就活、通いやすいは志望動機として大丈夫?自己PRに書けること

就活やパート、アルバイトの求人に応募する際、

履歴書には、学歴・職歴・志望動機などたくさん書くことがあります。

 

淡々とあなたの過去の履歴を書いていくならまだしも、

自己PRや志望動機について書く欄ではないでしょうか?

 

誰もが履歴書を書いてる時に一番悩むことが、

志望動機を考えることだと思います。

 

この会社にすごく興味がある!

〇〇が他と違うから、この会社に絶対入りたい!

などの強い願望があれば、理由も少しは思い浮かべることができるかもしれません。

 

しかし製造業務・事務業務など、

可もなく不可もない内容の業務に応募する時は

熱意や情熱が溢れるくらいある内容の志望動機は書くのが

難しくなります。

 

また仕事がなかなか見つからないしどこでもいいから採用されたい!

と思っている人もいるかもしれません。

 

そのような時に使える説得力のある志望動機を

今回の記事で紹介していきます。

スポンサーリンク


通いやすいのは志望動機として有利!バイトの募集でも積極的にアピール

 

あなたの志望している会社は

家から通いやすい距離ですか?

 

もし通勤に便利な場所ならば、

志望動機として大変よいPRになります。

 

家から近いからって

本当のこと言ってもいいの?

 

こんな単純で自分の能力と

関係ない事でも大丈夫なの?と

疑問に思ってしまう人も

いるかもしれません。

 

しかし、あなたを採用する企業側にとっては

これは大変助かる要因なのです。

 

履歴書の志望動機は

採用者の人が一番気にしている場所です。

 

 

一般的に採用側は

なぜこの会社を選んだのか?

その理由や動機を知りたがっています。

 

採用担当としても最も興味ある個所でしょう。

 

「過去の経験を活かせるから」

「学校で得た知識が役に立つから」

「自分の持つ〇〇の

スキルを有効に活かせるから」

様々な理由があると思います。

 

そこで志望動機の一つとして、

家から近い」というPRを加えてみましょう。

 

 

ここでポイントなのは、

「通勤に便利だから」と書くだけの

志望動機はおススメできないことです。

 

少し表現を工夫するだけで

魅力や説得力のある志望動機に

早変わりさせることができるのです。

 

例えば例題をあげると

「子供の幼稚園の送り迎えがあるから、

会社から近い場所がよい」

「通勤に便利だと長期で

仕事に勤めることができる」

など一工夫するだけで

見違えるほど会社側としてはあなたが

「欲しい人間」へと変身するのです。

スポンサーリンク



あくまで「(私の家が近い事で)あなたの会社に

こうしたメリットをもたらすことができるよ」

という意識を持って書いてみることが大事になります。

 

働くなら通勤時間の取られない場所がいい。

このような気持ちは十分な理由になります。

是非志望動機に使ってみてくださいね!

 

通いやすいバイトは経営者としても助かる!志望動機に是非書こう

 

志望動機の書き方について

紹介をしてきましたが、

通勤に便利って言う理由が

本当に説得力あるの?と

疑問に思っている人もいることでしょう。

 

ではわかりやすく説明します。

例えば自分が会社の

経営者だとして考えてみましょう。

 

会社の立場で考えていくと

新入社員が入社したら、

覚えていくために

時間が掛かりますよね?

 

時間を掛けて教えていくのだから、

長く続けてほしい!そう会社側は考えるでしょう

 

採用する時に、同じ条件で通勤時間が掛かる人と

通勤時間が掛からない人が居たならば

当然通勤時間が掛からない人を選びます。

 

なぜならその理由は

通勤時間が掛からなければ

通勤の負担が少ない!

交通費が安くて済む!

 

さらには

通勤路が短ければ短いほど

途中で事故が起こる確率も少なくなる

からです。

 

実際は3つ目の理由が最も大きいでしょう。

 

通勤するようになると、

寄り道をしないで会社から

直接帰宅する帰り道で

何か事故があった場合は

会社の責任となるからです。

 

この時、

「コンビニ寄っていこう」

「新しくできた本屋に寄ってみよう」

といった「最短距離」から

逸脱した瞬間に

あなたを守る「通勤路の安全」は

効果がなくなるので注意しましょう。

 

 

交通事故や人による

思わぬ出来事、警察沙汰も含め

働き始めるとあなたの身は

帰宅するまで保護されるので、

忘れないようにしましょう。

 

この点を考えると、

会社運営側としては

通勤路はなるべく安全で短い方が

彼らにとっても理想なのです。

 

会社側は、メリットのある

人材を探しています。

 

経営者の立場に立って考えていくと

志望動機も楽に書けるかもしれませんね。

 

しかしここで誤解してほしくないのですが、

会社側はただ家から

近い人を探しているわけではありません。

 

家から近いけど、この仕事には興味がない…

前職でこの仕事の経験が全くない…

そのような人が入社されても

会社側はとても困ってしまいます。

 

興味がないから、長く続かないのでは?

仕事の経験が全くないから、

一から教えるのにも時間が掛かる!

そう感じてしまうと思います。

 

結論を言いますが「家が近いから」という

望動機が一番の理由であったとしても、

工夫することが大切なのです。

 

自分の意欲と通勤に便利なPRを

しっかりとアピールすることが

あなたが採用される

結果へと繋がります。

まとめ

 

履歴書に必ず書かなければ

ならないことが志望動機。

 

面接を受ける人が様々に居る中で、

通勤に便利と言う志望動機は

とても有利なるPRになります。

 

通勤に便利と言う言葉に

一工夫付け加えてよい

志望動機を書いてみてください。

 

あくまで「家が近い事で

あなたの会社にこんな利点がありますよ」と

自分をセールスで売り込む姿勢を見せましょう。

 

どの自己PRでもそうですが、

あなたを採用することで

会社にどのようなメリットがあるのかという

視点に立って考えることで、

他の候補やライバルたちよりも

際だった履歴書を作ることができるのです。

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました