油性ペンが服についた時の落とし方!ハイターやオキシクリーンでマジックを落とせる?

子供の服に油性ペンの汚れが

ついてしまうのはよくあることです。

 

汚さないように注意しすぎると

油性ペンでお絵かきするのを

嫌になってやめてしまうこともあるので

強くは注意できません。

 

油性ペン汚れの落とし方について

いろいろな方法が紹介されていたので

実際にテストしてみました。

 

この記事ではその体験談を紹介していきます。

スポンサーリンク

油性ペンの落とし方!服にマジックがついた時にすること

 

まず油性ペンは落ちないことを

前提に作られたものなので、

簡単に落ちないことが

当たり前だと考えましょう。

 

油性ペンは乾きやすいので

汚れに気づいた時にはしっかりと

乾いてしまっていて洗面所で水をつけて

汚れを落とそうとしても

間に合わない場合が非常に多いです。

 

汚れ落としの手順として

まずは普通に洗濯をしてみましょう。

 

洗濯用洗剤に含まれる

界面活性剤は油と水を混ぜるので、

油性ペンの油汚れを洗濯水に

溶け出させる働きがあります

 

なお一度に洗濯する衣類が多い場合や

ドラム式洗濯機の場合、洗剤がきちんと

汚れに届かないことがあります。

 

そうならないように直接汚れに

洗剤をつけた方が効果的です。

 

服についた油性ペンやボールペンは洗濯だけでは落ちない

 

洗濯しても油性ペンの汚れは

落ちないことの方が多いです。

 

油性ペンの汚れは料理などで

ついた汚れよりも一般的には

落ちにくいものなので簡単には落ちません。

 

油性ペンの汚れだけではありませんが、

頑固な汚れでも何度も洗ってるうちに

だんだんと消えていったという

経験をしたことはありませんか?

私はよくあります。

 

汚れが繊維の奥までしっかりと浸透してしまうと、

一度の洗濯では多少色が薄くなった

くらいにしか感じられなくても

何度も洗濯しているうちに

汚れが外に出ていくということです。

 

油性ペンで書いたものが

ずっと同じ濃さで残るとは限りません。

 

時間が経つと自然に消えていってしまいます。

 

洋服でも同じように時間が経てば

だんだん綺麗になっていきます。

 

私が油性ペン汚れを見つけたとしたら、

一旦それは家着として使い、

汚れが目立たなくなってきてから、

外着として使おうとするはずです。

 

ただ制服など着ないわけには

いかない服もあります。

 

あまり何着も買いたくないし

他で代用することもできません。

 

そうなると油性ペンの汚れを

すぐに落とす方法が必要になります。

 

そこでいくつかやり方を

探して実際に試してみました。

オキシクリーンやハイターは効果的?クレンジングオイルで落ちる?

 

まず結論から言ってしまうと

汚れが完全に落ちるような

やり方は見つけられませんでした

 

具体的な洗浄方法として、

洗濯用洗剤、台所用洗剤、

オキシクリーン(酸素系漂白剤)、

ハイター(塩素系漂白剤)、

クレンジングオイル、除光液を使い、

つけ洗いをしてみました。

 

長時間漬け込めば漬け込むほど

汚れが落ちると予想しましたが、

実際には10分、20分やったのと、

半日ほど漬け込んだもので

大きな違いはありませんでした。

スポンサーリンク

 

むしろその後の洗濯まで含めると

短い時間の方がにじみが少なく

目立ちにくいように感じました。

 

一番汚れが落ちたものはハイターでした。

ちなみに洋服の素材は綿で厚手の生地です。

 

なお塩素系漂白剤を

使う場合の注意点が一つあります。

 

色落ちしてしまう可能性があることです。

 

一着目は色落ちしにくい染め方の服だったからか、

全く問題なく油性ペン汚れが薄くなったのですが、

二着目に違う服でハイターを試した結果、

油性ペン汚れと共に元の色も薄くなってしまいました。

 

ですので白い服以外には

使わない方が無難だと考えます。

 

次に効果を感じたのは

クレンジングオイルでした。

ハイターと比べて若干多く汚れが残りましたが、

衣類の色落ちもなく、もしまた油性ペン汚れがあったなら、

クレンジングオイルを使うでしょう。

 

クレンジングオイルの次に

効果を感じたのはオキシクリーンです。

 

クレンジングオイルに比べると

汚れがしっかりと残りましたが、

かなり目立たなくなりました。

 

自宅にオキシクリーンがあるようでしたら、

とりあえず試してみるのに

適した洗剤と言えます。

 

それから、エタノールと除光液は

薄くはなったのですがにじみが広がってしまい、

逆に目立つように感じました。

 

ある程度濃い色の服であれば目立たないですが、

淡い色の服だと余計目立つように感じました。

 

洗濯用洗剤と台所用洗剤に関しては、

ほとんど効果を感じることはできませんでした。

 

やはり皮脂や食物の油を

落とすことに特化した洗剤なので、

油性ペンのように消えないように作られたものには

大きな効果が得られないということなのでしょう。

 

こう考えると落ちないメイクを落とすための

クレンジングオイルに

大きな効果を感じられたのは

理にかなっているように考えられます。

 

なるべく早く油性ペンの汚れを

目立たなくしたいという場合には、

ぜひクレンジングオイルを試してみてください。

 

 

まとめ

 

服に油性の汚れが付いてしまった場合は

まず直接洗濯洗剤を付けるのが効果的です。

 

汚れが服の繊維の奥まで

浸透しないうちに洗うのが理想的ですが、

しっかりとしみついてしまった時は

何度も洗濯することで

次第に薄くなっていきます。

 

ハイター、オキシクリーン、

除光液、クレンジングなど

つけ置きする時間はあまり

汚れを取るのに影響はありません。

 

長時間よりも短時間これらに

洋服を触れさせる方が

汚れがにじみにくくなります。

 

洗剤とは異なりますが、

落ちないメイクを落とすための

クレンジングオイルが意外に

汚れを落とすのに効果的です。

 

スポンサーリンク