しかしキッチンペーパーの中には原料が紙ではなく、

プラスチックでできているものもあるので、

その場合はレンジでの加熱に向いていない可能性があります

 

これを念頭に入れ、

初めて使う商品の場合には原料を確認することが重要です。

 

なお揚げ物を加熱すると油が外に出るので

その油分が減る分カロリーはなくなりますが

キッチンペーパーを敷くと表面の油を吸い取り、

さらに油が外に出やすくなるので、

さらなるカロリーオフが狙えます

 

炭水化物やタンパク質と比べると、

脂質は同じ重量で比較した場合およそ2倍のカロリーになるので

油を減らすことは効率の良いカロリーオフになります。

 

一つ注意したいのは、

脂質を無くしすぎると美味しくなくなるので

お好みに合わせてキッチンペーパーを敷いた上で加熱するようにしましょう。

 

肉がパサパサしたり、味気なくなったりしたら、やりすぎかもしれません。

 

揚げ物のカロリーを取るにはレンジよりもオーブンがオススメ

 

さらにカロリーオフを狙うなら、

レンジよりもオーブン機能の方が

より油分を減らすことができるのでオススメです。

 

「オーブンレンジ」というレンジの機能に加えて

オーブンの機能を持つ製品なら、

オーブンの方がよりカロリーを落とすことができるのです。

 

スポンサーリンク


レンジは食材の水分を振動させ、

その摩擦熱で温度を上げるので

中心部分まで暖まりやすいのが特徴ですが、

オーブンの場合は外から熱を加えるので

表面から温まりじわじわと中心へと熱が通ります。

 

中心が温まって油が出ても外にまでは行きませんが、

外側を温めるなら、より油が出やすい仕組みになります

 

ただこのオーブンを使うときには注意しないと

いけないことがあります。

 

それは、キッチンペーパーが発火する可能性があることです。

 

上にも書いた通り、

オーブンは外から熱を加えるからです。

 

一般的にオーブン機能を使うときにはお皿ごと温めないので、

キッチンペーパーをあえて入れようとしない限り

問題は起こらないでしょう。

 

ちなみにオーブンの際にアルミホイルを敷くかもしれませんが、

レンジとして使う場合はアルミホイルを使うことができません。

発火する可能性があり、危険だからです。

 

少し紛らわしいかもしれませんが、

オーブンを使う場合には、キッチンペーパーがダメ、

レンジを使う場合には、アルミホイルがダメということです。

 

レンジはアルミホイル以外にも金属全般がダメなので、

ステンレス製のお弁当箱とかも入れないように注意しましょう。

 

なお、オーブンレンジにさらに機能を追加したものとして

スチームオーブンレンジがありますが、

こちらは加熱する際に蒸気を当てることで

食べ物をしっとりと加熱することができます。

 

スチームオーブンレンジの公式ホームページなどを見ると、

油を減らしたり、塩分を減らしたりといった特徴を見ることができます。

 

まとめ

 

キッチンペーパーをレンジで使っても発火はしません。

ただ原材料がプラスチックのものは使用を控えた方が良いでしょう。

らパッケージに書かれている使い方を参照し確認しましょう。

 

カロリーオフの観点からみると、

電子レンジで加熱する場合にはキッチンペーパーを使用した方が

食材の表面についた余計な油分を吸い取り、

さらに加熱することで油がしみ出す、というスパイラルによって

その効果を期待することができます。

 

また、キッチンペーパーは使えませんが

レンジ機能で温めるよりもオーブン機能で温めた方が、

油が外に出やすく、よりカロリーオフできます。

 

キッチンペーパーを使って

よりヘルシーな食生活を送りましょう。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました